カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 桐生有鄰館から徒歩30秒の路地奥でリノベーション中の棲家。入口は登って、中では掘り下げてと、高床式の縄文式住居みたいですねと、設計の井上貴詞さんと笑ってます。着々と。 https://t.co/bh6rFnkvmn
    2018.06.24
  • @miyamototo 桐生。 ユイコは思春期に突入。大人の世界は堂々めぐりでも、子どもらは待ってくれない。 https://t.co/698HjAeqIq
    2018.06.24
  • @miyamototo 続き)アーティストは旅人だから特定の地域にとどまらない。その方がいい。だからデザイナーや編集者が、地方でもちゃんと仕事ができて、活躍できる街にしていくことが重要って話をします。ちなみに震災前ですが「会津・漆の芸術祭」立ち上げのポス… https://t.co/ZcdlmRCqaU
    2018.06.23
  • @miyamototo 続き)グラフィックとウェブデザイン、建築設計、企画編集、什器制作、写真と映像、シェフ、地場産業とのつなぎ… そこを山形在住のメンバーだけでつくれているところが、山形ビエンナーレの強みであり、小さな地方都市でありながら、文化的な自立を可能にしているポイントだと思っています。
    2018.06.23
  • @miyamototo 福島県会津市からお招きいただきまして、7/13(金)に山形ビエンナーレの実践についてお話しします。テーマは、アートについてではなくて、芸術祭をつくるデザインのマネジメントについて→ 特別講演会「街を変えるクリエイティブ・クラス~山… https://t.co/Nm6b834RnA
    2018.06.23

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Volunteer

7/27 スマイルエンジン+南陽市水害ボランティア

報告:目黒有貴子(グラフィックデザイン学科3年/福興会議3期生)

今回のスマイルエンジンは、山形県南陽市で7月中旬に起こった大雨と川の氾濫による水害被害のボランティアの活動でした。この地区では昨年に続き2年連続での水害となりました。幸いに今年は死者は出ませんでしたが直したばかりの家屋が多く、水害による苦悩は続いています。昨年から壊れたままの橋や山の壁面を見ながら南陽市へと向かいました。この日30度を超えた炎天下でした。地元の高校生や社会人の方々との民家の床下に潜り込み泥をかき出す作業は、厳しいものとなりました。

10592167_281049768764408_1094499554_n

10589960_281049775431074_866803311_n

IMG_0352

【参加者1年生感想】

今回のボランティアで初めて南陽市を訪れました。市街地に入ると川が氾濫して 運ばれた土でアスファルトが茶色く汚れ、乾燥した風に砂埃が舞い、数週間経っ た今でも被害の状況を痛感します。 今回参加した床下浸水の泥かきの手作業での作業は、約50人がかりでの作業だっ たのにも関わらず、梁や配管により作業が困難になり、次のボランティアに引き 継ぐこととなりました。被災地では事前の現場の状況把握、資材のマッチングな ど作業をスムーズにするためのシステムを整える必要があることを学んだ1日と なりました。(テキスタイル1年/玉手りか)

今回のボランティアで一番感じたことは「実際にその現場を自分の目で見て確か めること」の大切さです。 南陽市の豪雨による被害は映像などで目にしていましたが、車内の中から初めて 被害の状況を実際に見た時には、想像していた現状より過酷な物となっているこ とにショックを受けました。中には去年の水害から崩れている場所が放置されて いる場所もあり、今年の災害ではやっとのことでしっかりとした工事を行うこと ができているという事実も、現場に行って話を聞かなければ知ることはなかった ことでした。 テレビや新聞よりも説得力のある、貴重な「現地の声」を聞き、南陽市の実態を 知ることができたことで今回の活動は、今後の活動に繋がる有意義なものでした。 またこのような機会があったら、事前にその土地について詳しく調べること、現 地の方々の気持ちに寄り添いその声に耳を傾けることで少しでも被災地の支えと なるような働きをして行きたいと感じます。 (企画1年/阿部可奈)

10576927_281050035431048_508733456_n

10565944_281049792097739_58832752_n

私は、自分が学ぶ分野、美術を通して何が人を支えるために必要とされている のかを考え、「知る」目的をもってこの福興会議に参加しています。 今回水害ボランティアとして参加すると決めたとき、自分がどのように役立てる か不安な部分がありましたが、今回ボランティア作業を終えた後、民家の家主さ んの「心が暖かくなった」という言葉に、この活動をする意義というのは実際に 「役に立つ」ということもそうですが、ただただ現地で動く、役立とうとする意 思によって人を支える側面が強いのだと再確認し、自分自身今後美術を続ける上 での学びとなりました。 (洋画1年/桶本理麗)

IMG_0420

IMG_0371