カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo スガノサカエさんの、2人の息子さんが見にきてくださった。嬉しかった。#森岡書店 https://t.co/fPDwQvcO9w
    2017.11.19
  • @miyamototo 続)駅・滝・工場・石切場・高速道路などで実施した「OTO」展のための録音・撮影には、会議メンバー有志も同行。ビジュアルデザインは梅木駿佑君。フライヤーが今日あたりから置賜地域内の文化施設に配布されているかと。12/3〜米沢市立図書… https://t.co/MdJzSCgwBD
    2017.11.18
  • @miyamototo 置賜総合支庁の依頼で講師を務めた、文化活動やまちづくりに取り組む個人団体を対象にした、企画力向上ワークショップの成果展を開催。市民会議からでた「音+風景によって置賜のリアルを表現する」というアイデアを、写真家の根岸功さん、Cher… https://t.co/Q2m55l9Nfl
    2017.11.18
  • @miyamototo 銀座での「盆地文庫」展期間は、東京での打ち合わせ合宿でもあり。平成28年度五島記念文化賞美術新人賞の海外研修(インドネシアに1年間)を終え、帰国したばかり川村亘平斎さんと、次なるkabanou出版企画の打ち合わせ。絵本をつくります。 https://t.co/Z94ZDn4KjE
    2017.11.18
  • @miyamototo 素晴らしい人々と、素晴らしい夜。 昨晩、kanabouの「盆地文庫」展レセプションにお越しくださったみなさま、ありがとうございました。会期ははやいもので、明日・11/19(日)20:00までです。今日は森岡さんと宮本がお待ちしてお… https://t.co/5IQgyKgQ4i
    2017.11.18

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Workshop

「バードハウスをつくろう」12/10-11石巻まちの本棚

石巻工房と東北芸術工科大学は、2015年よりFondation Enfants du Japon(スイス)の助成を受け、東北の未来をつくる子供たちのためのDIYデザイン教材を共同開発しています。本企画では、本学と石巻工房が「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」で発表した屋外用DIYユニット「DIY picnic」を、アイトピア通りに移設し、2日限定で、バードハウスをつくる木工体験教室をひらきます。クリスマスシーズン、子供たちに「ものづくりの楽しさ」のプレゼントはいかがでしょうか。親子での参加も大歓迎です。学生一同、ご来場お待ちしてます。
15134330_1189778984432320_751332226_n
「DIY picnic ーバードハウスをつくろう」
日時:2016年12月10日(土)、11日(日) 11:00→18:00
場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2丁目3-16)
実施日:2016年12月10日[土]、11日[日]
実施時間:11:00→18:00(随時受付)
参加費:1,000円(保険料も含みます。その場で組み立てず、キットのみのご購入も可能です)
所要時間:年齢によりますが、30分~1時間程度でつくれます。学生スタッフがサポートします。年齢制限は設けておりませんので、大人の方もぜひご参加ください。混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
企画:福興会議・宮本武典研究室
助成:財団「日本の子供たち」(Fondation Enfants du Japon)、国際ソロプチミスト山形/企画協力:ISHINOMAKI2.0/お問い合わせ:東北芸術工科大学東北復興支援機構(TRSO)
TEL:023-627-2218 MAIL:y-gakusha@aga.tuad.ac.jp
15086781_1189778901098995_863052053_n
石巻工房 (いしのまきこうぼう)
2011年の東日本大震災をきっかけに宮城県石巻市に生まれた家具ブランド。建築家の芦沢啓治を中心にデザイナーら有志が集まり、復興・復旧のために自由に使える〈地域のものづくりの場〉として石巻工房を設立。翌年、石巻のまちなかに移転し、工房を拠点に「DIY」「デザイン」「家具」をキーワードとした支援・制作を行う。2012年グッドデザイン賞「BEST100」「復興特別賞」受賞。2015年、こども芸術の村プロジェクトの一環として、東北復興支援機構TRSOとともに「自分でできる」を育む家具作りキット「D.I.Y KIT PROGRAM〈bento〉」を共同で開発。現在、「株式会社 石巻工房」として法人化し、芦沢と工房長の千葉隆博を中心に石巻市渡波で家具制作・販売のほか、ワークショップを通じて、ものづくりの魅力を発信し続けている。

http://ishinomaki-lab.org

Workshop

12/13 ふくしましま「DIY KIT PROGRAM」

報告:半澤青空(福興会議4期生/テキスタイルコース2年)

