カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 新桐生から浅草へ。 いつか観た映画のワンシーンのような。 #桐生ぐらし https://t.co/aTVNdwCRTu
    2019.04.19
  • @miyamototo 桐生カトリック教会の黄色い光に包まれる。Ave verum corpus. https://t.co/iszW3rURuy
    2019.04.18
  • @miyamototo 起きがけに映像を見て、悲鳴を上げてしまった。2003年にシテ島の右岸・ポンマリーのたもとに1年間住んでいたので、毎日眺めていたノートルダム。永遠に続く風景のように思われたのに、、。パリ市民の衝撃はいかばかりか。
    2019.04.16
  • @miyamototo 家族。 小さい人に支えられている。与えられるより与える喜びのほうがずっと大きいとか、そういうこと。 https://t.co/NqV2HtfGKl
    2019.04.15
  • @miyamototo 自宅のある桐生市でも、街づくりのプロジェクトが動き出しました。寺社空間を核にして、地域のつながりと、街の外の人たちとの縁を編み直していくプロジェクト。飯山千里建築設計事務所のお二人の力を頼りに、地元有志で進めていきます。… https://t.co/FIZPj15vsR
    2019.04.15

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Volunteer

9/27「福島県国見町、仮置き場装飾活動」報告

報告:目黒有貴子(グラフィックデザイン3年/福興会議3期生)
今回は福島県国見町の方々からの声を受け、9月の終わりに国見町で仮置き場イメージアップのための装飾を行いました。福島出身の私も装飾のシールのデザインを担当させて頂き、国見の特産品の桃と干し柿をモチーフに、種が実になり、また種となるまでの循環を表現することで福島再生への願いを込めています。

国見

装飾場所として2カ所の仮置き場に装飾を行いました。仮置き場は車の通りが多く、車からその装飾をみる機会が増えるのではないかと思います。業者の方にもたくさんの力をお借りし、作業を進めていきます。休憩の時間、町役場の方に国見で採れた桃を頂きました。福島の桃はパリパリとした食感が固い桃で、少しの酸味と甘みがある味が特徴的です。この地元福島で久しぶりに福島の誇りとも言えるような食材を食べ、今回デザインに込めた「福島の再生」という部分がさらに想いが強くなりました。

N6e_QcpN

この日のみでは残念ながら作業を終わらせる事は出来なかったのですが、無事、今月10月3日に業者の方に頼んでいたシールの張り付けが全て終了する事が出来ました。今回のこの活動が国見町の方々に再生や循環という視点から、自分や周囲の環境の事を考える1つのアクションとなればと願っています。

Byi2mErCEAAE7g8