カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 僕の仕事がひと段落するのを待ってか、娘ふたりが順番にインフルに。中学校の司書教諭をしている妻と交代でこまめに帰宅し、様子を見る日々が続く。横文字稼業だろうが、いきものとしては雛に餌を運ぶ親鳥とかわらない。いきものとして全力で愛しい。 https://t.co/lmEbyMK352
    2018.02.23
  • @miyamototo 2年前のインタビューですが。ここに出てくる「山」の本棚、好評につき「山形ビエンナーレ2018」のお土産物として、文庫サイズ版の商品化をTIMBER COURTと進めています。|本のある生活/山形ビエンナーレ宮本武典さん→… https://t.co/lpIjn9lk1P
    2018.02.22
  • @miyamototo 続き)「山形ビエンナーレ2018」(9/1〜24)は、月曜祝日が2回あるので、3連休が2回。合計4回の週末に緩急つけたイベントプログラムを実施していきます。コンパクトでDIY、そしてフェスで働く人のワークシフトも表現する、地方芸術… https://t.co/CQj9LjPjr3
    2018.02.22
  • @miyamototo 続き)週末開催にした理由は2つ。まずは来場者数が平日と週末で10倍の開きがあること。週末に集中した方が運営コスパがよい。そして、ずっと会場を開けてるとスタッフが休めない=祭を楽しめない(笑)。僕も毎回この芸術祭で7キロちかく体重が… https://t.co/tHev98WBV8
    2018.02.22
  • @miyamototo あまり伝わってないと思うので、強調しておきたいのが、今回の「山形ビエンナーレ2018」は、会期は1ヶ月弱だけど【金・土・日・祝日】開催だってこと。平日は(金曜以外)閉めます。実は前回もそうしたかったんだけど、うまく調整できなかった… https://t.co/YM3CTbr59m
    2018.02.22

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Workshop

「バードハウスをつくろう」12/10-11石巻まちの本棚

石巻工房と東北芸術工科大学は、2015年よりFondation Enfants du Japon(スイス)の助成を受け、東北の未来をつくる子供たちのためのDIYデザイン教材を共同開発しています。本企画では、本学と石巻工房が「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」で発表した屋外用DIYユニット「DIY picnic」を、アイトピア通りに移設し、2日限定で、バードハウスをつくる木工体験教室をひらきます。クリスマスシーズン、子供たちに「ものづくりの楽しさ」のプレゼントはいかがでしょうか。親子での参加も大歓迎です。学生一同、ご来場お待ちしてます。
15134330_1189778984432320_751332226_n
「DIY picnic ーバードハウスをつくろう」
日時:2016年12月10日(土)、11日(日) 11:00→18:00
場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2丁目3-16)
実施日:2016年12月10日[土]、11日[日]
実施時間:11:00→18:00(随時受付)
参加費:1,000円(保険料も含みます。その場で組み立てず、キットのみのご購入も可能です)
所要時間:年齢によりますが、30分~1時間程度でつくれます。学生スタッフがサポートします。年齢制限は設けておりませんので、大人の方もぜひご参加ください。混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
企画:福興会議・宮本武典研究室
助成:財団「日本の子供たち」(Fondation Enfants du Japon)、国際ソロプチミスト山形/企画協力:ISHINOMAKI2.0/お問い合わせ:東北芸術工科大学東北復興支援機構(TRSO)
TEL:023-627-2218 MAIL:y-gakusha@aga.tuad.ac.jp
15086781_1189778901098995_863052053_n
石巻工房 (いしのまきこうぼう)
2011年の東日本大震災をきっかけに宮城県石巻市に生まれた家具ブランド。建築家の芦沢啓治を中心にデザイナーら有志が集まり、復興・復旧のために自由に使える〈地域のものづくりの場〉として石巻工房を設立。翌年、石巻のまちなかに移転し、工房を拠点に「DIY」「デザイン」「家具」をキーワードとした支援・制作を行う。2012年グッドデザイン賞「BEST100」「復興特別賞」受賞。2015年、こども芸術の村プロジェクトの一環として、東北復興支援機構TRSOとともに「自分でできる」を育む家具作りキット「D.I.Y KIT PROGRAM〈bento〉」を共同で開発。現在、「株式会社 石巻工房」として法人化し、芦沢と工房長の千葉隆博を中心に石巻市渡波で家具制作・販売のほか、ワークショップを通じて、ものづくりの魅力を発信し続けている。

http://ishinomaki-lab.org