今年のふくしましまは、夏に開催されたFOR座RESTでも行ったDIYキットで家具作りと、手づくりパンNOUKAさんを講師にりんごジャムづくりをしました。 そして今回は午前の部、午後の部の参加者入れ替えで行われ、過去のワークショップに比べると落ち着いた優しい雰囲気の回となりました。 参加者のご家族が会場に集まると、前回までのふくしましまで出会った参加者から「久しぶり!元気にしてた?」という声が聞こえてきて、ワークショップが始まる前から和やかで、繋がりを大切にしてきた人たちのアットホームな場所でした。

ふたつのワークショップを目の前にし、目をキラキラさせている子供たち、家具作りでお子さんが工具を使えるか心配するお母さんお父さん、りんごの甘い匂いを嗅いで幸せそうな顔をしているのを見て、それぞれの家族の幸せな空気を、会場にいたスタッフも感じていたと思います。 NOUKAさんのりんごジャムづくりの材料は、村山で採れた、形がいびつで売れないけど食べられるりんごと、シナモンとバニラビーンズとお砂糖。りんごを煮詰めている匂いが会場全体に広がって、お腹がすいてきます。ジャムづくりのスペースは料理に興味がわいてきた女の子たちがテーブルを囲んでいました。 また、NOUKAさんは生のコーヒー豆をその場で煎って淹れる美味しいコーヒーを提供してくださり、コーヒーを煎るスペースにはコーヒー好きのお父さんと、豆の色が変わっていくのを不思議に見ている子供たちが集まっていました。

12373246_748950745210840_846487864187532082_n

12341135_749427068496541_7452288687610895921_n

報告:嶋崎史帆(福興会議4期生/美術史保存修復学科2年)

今回のふくしましまではFOR座RESTで大活躍したDIYキット「bento」を使ってクリエイティブなひと時を過ごしました。 BGMが流れる会場は子供達の声で溢れ、「bento」の箱を子供達が一斉に開ける様子は少し早いクリスマスパーティやプレゼントを連想させられました。 しかしこのキットの魅力は、自分でどんなものをつくるか決められることです。ひとつの正解に縛られない子供たちの自由な発想に大人たちはいつも驚いてしまいます。石巻工房が教えてくれた自分で作る、直していく”DIY”精神のもと、家族で協力して木材を組み立てていきます。キットを目の前にした子供達は一瞬戸惑い「これ、私に作れるかな?」と自信はなさげ、そして親御さんも「できる?」と心配してしまいます。今回の参加者もほとんどが小学生低学年、学校の授業ではドライバーや釘などを使わないそうです。しかし木材の形を積み木のように遊びながら子供達は頼もしく「できるよ!」答えます。 その言葉の通りやる気に満ちた瞳で家族や学生のアドバイスを聞きながら、精一杯小さな手に力を込めて完成を目指します。

そうしてそれぞれ立派な個性を持ったキットが出来上がり、自由な時を過ごした子供達の個性はより一層、磨かれたように思えました。

12348058_749426641829917_986824742851990921_n

12346558_749426848496563_5544489369277539354_n

Workshop

【FOR座REST2015・福島民家園】

 

報告:佐藤亨(建築・環境デザイン学科4年/福興会議2期生)

 7月11日、12日に福島県の福島民家園で行われた、「FOR座REST2015」に福興会議のメンバーが、子ども向けDIY Kitの組立てワークショップにスタッフとして参加しました。

 期間中は天気にも恵まれ青空の下、賑やかな音楽やこども達の声、とんかちの音が心地よく響く中、東北芸術工科大学石巻工房が共同で開発している子ども向けDIY Kitの組立てワークショップをおこないました。

 この「bento」キットには、さまざまな形の木材から、組み合わせ方によって「バードハウス」「ツールボックス」「ブックスタンド」など好きなものをつくることができます。

 子ども達は、普段使わない道具に試行錯誤しながらも完成させ、自信に満ち溢れた笑顔になり帰っていきました。

 R0000901

報告:嶋崎史帆(文化財保存修復学科2年/福興会議4期生)

