カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo スガノサカエさんの、2人の息子さんが見にきてくださった。嬉しかった。#森岡書店 https://t.co/fPDwQvcO9w
    2017.11.19
  • @miyamototo 続)駅・滝・工場・石切場・高速道路などで実施した「OTO」展のための録音・撮影には、会議メンバー有志も同行。ビジュアルデザインは梅木駿佑君。フライヤーが今日あたりから置賜地域内の文化施設に配布されているかと。12/3〜米沢市立図書… https://t.co/MdJzSCgwBD
    2017.11.18
  • @miyamototo 置賜総合支庁の依頼で講師を務めた、文化活動やまちづくりに取り組む個人団体を対象にした、企画力向上ワークショップの成果展を開催。市民会議からでた「音+風景によって置賜のリアルを表現する」というアイデアを、写真家の根岸功さん、Cher… https://t.co/Q2m55l9Nfl
    2017.11.18
  • @miyamototo 銀座での「盆地文庫」展期間は、東京での打ち合わせ合宿でもあり。平成28年度五島記念文化賞美術新人賞の海外研修(インドネシアに1年間)を終え、帰国したばかり川村亘平斎さんと、次なるkabanou出版企画の打ち合わせ。絵本をつくります。 https://t.co/Z94ZDn4KjE
    2017.11.18
  • @miyamototo 素晴らしい人々と、素晴らしい夜。 昨晩、kanabouの「盆地文庫」展レセプションにお越しくださったみなさま、ありがとうございました。会期ははやいもので、明日・11/19(日)20:00までです。今日は森岡さんと宮本がお待ちしてお… https://t.co/5IQgyKgQ4i
    2017.11.18

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Volunteer

2013/07/21 hamagurihama, ishinomaki

スマイルエンジン+蛤浜再生プロジェクト|竹林整備と集会所掃除


報告①:鈴木達彦(福興会議3期/歴史遺産学科4年)
今回は、津波によって破壊され、過疎化している牡鹿半島を盛り上げる為に始まった「蛤浜再生プロジェクト」のお手伝いをしてきました。プロジェクトのためにしっかりと与えられた作業をこなそうという気持ちで取り組みました。 私たちが作業した内容は、ずっと放置され竹林となってしまった山の手入れをするというものです。一週間後に、石巻とハワイの中学校野球部交流会が行われるそうで、そのための会場として使用できるようにする大事な作業です。
作業した場所は、竹林でみっしり。隙間なく生えている数メートルの竹が太陽の光をさえぎっていました。そのおかげで日影ができていたので、涼しい中での作業でした。 ノコギリで竹をひたすら切ります。この場所を走っても竹に足が引っかからないよう、竹の根本を切ります。切った竹は、作業した場所の真ん中に集め、また切るという繰り返しです。 みんなで夢中になって切った竹の山を、今度は東側の少し窪んでいる所に集めます。切った竹の山を移すと、竹藪で歩くこともままならかった所が、走っても大丈夫なくらいのスペースに変わりました。そこには、辺り一面太陽のまぶしい光が差し込み、数時間前とはまったく別の場所でした。

1002470_361614103968223_1549636173_n
995101_361614413968192_629460679_n

今回の作業で東北の山の手入れの問題と、過疎化の問題という2つの大きな問題が強く心に残りました。 昔は林業が盛んで山の木を定期的に切ることで、木の1本1本に日が当たり、良い状態の山が保たれていたのですが、外国の木材が安く入るようになったことで国内の林業は廃れてしまいました。 定期的に手入れされなくなった山は放置され、今回私たちが作業した場所のように竹藪が生い茂ったりと、山が悪い状態になってしまいます。山が放置され続けると、土砂崩れなどの様々な問題につながるそうです。山の手入れをし、木々の隙間から太陽の光が差し込むような状態が、山の本来の姿だと今回の作業を通して学びました。日本全国の山が管理されず、放置されているということを多くの方々に知ってほしい、少しでも山に興味を持ってもらいたいと思いました。
東北は震災前から過疎化が進んでいましたが、震災後の被災地では更に過疎化が進み、現在深刻な現状に至っています。このような地域は東北の各地にあり、これからも多くなっていく傾向にあります。過疎化という現状を多くの方に知ってもらうためにも「蛤浜再生プロジェクト」で多くの方に蛤浜を訪れてもらいたいと思いました。

1003480_361614213968212_1316064914_n


報告②:高橋麻里子(福興会議3期/企画構想学科1年)

7月21日、石巻市牡鹿半島にある蛤浜で活動を行いました。この日の蛤浜は、陽が出てくると少し暑いと感じましたが、海風も吹き、気持ちのよい天気でした。 作業は2カ所に分かれて行いました。私たちが担当したのは、これから蛤浜を訪れた人が宿泊できるような施設にするための、集会所の掃除です。この集会所は、震災後この集落に住んでいた方々が一時的に生活をしていたそうです。しかし、ほとんどの方がここを離れたため、支援物資がたくさん残っていました。 山積みになっていた布団などの片付け、賞味期限が切れている食料品の仕分け、冷蔵庫や棚の片付けが主な作業内容です。

998717_361613923968241_729214189_n75507_361613863968247_956856810_n

食料品の仕分けでは、賞味期限の切れてしまっているものがほとんどで、処分しなくてはなりませんでした。支援したいという想いを一緒に捨ててしまっているような気持ちになり、ためらいを感じました。 震災後、全国からたくさんの支援物資が被災した地域に届きました。しかし、物資が行き届かないところがあったり、余ってしまうところがあったりしたのだと、今回の作業で知りました。支援を必要としている側の要望を、支援する側が的確にキャッチすることが、ボランティアをする上で大事なのではないかと思いました。
震災に限らず過疎化などの問題でも支援の手を必要としているところはたくさんありますが、普段そのような場所から離れて生活をしていると、気づかなかったり、震災が起こったことも忘れてしまいがちです。福興会議の活動を通してそういった地域に行き、実際に手を動かすことで、考えるきっかけができます。それを自分の中で消化して終わりではなく、そこで見たこと感じたことを人に伝えることが、経験をした人の役割なのではないかと感じました。
次回は来月の8月24、25日に、京都造形大学、東京藝術大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学、日本大学藝術学部の学生ら45名を集めたボランティア合宿が蛤浜で行われます。東日本大震災、過疎化、山の管理などの問題は、東北のみならず日本全国で深刻化しています。この機会に、東北以外の学生にも様々な問題について学んでもらいたいと思いました。

1069948_361614647301502_290282079_n