カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 新桐生から浅草へ。 いつか観た映画のワンシーンのような。 #桐生ぐらし https://t.co/aTVNdwCRTu
    2019.04.19
  • @miyamototo 桐生カトリック教会の黄色い光に包まれる。Ave verum corpus. https://t.co/iszW3rURuy
    2019.04.18
  • @miyamototo 起きがけに映像を見て、悲鳴を上げてしまった。2003年にシテ島の右岸・ポンマリーのたもとに1年間住んでいたので、毎日眺めていたノートルダム。永遠に続く風景のように思われたのに、、。パリ市民の衝撃はいかばかりか。
    2019.04.16
  • @miyamototo 家族。 小さい人に支えられている。与えられるより与える喜びのほうがずっと大きいとか、そういうこと。 https://t.co/NqV2HtfGKl
    2019.04.15
  • @miyamototo 自宅のある桐生市でも、街づくりのプロジェクトが動き出しました。寺社空間を核にして、地域のつながりと、街の外の人たちとの縁を編み直していくプロジェクト。飯山千里建築設計事務所のお二人の力を頼りに、地元有志で進めていきます。… https://t.co/FIZPj15vsR
    2019.04.15

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Workshop

12/13 ふくしましま「DIY KIT PROGRAM」

報告:半澤青空(福興会議4期生/テキスタイルコース2年)

今年のふくしましまは、夏に開催されたFOR座RESTでも行ったDIYキットで家具作りと、手づくりパンNOUKAさんを講師にりんごジャムづくりをしました。 そして今回は午前の部、午後の部の参加者入れ替えで行われ、過去のワークショップに比べると落ち着いた優しい雰囲気の回となりました。 参加者のご家族が会場に集まると、前回までのふくしましまで出会った参加者から「久しぶり!元気にしてた?」という声が聞こえてきて、ワークショップが始まる前から和やかで、繋がりを大切にしてきた人たちのアットホームな場所でした。

ふたつのワークショップを目の前にし、目をキラキラさせている子供たち、家具作りでお子さんが工具を使えるか心配するお母さんお父さん、りんごの甘い匂いを嗅いで幸せそうな顔をしているのを見て、それぞれの家族の幸せな空気を、会場にいたスタッフも感じていたと思います。 NOUKAさんのりんごジャムづくりの材料は、村山で採れた、形がいびつで売れないけど食べられるりんごと、シナモンとバニラビーンズとお砂糖。りんごを煮詰めている匂いが会場全体に広がって、お腹がすいてきます。ジャムづくりのスペースは料理に興味がわいてきた女の子たちがテーブルを囲んでいました。 また、NOUKAさんは生のコーヒー豆をその場で煎って淹れる美味しいコーヒーを提供してくださり、コーヒーを煎るスペースにはコーヒー好きのお父さんと、豆の色が変わっていくのを不思議に見ている子供たちが集まっていました。

12373246_748950745210840_846487864187532082_n

12341135_749427068496541_7452288687610895921_n

報告:嶋崎史帆(福興会議4期生/美術史保存修復学科2年)

今回のふくしましまではFOR座RESTで大活躍したDIYキット「bento」を使ってクリエイティブなひと時を過ごしました。 BGMが流れる会場は子供達の声で溢れ、「bento」の箱を子供達が一斉に開ける様子は少し早いクリスマスパーティやプレゼントを連想させられました。 しかしこのキットの魅力は、自分でどんなものをつくるか決められることです。ひとつの正解に縛られない子供たちの自由な発想に大人たちはいつも驚いてしまいます。石巻工房が教えてくれた自分で作る、直していく”DIY”精神のもと、家族で協力して木材を組み立てていきます。キットを目の前にした子供達は一瞬戸惑い「これ、私に作れるかな?」と自信はなさげ、そして親御さんも「できる?」と心配してしまいます。今回の参加者もほとんどが小学生低学年、学校の授業ではドライバーや釘などを使わないそうです。しかし木材の形を積み木のように遊びながら子供達は頼もしく「できるよ!」答えます。 その言葉の通りやる気に満ちた瞳で家族や学生のアドバイスを聞きながら、精一杯小さな手に力を込めて完成を目指します。

そうしてそれぞれ立派な個性を持ったキットが出来上がり、自由な時を過ごした子供達の個性はより一層、磨かれたように思えました。

12348058_749426641829917_986824742851990921_n

12346558_749426848496563_5544489369277539354_n