 今回のワークショップは、親御さんが子供の良い一面を見る事が出来たプログラムだったと思いました。最初はドライバーを子どもが全く使えず、たまらない気持ちな表情を浮かべていた親御さんが姿がありました。しかし子ども達はみるみるうちにコツを掴み、最後には1人でドライバーを使いこなす我が子に感動する姿が見ることができました。

 1番感動していたのは家具を作った子ども本人で、「お母さん、お父さんの喜ぶ顔が見たい」とひたすら家具を作ること2時間。休憩もせずに集中力が続いていた自分にびっくりした様子でした。

 子ども達は2時間の間に思考力、創造力、問題解決力、積極性、コミュニケーション力など多くの力が自然に身に付いていく姿を目の当たりにしました。私は、その姿を見て子どもから教えられたことは、誰かの為に何かをする事はとても大きい力を自分自身から生み出せるという事でした。今回のワークショップは子ども達の血と肉になったと思います。

 R0000953

報告:宮川みり(美術科 工芸コース2年/福興会議4期生)

 子どもたちの楽しそうな姿が印象的なワークショップでした。キットを「はい、どうぞ。開けてごらん。」と渡した時に見える子どものワクワクした目は、まさに母に作ってもらったお弁当を開けるときの気持ちに近いと感じました。さらに真剣な表情で組み立てる姿、ときどき顔を上げて楽しいと一言言われるたび、私はとても優しい気持ちになりました。

 私が担当した最年少は、幼稚園の年長さん。ビス留めに苦労するものの、順調に材を選び下穴を開け、完成へともっていく姿に頼もしさを感じました。

小学一年生の男の子は息を切らしながら全て一人で完成させ、終わりには楽しかったとご満悦でした。一つのキットからたくさんの家族と出会うことができ、充実した2日間でした。

 R0000891

報告:小松大知(プロダクトデザイン学科4年/福興会議2期生)

 小中学校では、美術(図工)や技術の時間が年々少なくなっているとよく耳にします。

手を動かしながら作ること、どうしたら目的のモノができるかを考えることが、日常の中でより学び辛くなっているのではないでしょうか。私はプロダクトデザインを学んでおりますが、デザインを考える上で最も根底にあるのは、そう言った自分で考えて、自分の手で作ってみることに他なりません。

 今回の「bento」キットは、自分で作り上げることの喜びや楽しさ、木材の硬さや肌触り、道具の使い方など「モノづくり」の豊かな経験を味わえるまさにお弁当のようなもの。実際にワークショップが始まってみると、社会人の方から3〜4歳の幼稚園児(ドライバーやビスも初めてみるといった様子の)まで幅広くご参加いただきました。
 小学生以下の子供たちは、ビスを回したり、木をおさえたりするのも一苦労でしたが、最後まで諦めず1時間以上かけて完成させていました。達成感と確かな成果を目の前に、子供たちは皆自信たっぷりの表情で出来上がったものを大事に抱きかかえていたのが印象的でした。
「何をいれよっかなー!」と考えたり「どんな鳥が来るかな〜!」と嬉しそうに想像している姿に、DIYやデザインの持つ力を改めて感じた気がします。
 
 今回のWSの経験が、少しでも子供たちの力となって、自分でつくること、自分で生きることを考えるタネになってくれたら幸いです。そして私自身も、これからのデザインの姿を考え続けていきたいと思います。
(追記:今回のWSには非常に多くのスタッフの協力があったからこそ無事に終えることができました。他の福興会議のメンバーたちも、普段の授業後に集まり夜な夜な木材の加工や箱詰めを行っていました。関係者の皆様、ありがとうございました。)

 

R0000881

Workshop

報告:3.12 道をたずねる-震災から4年目をあるいて、つないで、かたりあう-

2015年3月11日、震災から4年が経過しました。3月12日に、宮城|福島県境沿岸部で実施したスタディトレイル『3.12 道をたずねる-震災から4年目をあるいて、つないで、かたりあう-』は、東北でアートやデザインを学ぶ30人の学生が、復興しつつある沿岸部の海沿いを歩き、風景の変化について考え、感じたことを語り合うという企画。手分けして歩いた距離は総計70㎞。①〜⑦の班にわかれて、福島県相馬市から宮城県亘理町をつなぎ、最後の宮城県山元町普門寺で合流しました。班ごとのルートは以下のとおりです。

