カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo そして僕は昨日からタイ北部の古都チェンマイにいます。川村亘平斎さんと、さまざまな事情で親から離れてくらす子供たちのためのホーム「バーンロムサイ」で影絵の上演。写真家の志鎌康平さんも取材旅行中のスリランカから合流。今夜、この幕で演じ… https://t.co/Y7MkUfzuzl
    2017.12.17
  • @miyamototo とんがりビルで開催中「畏敬と工芸」。初日の解説トークリレーは展示空間の四方をぐるりと聴客が囲むスタイルで実施。森岡督行さんのナビゲートで引き出された、それぞれの「畏敬と工芸」めぐる自分語り、聞きごたえがありました解説トークに参加で… https://t.co/a8XmVk3eUx
    2017.12.17
  • @miyamototo 始発の新幹線に乗り、東京とんぼ返りでミロコマチコさんと打ち合わせ。明日が展覧会オープンだというのに、1.5時間の打ち合わせのために往復6時間。だけど、同じように山形まで会いに来てくれる人もいる。その1.5時間で、数年先までが、いや… https://t.co/iRv0ygeCB3
    2017.12.14
  • @miyamototo とんがりビルで「畏敬と工芸」設営スタート。真室川から山神人形が到着。展示台は白ではなく、あえて蛇の目と籠目の文様を刷りました。明日の夜、研究会メンバーみんなで展示を完成させます。 https://t.co/L75Xmlag2j https://t.co/cOICsQp2c3
    2017.12.13
  • @miyamototo 新年の宮本企画1本目は山形県東根市出身の版画家ながさわたかひろ氏の個展。展示会場にながさわさんが常駐し、1日1枚「オレ新聞」を発行・掲示します。お楽しみに!|ながさわたかひろ滞在制作展「オレ新聞」1/13〜2/12 東根市公益文化… https://t.co/TKR3BvpP6m
    2017.12.12

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Workshop

3.12 道をたずねる―震災から4年目をあるいて、つないで、かたりあう―

【参加学生募集】3/12に新地町、山元町、亘理町を歩いて語るツアーを実施
 

2015年3月12日[木]6:20→20:30

 

『道をたずねる』
~震災から4年目を あるいて、つないで、かたりあう~

 2011年に起きた東日本大震災からもうすぐ4年が経ちます。ふと、「今、被災地域はどうなっているのだろう」と考えることはありませんか?
 
 昨年の夏、本学をはじめ8人の大学生が、青森県八戸市と福島県相馬市を結ぶ700kmを歩き、情報を発信する『あるいて、つないで、みちになる』というプロジェクトをおこないました。

土地にはそれぞれ、固有の文化や食、歴史があります。そこに赴いたとき、何を見たいのか知りたいのか。この企画では『あるいて、つないで、みちになる』のように、自分たちの足で歩き、それらに触れます。そして自分が歩いて見てきたことを、話し合い、参加者が自ら、自分の外へ発信していきます。学生が被災地を訪ねることによって考え、それぞれが感じたことを外側にも発信することで、一人ひとりが考えを巡らせるきっかけがつくれればと思います。

 

10599158_289081994621052_7599685550520802860_n

(3)

 

今回歩くのは、その長いコースの一部分。各グループに分かれて10㎞ずつ歩き、総距離70㎞の道をつないでいきます。

4年たった被災地の道を、私たちの足でたずねてみませんか?

 

全70㎞  各区間10㎞

名称未設定-2

 

【実施日】2015年3月12日
【参加費】500円(保険料含む)
【対象】芸工大生、卒業生、教職員、山形の大学に通う大学生、短大生
【主催】福興会議(東北芸術工科大学宮本研究室)
【協力】東北芸術工科大学東北復興支援機構

【企画趣旨】

3月12日、2011年のその日は、東日本大震災の影響により、福島第一原子力発電所では最初の爆発が起きた日でした。 震災から4年が経った今、自分の目で被災した地域の今を訪ねてみませんか?

 2011311日から201410月までの間、岩手・宮城・福島県へのボランティア活動者数は140万人に登りました。当初に比べると、ボランティアなどの活動規模は縮小しているものの、被災した地域は今も尚変化を続けています。去年の夏、青森県八戸市と福島県相馬市を結ぶ700㎞を歩く、『あるいて、つないで、みちになる』というプロジェクトでは学生8人がその土地の情報や魅力を発信する企画でした。今回のツアーでも、自分たちで見たいテーマを設定し、それを基に歩いて探します。そこから自分たちがみてきたことをディスカッションなどを通して情報を発信するという内容です。

山形から現地を訪れ、地域に触れ、周りの人達と見たものや土地の魅力について語り合って頂ければと思います。私たちが震災を考え続けること、また個人で訪れるきっかけになれば幸いです。


【行程】
6:20    やまがた藝術学舎集合
6:30    出発 
8:20~  現地到着・活動開始 
14:00 各班バスと合流
16:00~ お話・まとめ 
19:00  出発
20:30  やまがた藝術学舎着

 

【申込】件名「道をたずねる参加希望」と明記の上、[名前/学校名/年齢/生年月日/電話番号/住所/緊急連絡先/その他(持病・アレルギーなど)]を下記のメールアドレスまでおよせください。

fukkoukaigi@gmail.com   3/10(火)締切

 

行程、ルートは当日に変更になる場合があります。あらかじめ御了承ください。