カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Radio

ゼンシンラジオ24|佐藤芳幸さん・小澤建二さん(福島県南相馬市)

報告:目黒有貴子(福興会議2期生/グラフィック学科2年)
3月12日。あの日、福島で何が起こったのかを知るため、私たちは、事故現場から20km圏内にある福島県南相馬市にツアー企画で訪れました。地震・津波・原発事故の被害を受けた南相馬。そんな地域の第一次産業や教育の現場を、テレビの画面越しではない状態で見て、内側だけではなく外側の人も、福島の現段階の問題を意識してもらおうというバスツアー。そこでお会いした佐藤先生、小澤先生、お二人にお話をお聞きしました。震災前から南相馬で教師をしていた先生方の熱いお話は中でも、印象深いものとなりました。子ども達の現状や、「今、福島で被災しているという変化にどう対処し、どう子どもに教育をしていけばいいのか。」という現地で生きる大人としての悩み。これから社会に出て行く自分にとって、子供を支える意識というものが突き刺さる時間でした。
ツアーから1週間後、12日に南相馬へ訪れ、今年度卒業した学生3人の先輩にインタビューをさせていただきました。それぞれ3人の言葉からは、これから社会で歩んで行く中で、震災をどう捉えて行くのか、それは多種多様であり、人の数だけ想いはあることを思い出させます。様々な方面に進む先輩方の語り口は、しっかりと、未来の想いと繋がっていました。今回の福島での経験は、学生1人1人自分の糧として、吸収することとなりました。佐藤先生、小澤先生のような福島に住む人と、外側で生活をする人、それぞれの立場から考え、互いに乗り越える事によって、復興、という言葉を福島でも聞く事ができるのではないかと思います。


『ゼンシンラジオ―こころ動かす、復興の声―第24回』

放送テーマ:ともに寄り添う、未来へ。
放送日:2014年3月26日
取材:南相馬市立鹿島小学校 佐藤芳幸先生・相馬市立向陽中学校 小澤建二先生
案内役:大津悠美子、梅原もも子
放送曲:「緑の街」/小田和正
挿入曲:佐藤那美「ARAHAMA Callings」から「風切る道」と「see sea」

ゼンシンラジオ。
あなたのこころを動かす、復興の声。
ゼンシン ラジオ。
耳をすませば、こころは つながる。

地震直後、
とても大切な情報源だったラジオ。

ロウソクの明かりを頼りに、
抱くようにして聴いていた、
あの夜の ラジオ。

東日本大震災から3年。
被災地の声は、
だんだん 聴こえにくくなっていませんか?

ゼンシンラジオは、
東北芸術工科大学の福興会議が、
未来に向かって“前進”する人の 「声」を
お伝えする10分間です。

ゼンシンラジオ、今夜、最後の放送回です。
2013年4月からはじまった、この復興ラジオ。これまで、23名の方々をご紹介してきました。
今回、ご紹介するのは、福島県南相馬市で学校の先生をしていらっしゃる、
南相馬市立鹿島小学校・佐藤芳幸先生と相馬市立向陽中学校・小澤建二先生です。

福島県南相馬市。
3年前の東日本大震災により、大地震・大津波。そして、放射能問題の三重苦を抱えました。
福島第一原子力発電所から、20~30キロ圏内に位置するここ南相馬市。
今月12日、私たちはスタディーツアーを企画。
仲間たちとともに、バスに乗車し、「福島の声」を訪ねに向かいました。

 1924731_486138284825422_1455671255_n

3年前のあの日、この場所ではどんな時間が流れ、どんな状況だったのか。
あれから3年。
南相馬市の教育現場を訪ね、その地で、考え、ゼンシンする先生方の
これまで・これからのお話を伺いました。

>>クリックして再生【2:30】

深い悲しみ、憤り、そして大きな不安を抱えながらも、生徒・家族を守るため、必死だった毎日。
今は、震災の記憶を「学び」として生徒たちに受け取ってもらうため、
授業の一環で、教えて続けています。
続けて、ツアーに参加した学生から、感想、これからへの想いを伺いました。

1000401_389808771125041_1925177682_n

>>クリックして再生【3:25】

いかがでしたか?
先生方のお話を聞き、未来への考えを深め、福島、日本のこれからを見据える時間でした。
お二人の先生方が強く仰っていたこと。
それは、「自分たちの学びを、今しっかりと身に付けてください。」という背中を押す一言でした。

それぞれの学生は学び知る意味をしっかり受け止め、
自分たちができることを、もう一度、じっくりと考え始めています。

ともに寄り添う、未来へ。

震災を経て様々な人と出会い、守ることの強さを知りました。

ここ東北では変わらぬ信念を貫き、故郷の魅力を発信し続けている人がいます。
これまでの放送を通し、失いたくない東北に気付くことができました。

明日へ向けてのゼンシン、これからも大切にしていきたいです。

IMG_9530

++++++++++++++++++++++

『ゼンシンラジオーこころ動かす、復興の声』
放送局:山形コミュニティ放送局(ラジオモンスター)FM76.2
※お聴きになれるのは山形市と周辺の市町村です。
※ネット回線ならどこからでも聴けます→ サイマルラジオ
番組名:「エムキューブ」 放送時刻:水曜日18:40~(12分程度)
案内役:大津悠美子+梅原もも子+目黒有貴子