①班<松川浦環境公園から駒ヶ嶺駅
②班<駒ヶ嶺駅から新地町図書館
③班<新地町図書館から坂本駅
④班<坂本駅から普門寺
⑤班<浜吉田駅から普門寺
⑥班<長徳治から浜吉田駅
⑦班<亘理町荒浜支所から長徳治

10948745_1540297349568053_2145615546_n

『みちをたずねる』では、歩きながら自分たちが心に残ったことを写真に撮り、普門寺での勉強会で共有しました。今回の企画では、アプリ「Instagram」を使用して、画像や動画をあげています。検索ワードは「‪#‎あるつな0312‬」です。ぜひご覧ください。

****

報告①:佐藤亨(福興会議2期生/建築・環境デザイン学科3年)
2011年3月11日14時26分。あの日から4年という月日が経ち、被災した地域は今どのように復旧復興しているのか、この時期になると自らの目で確認したいという気持ちが増してきます。また震災以来、東北でデザインを学んでいる私は、都内やその他の地域でデザインを学ぶことと、東北でデザインを学ぶことは大きく意味が変わるものだと時が経つにつれて感じることが多くなっています。
今回、3月11日の翌12日に宮城県亘理町から福島県相馬郡の間70kmを歩いてつなぎ、一人ひとりが、どのように感じ何を見たのかを語り合う場をつくりました。私たちの生活から少しずつ薄れてきている被災地が、もう一度、自分事として捉え山形へ戻ったあとも、この経験を活かせるのではないかと考えました。
歩いた地域は更地になっている場が多く、震災前の衛星画像を照らし合わせないと、ここに住宅街があったのか気づくことができませんでした。まちの風景として更地がなじんでいる事に驚き、津波はこの地域の生活すべてを流してしまったのだと、時の流れと津波の恐怖を改めて感じました。しかし、歩くことで少しずつ仕事や生活を取り戻していることも感じることもでき、イチゴ農家の方のお話や、散歩をしている方など地域の方と話し生の声を聴き、一歩ずつ前進している姿をみることができました。

IMG_0389

 普門寺の坂野住職のお話からは、見たものを通して「なぜ」と疑問を持ち想像すること、そして勇気を出してアクションを起こすことの大切さを語って頂きました。全体を通しての発見は、まちづくりに関して、それぞれ地域にはその地域の早さ、流れがあることでした。その中で変わり続けている地域の風景に地域の人が本当についてきているのか、まちづくりを立て直すにあたって重要なことは人であり、箱ではないことも知ることができました。今後、地域の人とのつながりなど、心の支援も行っていかなければいけないのではないかと今回の活動を通して感じることができました。

11037881_642419315863984_8278629632263913645_n

****

報告②:伊藤ゆり(福興会議3期生/建築・環境デザイン学科2年)
私たちの班は新地町図書館から山元町坂本駅までのルートを歩きました。このルートは福島県側から県境を跨ぎ宮城県側へ北上するルートです。その道中で防潮堤の工事を見ることができました。この地域では7mの高さの防潮堤が建設される予定だそうです。真っ白なコンクリートの防潮堤は、茶色い砂地の上に映えて見えました。防潮堤の上に登ると、海を見ることができます。かつてはこの地域の生活に溶け込んでいた海の風景。今は7mの高さまで登らないとこの風景を見ることができません。

11069873_642298282542754_6104293865620160348_n

今はまだ、何もなかった場所に今までなかったはずのものがあるという違和感があります。何十年後かには防潮堤がこの土地の風景として馴染んでいるのだろうか。そのとき、この町はどうなっているのだろうか。様々な思いを馳せ巡らせながら、歩みを進めていきました。
海岸線沿いの道脇には、所々に家の土台が残っていて、震災前は住宅地であったことが想像できました。建物は何も建っておらず、視界を遮ることなく荒廃した風景が広がっています。私たちは更地の中に1つだけぽつんと残された建物を見つけました。近づいていってみると、山元町立中浜小学校の跡であることが分かりました。4年前、90名の生徒がこの学校の屋根裏部屋に避難し命を救われました。遠くから見ると綺麗に見えた建物は、近づいて見ると窓サッシがひしゃげていたり、天井が落ちていたりと津波の被害の大きさを伺うことができます。この建物は震災遺構として保存されるそうです。
4年という月日は確実に人々を冷静にさせ、当時は見えていなかったものが見えるようにしてくれました。しかし、時が経てば経つほど見えなくなってきているものも多くあります。想像をすること、勇気を出して聞いてみること、知ろうとすること。今、それらをしなければ、これから新しく出来ていくものに何の疑問も持つこともなく生きていくことになるかもしれないのだと、私は10kmの道を通して感じました。この日震災から4年目の被災地を歩き、見て感じることができたものを、大切にしていこうと思います。

