カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Volunteer

2013/8/24

スマイルエンジン+蛤浜再生プロジェクト|サマーキャンプ 8/24-25

報告:小松大知(福興会議2期生/プロダクトデザイン学科)

 朝6時半。山形駅のロータリーには、夜行バスの移動からか少し疲れた顔をした美大生が集まっていました。「スマイルエンジン+夏の蛤浜合宿」が始まろうとしていました。私は運営側の立場でしたので、バスに乗車する彼らに挨拶をしながらスマイルエンジンの歴史が詰まったビブスを手渡していきます。バスが走り出し、暫くしてから自己紹介が始まりました。お互いの顔と名前が正確に一致したのはこの時が初めてで、参加した動機や今まで抱えていた想いも自己紹介と共に打ち明けて行きました。今回の参加大学は全て東北外だったため、“ずっと震災が忘れられず、何か行動を起こしたかった”という思いを持つ人が全国にまだこんなにいることへの驚きと、嬉しさを感じます。全員の自己紹介が終わる頃には、景色はすっかり変わり、蛤浜も近づいていました。

 蛤浜合宿でのメインとなる活動は、蛤浜にある山で伐採した木材の撤去や、山に流れる沢の清掃、宿泊施設周辺の瓦礫撤去というとてもフィジカルな内容でした。「cafeはまぐり堂」オーナーであり蛤浜再生プロジェクト代表の亀山貴一さんの“今後この浜を自然学校として、キャンプ場や多くの人が訪れる場所にしたい”という夢のために、私たちが今できることでもあります。震災後からの経緯やこれからの蛤浜のことを亀山さんから挨拶と共にお話いただき、「何のためにここに来たのか」を作業前にもう一度胸に刻みます。

a (9)

 主に男性陣の作業は裏山で伐採された木材撤去の役割でした。木材といっても、鞭の様に長く刺々しい枝もあれば、一人では到底持つ事ができない丸太も沢山あります。それらを、山の斜面に重ねてゆき、土留めとして再利用して行きます。5つの美術大学が集まった今回の合宿では、ほとんどがお互いに初対面でした。しかし不思議なくらい息は合い、怪我も無く、みるみるうちに作業は進みました。結果、1日目の活動では予定していた2日分の作業を終える事ができました。

a (37)

 1日目の作業の後は、自由時間となり福興会議のメンバーがそれぞれ遊びのプログラムを提案しました。「スイカ割り」「テント張り」「手作り竹竿での釣り」などです。竹竿は前回のはまぐり浜での活動の時に切り落としていた竹の枝に糸と針を付けるだけのアイデアですが、大自然に囲まれた環境ではこの竿はとても調和して見えます。餌も浜辺のカニや貝を採り、いざ海へ。海に糸をたらし、渚の音に耳を澄ませ、水平線を眺めながら、それぞれの想いに浸る時間となりました。

 2日目の朝8時半。全員でラジオ体操を行い、それぞれの持ち場へ。1日目に山で丸太を運んでいた木材撤去班は、宿泊施設の瓦礫撤去の班に合流し、膨大な木材や資材を浜辺まで運ぶ作業でした。浜ではこの木々を燃やします。1日目とは打って変わって、木陰のない炎天下のもとでの作業でしたが、汗だくになりながらも必死に活動を続けました。気づけば、皆の腕や顔には汚れや擦り傷や虫が付いていましたが、それだけ夢中に取り組んでいた証でもあります。そのかいもあり、終わらないだろうと感じていた木々や瓦礫を見事に撤去する事ができました。このスピードには亀山さんや作業をサポートして下さった蛤浜再生プロジェクトスタッフの島田さんも驚くほどでした。

q (23)

 作業終了後の昼食を兼ねたバーベキューを浜辺で行いました。ホタテや鯵、カマスといった海の幸に加え、亀山さん絶賛のお肉屋さんのソーセージやお肉を全員で堪能しました。さらにご好意で、カヌーもさせて頂き牡鹿半島の魅力を贅沢なまでに体験させて頂きました。美しい景色を見ながら、ハードな活動を共にした仲間達と共に美味しいバーベキュー食べたり、浜遊びで笑い合ったりしたこの時間は、とてもかけがえの無いものに感じました。私にとっての幸せとはこういう事かもしれません。

q (43)

 今回の蛤浜でのボランティア活動は、亀山さんの夢を支えるお手伝いであると同時に、土砂崩れの防止や森林環境の改善など、浜全体につながる大切な活動でした。しかしながら、人口が5人というはまぐり浜の住民だけでは、丸太運びや森の手入れをする事は非常に困難であるという事を痛感します。それだけでなく、全国の限界集落におけるこの様なニーズは今後ますます増えてくると感じました。限界集落と外部とのつながりをどう作って行くか、どうしたらこの様な状況を少しでも良い方向に変える事ができるのかを、デザインやアートを通じて考えて行く事ができればと思います。