カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 町田市立国際版画美術館へ。ながさわたかひろ展に滑り込み。冬に彼の郷里・山形県東根市で開催する個展の打ち合わせとインタビュー。挫折を重ねながらも描き続ける、その不器用でピュアな生き様に引き込まれた。面白くなりそう。 https://t.co/tYzc8hKOlG
    2017.09.22
  • @miyamototo 新幹線車中にて、嬉しい不意打ち。 https://t.co/1DK4WY24h6
    2017.09.22
  • @miyamototo 6次元・ナカムラクニオさんによる、本と街をつなぐプロジェクトも継続中。10/14(土)〜とんがりビル3Fで、移動書店「ブックシェルター」を期間限定で開店&「くらやみ読書会」(要申込)を週末開講。#山形ビエンナーレ… https://t.co/d0SjvI1MI5
    2017.09.21
  • @miyamototo 「山姥(やまんば)」の幟が、再び山形市七日町に立ちます。山の手仕事を集めた「山姥市」と、ケルト芸術文化研究家・鶴岡真弓さんと、パテ屋・林のり子さんをお迎えする「山姥講」の2本立て。要申込。企画:アトツギ編集室。 #山形ビエンナーレ… https://t.co/WMreSct4Ha
    2017.09.21
  • @miyamototo 映画監督の茂木綾子さんが伊勢神宮に参拝されたとき、双子の兄に案内を頼み(この種の連携プレーはしばしばある)、このあいだの湯殿山神社は僕が案内した。「西の伊勢/東の湯殿を、同じ顔した別の男に案内されるというのは、なんか不思議。運命だよね」と茂木さん。名前も「宮本」だし。
    2017.09.21

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Workshop

報告:スマイルエンジン+蛤浜再生プロジェクト(7/19・20)

報告:堤夏輝(洋画コース3年/福興会議2期生)
6月22日の活動に引き続き再び、「蛤浜再生プロジェクト」自然学校のためのリーダー研修に二日間に渡り参加させていただきました。両日ともあいにくの雨でしたが、雨に打たれることでより自然に近づいた気がします。また今回の活動では石巻出身の学生2人と、ひょうごアウトドアプロジェクトの方と活動しました。
この自然学校の目的は3.11の体験を踏まえ防災について学び、もしもの時に備えることが目的です。一日目の活動では、窯でご飯を炊く体験やカヌー、海釣り。二日目には段ボールでオーブンとピザ作り、ネイチャーゲームという自然に触れ合う体験を通し、生活する知恵を学びました。以下参加した1年生の感想です。
IMG_0008

—————————————————————————-

阿部都子(日本画コース1年)
今回の研修では、緊急時に自然の中にあるもの、身近にあるものを利用して食事を摂る方法を学びました。段ボール箱から竃を作る方法や、火起こし竹の作り方、牛乳パックを使ったパンの暖め方等、教わったのは初めて知ることばかりでした。道具一つ一つを皆で手作りして使用することで、いかに普段自然から切り離された生活をしているか、購入すれば手に入るというシステムに頼り、顔が見えず、人と人とのつながりが忘れられるほど遠いものになっていたかを考えさせられました。また、震災当時、蛤浜で過ごされていた方々が、この様なさまざまな知識を活かし、協力し合って生活していたという話を「café はまぐり堂」店主の亀山さん、スタッフの魚谷さんから伺いました。ここで私達が学んだ全てが生きてゆく力の原点である事を、肌で感じました。自然学校に来る子供達はもちろん、多くの方々にも知ってもらえたらと感じます。その為にも、伝えられる力を身につけて行きたいです。
IMG_0005


渡部徹
(プロダクトデザイン学科1年)
7月19日、20日と蛤浜自然学校リーダー研修に参加してきました。自分が蛤浜に訪れるのはたったの二度目ですが、「竈でご飯を炊く」、「カヌーで海に出て食材調達」、「ロウソクを取り囲んで語り合う」などなど一瞬一瞬が思い出となる活動になりました。 その二日間の活動の中でも特に印象に残ったことがあります。それは「café はまぐり堂」を見学させて頂いたことです。店内を見学させていただくと、どこか実家の雰囲気と似たところがあり不思議と落ち着き、少し悲しい気持ちが残りました。ここが落ち着ける場所となっているのは、このカフェが元は民家だったからだと思います。あの震災で自分の実家(家族)には大きな被害もなく無事だったけれど、ここ蛤浜では大切な人がいなくなってしまったという事実に今更ながら気付かされました。短い二日間の活動でしたが「震災復興に向けて自分がどう取り組んでいくか」を再認識できた時間になったかと思います。次回も蛤浜での活動に参加したいです。最後に、この二日間お世話になった方々、本当にありがとうございました。
IMG_0001


木村梨穂
(企画構想学科1年)
美しい山と海に囲まれた、石巻市蛤浜。 大変大きな被害を受けていながらも、復興に向けて一歩一歩進んでいる状況を見て本当に感動しました。 また、メディアなどの媒体を通じてではなく、被災地の方々の生の声を聞くのは心にずっしりと感じるものがあり、蛤浜の方々の空気・温かさに触れられたことは何より印象に残っています。2日間の活動を通し、ものがない状況でも自分たちの力で食材を確保し、調理して食べること、を経験しました。ライフラインが途絶えてしまった状況でも、生活のためのスキルを学ぶことができました。自然の恵みに感謝し、温かく、学びのある2日間でした。
知識だけではなく知恵としてたくさんのことを経験し、本当に充実した時間を過ごすことができました。 また何かの形で、蛤浜と関わっていきたいと強く感じました。 2日間本当にお疲れ様でした。
IMG_0014