11026124_642345755871340_250186842149062843_n
****

参加した学生・教員の感想

東北芸術工科大学学生
浜辺を歩き、そこで散歩する人を見て、どんなに猛威をふるおうと、人々にとって大事な故郷であり、豊かな資源、恵みの元であり、変わらずある「風景」なんだと感じました。また、坂野住職の「人によってはその興味で傷つく人もいる。その反面伝えたい、話したいという人もいる、勇気を持ってたずねることが大切」という言葉が印象に残りました。

東北芸術工科大学学生
私は沿岸部のことをよく知らなかったことに気付きました。「震災」「被災」の経験も自分の半径何メートルかの出来事だけで止まっていた気がします。話を聞いたり、見たりするだけでなく、実際に津波のあった地域を歩き、臭いを嗅いだことで、その土地の今を立体的に知ることができました。

東北芸術工科大学学生
ルートによって感じが違うのは分かっていましたが、一方は「受け取る」に特化して、一方は「想像」することに特化していたのかなと思いました。私の歩いたルートは「想像」が多くて、被災地でなければ目にとまらないものを見つけて理由を考えることで4年目を確かめました。

金沢美術工芸大学学生
現状作業を行う方や、ボランティアガイドの方など「生の声」に出会うことができて良かった。被災地の様子を様々なメディアで伝えられているが、今回の企画のように自分の足で歩き、自分の目で見ることは大切だと感じた。

IMG_0381

東北芸術工科大学教員
亘理〜相馬|沿岸部70kmを手分けして歩きました。砂漠のように荒涼と見える風景も、よく眼をこらせば、歩いているそこは津波にえぐられた「津波湾」であったり、福島/宮城で防潮堤工事の進度や高さが異なっていたり、小高い丘の上に隠れ里のように仮設団地があったり。県境を越えていくつもの自治体をまたいで歩くことで、はじめて見えてきたことも、たくさんありました。遺される風景と、壊される風景。「選択と集中」の再生計画と、それによって見捨てられる存在。巨大な矛盾が共存する風景が、震災4年後の南宮城沿岸部でした。

山形大学学生
震災4年という年月が被災地の方々に「この経験を活かそう」という気持ちを芽生えさせていることが印象的だった。

東北芸術工科大学学生
今回この企画に参加して、自分がいかにテレビや新聞のメディアに頼っていたかに気が付くことができた。実際に現地で体験してみると、今まで知らなかったことがたくさん疑問と同時に出てきた。また、その疑問などに対して、どのように解決できるかを深く考えることができた。実際に暮らしている人たちの話を聞くとやはり、ここでしか聞けないことも数多くあったので、この企画では様々な視点から学ぶことができた。

東北芸術工科大学学生
今回は見ることを目的に来た。上手く言葉にできないことがあっても、とにかく見ようと思った。それは達成できたと思うし、体験したことを、時間をかけてもいいので消化し、次に動けるように考えていきたい。

東北芸術工科大学学生
何もない所を想像しながら歩く1日となりました。ここにこんな家が建っていたのかなあとか、ここの田んぼは誰が管理していたのかなあとか。しかし小学校がボロボロになってしまっている様子を見た時は、正直想像ができませんでした。ここに子供たちが元気に通っている姿が頭に思い浮かばなかったです。それでも小学校の裏の黄色いハンカチの木を見た時は、少し希望が見えたような気がしました。次にここへ来るときは、さら地を見て未来が想像できるようになりたいと思いました。

東北芸術工科大学学生
松川浦環境公園に生えていたヒマラヤ杉は、津波の被害に遭いながらも、管理人の「樹はくさってしまうけど、どうしても残したい」という強い気持ちからチェーンソーアートに生まれ変わらせていました。息を吹きかえらせるアイデアに、管理人の強い想いを感じるとともに、美大に通い、様々な素材に触れている学生として『もの』を大切に扱うこと、どのように使っていくかの基本を改めて感じました。

