カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 桐生有鄰館から徒歩30秒の路地奥でリノベーション中の棲家。入口は登って、中では掘り下げてと、高床式の縄文式住居みたいですねと、設計の井上貴詞さんと笑ってます。着々と。 https://t.co/bh6rFnkvmn
    2018.06.24
  • @miyamototo 桐生。 ユイコは思春期に突入。大人の世界は堂々めぐりでも、子どもらは待ってくれない。 https://t.co/698HjAeqIq
    2018.06.24
  • @miyamototo 続き)アーティストは旅人だから特定の地域にとどまらない。その方がいい。だからデザイナーや編集者が、地方でもちゃんと仕事ができて、活躍できる街にしていくことが重要って話をします。ちなみに震災前ですが「会津・漆の芸術祭」立ち上げのポス… https://t.co/ZcdlmRCqaU
    2018.06.23
  • @miyamototo 続き)グラフィックとウェブデザイン、建築設計、企画編集、什器制作、写真と映像、シェフ、地場産業とのつなぎ… そこを山形在住のメンバーだけでつくれているところが、山形ビエンナーレの強みであり、小さな地方都市でありながら、文化的な自立を可能にしているポイントだと思っています。
    2018.06.23
  • @miyamototo 福島県会津市からお招きいただきまして、7/13(金)に山形ビエンナーレの実践についてお話しします。テーマは、アートについてではなくて、芸術祭をつくるデザインのマネジメントについて→ 特別講演会「街を変えるクリエイティブ・クラス~山… https://t.co/Nm6b834RnA
    2018.06.23

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Volunteer

10/25 スマイルエンジン+気仙沼海岸清掃ボランティア

報告:伊藤ゆり (建築環境デザイン学科2年/福興会議3期生)

10月25日、福興会議の学生3名が宮城県気仙沼市の気仙沼復興協会(Kesennuma Reconstruct Association 略称KRAhttp://kra-fucco.com)さんの活動に参加させていただきました。KRAさんは2011年から被災した家屋や海岸の清掃を行い、気仙沼市の復旧復興を目指しているNPOです。

0Z1vWovu

今回は気仙沼にある小泉海岸の清掃を行いました。この海岸は震災前まで海水浴場として、近くのお伊勢浜海水浴場と共に人気のスポットでした。震災後の今もサーフィンのスポットのようで、この日も波に乗るサーファーの姿を見かけることができました。

KlVJYz5X

jpAmAdME

清掃作業は主に、海岸に打ち上がった漂流物を拾い、流木などの燃やせるごみを燃やすという作業。 海岸に打ち上がる漂流物は三年前の津波による瓦礫が多く混ざっており、行方不明者の手掛かりとなるものも紛れていることもあるため、人の手による分別作業が必要です。

震災から三年という月日が流れ、直接的に震災復興に関われるボランティアは少なくなりました。震災の傷痕が癒えてきているということは喜ばしいことですが、同時に私たちを含む多くの被災地ボランティア団体の今後の存在意義を考えさせられる転機にもなっています。

mVs7JCQw

 これから先、私たちにできることがあるのだろうか。 山形にいるとテレビから被災地という言葉すら聞くことも無くなった今、考えは消極的な方向に向かってしまいます。今回こうして気仙沼へ赴き、街の様子や震災の傷痕、そして海岸に打ち付ける波を見つめながら考えることができたことは、これからの被災地との関わり方を考える良い機会となりました。