カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Volunteer

10/25 スマイルエンジン+気仙沼海岸清掃ボランティア

報告:伊藤ゆり (建築環境デザイン学科2年/福興会議3期生)

10月25日、福興会議の学生3名が宮城県気仙沼市の気仙沼復興協会(Kesennuma Reconstruct Association 略称KRAhttp://kra-fucco.com)さんの活動に参加させていただきました。KRAさんは2011年から被災した家屋や海岸の清掃を行い、気仙沼市の復旧復興を目指しているNPOです。

0Z1vWovu

今回は気仙沼にある小泉海岸の清掃を行いました。この海岸は震災前まで海水浴場として、近くのお伊勢浜海水浴場と共に人気のスポットでした。震災後の今もサーフィンのスポットのようで、この日も波に乗るサーファーの姿を見かけることができました。

KlVJYz5X

jpAmAdME

清掃作業は主に、海岸に打ち上がった漂流物を拾い、流木などの燃やせるごみを燃やすという作業。 海岸に打ち上がる漂流物は三年前の津波による瓦礫が多く混ざっており、行方不明者の手掛かりとなるものも紛れていることもあるため、人の手による分別作業が必要です。

震災から三年という月日が流れ、直接的に震災復興に関われるボランティアは少なくなりました。震災の傷痕が癒えてきているということは喜ばしいことですが、同時に私たちを含む多くの被災地ボランティア団体の今後の存在意義を考えさせられる転機にもなっています。

mVs7JCQw

 これから先、私たちにできることがあるのだろうか。 山形にいるとテレビから被災地という言葉すら聞くことも無くなった今、考えは消極的な方向に向かってしまいます。今回こうして気仙沼へ赴き、街の様子や震災の傷痕、そして海岸に打ち付ける波を見つめながら考えることができたことは、これからの被災地との関わり方を考える良い機会となりました。