東北芸術工科大学学生 (福島県出身)
自分にとって馴染み深い地を、初対面の人と歩くと無性に懐かしい感覚にとらわれました。歩いていて何気なくしていた「ここは3.11前こういう状態だったのではないか?」という想像が興味をもつことの第一歩。自分が何か被災地のために動く時、まず自分でそこに興味を持って、切り取ることが必要だと思いました。2,3年目、4年目と年月は過ぎていきます。最初は精神的な問題は時間が解決してくれるだろうと思っていましたが、日に日にその問題の壁は高くなっているように感じます。なぜそうなってしまっているのか、今回歩いた地で見つけられたように思います。

10838476_1410907715889127_24934972_n

Workshop

3.12 道をたずねる―震災から4年目をあるいて、つないで、かたりあう―

【参加学生募集】3/12に新地町、山元町、亘理町を歩いて語るツアーを実施
 

2015年3月12日[木]6:20→20:30

 

『道をたずねる』
~震災から4年目を あるいて、つないで、かたりあう~

 2011年に起きた東日本大震災からもうすぐ4年が経ちます。ふと、「今、被災地域はどうなっているのだろう」と考えることはありませんか?
 
 昨年の夏、本学をはじめ8人の大学生が、青森県八戸市と福島県相馬市を結ぶ700kmを歩き、情報を発信する『あるいて、つないで、みちになる』というプロジェクトをおこないました。

土地にはそれぞれ、固有の文化や食、歴史があります。そこに赴いたとき、何を見たいのか知りたいのか。この企画では『あるいて、つないで、みちになる』のように、自分たちの足で歩き、それらに触れます。そして自分が歩いて見てきたことを、話し合い、参加者が自ら、自分の外へ発信していきます。学生が被災地を訪ねることによって考え、それぞれが感じたことを外側にも発信することで、一人ひとりが考えを巡らせるきっかけがつくれればと思います。

 

10599158_289081994621052_7599685550520802860_n

(3)

 

今回歩くのは、その長いコースの一部分。各グループに分かれて10㎞ずつ歩き、総距離70㎞の道をつないでいきます。

4年たった被災地の道を、私たちの足でたずねてみませんか?

 

全70㎞  各区間10㎞

名称未設定-2

 

【実施日】2015年3月12日
【参加費】500円(保険料含む)
【対象】芸工大生、卒業生、教職員、山形の大学に通う大学生、短大生
【主催】福興会議(東北芸術工科大学宮本研究室)
【協力】東北芸術工科大学東北復興支援機構

【企画趣旨】

3月12日、2011年のその日は、東日本大震災の影響により、福島第一原子力発電所では最初の爆発が起きた日でした。 震災から4年が経った今、自分の目で被災した地域の今を訪ねてみませんか?

 2011311日から201410月までの間、岩手・宮城・福島県へのボランティア活動者数は140万人に登りました。当初に比べると、ボランティアなどの活動規模は縮小しているものの、被災した地域は今も尚変化を続けています。去年の夏、青森県八戸市と福島県相馬市を結ぶ700㎞を歩く、『あるいて、つないで、みちになる』というプロジェクトでは学生8人がその土地の情報や魅力を発信する企画でした。今回のツアーでも、自分たちで見たいテーマを設定し、それを基に歩いて探します。そこから自分たちがみてきたことをディスカッションなどを通して情報を発信するという内容です。

山形から現地を訪れ、地域に触れ、周りの人達と見たものや土地の魅力について語り合って頂ければと思います。私たちが震災を考え続けること、また個人で訪れるきっかけになれば幸いです。


【行程】
6:20    やまがた藝術学舎集合
6:30    出発 
8:20~  現地到着・活動開始 
14:00 各班バスと合流
16:00~ お話・まとめ 
19:00  出発
20:30  やまがた藝術学舎着

 

【申込】件名「道をたずねる参加希望」と明記の上、[名前/学校名/年齢/生年月日/電話番号/住所/緊急連絡先/その他(持病・アレルギーなど)]を下記のメールアドレスまでおよせください。

fukkoukaigi@gmail.com   3/10(火)締切

 

行程、ルートは当日に変更になる場合があります。あらかじめ御了承ください。