カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Radio

ゼンシンラジオ23|佐藤那美さん(宮城県仙台市荒浜)

報告:梅原もも子(福興会議2期生/美術科2年)
目の前には水平線、後ろには仙台都市。若林区で復興支援ボランティアを終えた一日の最後にはよく荒浜に寄りました。2011年の3月11日、海から大きな津波がやってきてこの一帯は家の基礎土台を残し沢山の物が流されました。今では津波によって運ばれた種によって草が生い茂り、農家は塩害と闘いながら育てられる野菜を根気強く作っています。
佐藤那美さんは宮城県仙台市の出身。今年解体が決まった荒浜小学校が母校でした。2013年の春に大学を卒業し学生最後の制作として作った10の曲をアルバム「ARAHAMACallings」としてまとめます。夕凪からはじまり家風へと続いていく曲たちは、誰かの追い風になりたかったという彼女の想いが強く伝わります。人の背中を押すのに必要な風は呼吸であり音楽でした。大きな音でなくても思いのこもった曲たちは語ります。震災があり、失った多くの事に向き合う時、ふるさとへの帰り道、前へと進む時。彼女の音楽は誰の心でも自由であり、日々を心強く肯定するのかもしれません。

挿入歌としてゼンシンラジオ第1回から、始まりと終わり私たちの言葉を支えてくれた曲たちと作曲者佐藤那美さんに心から感謝いたします。


『ゼンシンラジオ―こころ動かす、復興の声―第23回』

放送テーマ:東北で奏でる、心強い音楽
放送日:2014年3月12日
取材:佐藤那美さん
案内役:大津悠美子、梅原もも子
放送曲:「Reflection Eternal」Nujabes /Clammbon With Yamazaki, Mino & Yamane From Toe
挿入曲:佐藤那美「ARAHAMA Callings」から「風切る道」と「see sea」

ゼンシンラジオ。
あなたのこころを動かす、復興の声。
ゼンシン ラジオ。
耳をすませば、こころは つながる。

地震直後、
とても大切な情報源だったラジオ。

ロウソクの明かりを頼りに、
抱くようにして聴いていた、
あの夜の ラジオ。

東日本大震災から3年。
被災地の声は、
だんだん 聴こえにくくなっていませんか?

ゼンシンラジオは、
東北芸術工科大学の福興会議が、
未来に向かって“前進”する人の 「声」を
お伝えする10分間です。

今晩ご紹介するのは、
ゼンシンラジオの挿入歌ARAHAMAcallingsの作曲をされた音楽家 佐藤那美さんです。
佐藤那美さんは東北芸術工科大学の映像学科を昨年、卒業されました。

 大学3年生にあがる春、山形で震災を経験した佐藤那美さん。
彼女の出身は宮城県仙台市若林区の荒浜。太平洋に面し、海風が漂う場所。
東日本大震災当日、高さ10mの津波が押し寄せ、大きな爪痕を残しました。
浜辺に並んでいた多くの防風林はなぎ倒され、
家・建物の基礎土台だけが一面に残っています。

震災後、「誰かのために作りたい」という想いから、
那美さんは大学の卒業制作として、アルバム「ARAHAMAcallings」を作ります。
“震災で何かを失った人の背中を押すための曲”として、ふるさと荒浜へと続く構成です。

震災から3年。
振り返ってみると、気付けば音楽を作っていたという佐藤那美さん。
これまで歩んできた道のり、彼女のゼンシンへの一歩。お聞きください。

>>クリックして再生【3:16】

次へと進むための曲。
10曲が収録されたアルバムは、ふるさと荒浜への想いが込められています。
宮城県松島湾にある「カフェロワン」で撮影された、ジョルジュルース・アートプロジェクトの
短編記録映画にも、那美さんの音楽は使われています。
IMG_3631
歌うように話し、進んでいく佐藤那美さんの“これから”について。
続けてお聞きください。

>>クリックして再生【1:31】

いかがでしたか?
震災以後、自分から音楽と向き合い、曲づくりに没頭した日々。
これまで受けた励ましや愛情、支援の数々。
それを今度は、誰かに「恩返し」していきたいと語る佐藤那美さんのゼンシン。

「音楽で東北を“かっこよく”していきたい。」
誰かの追い風になる日を願って、佐藤那美さんは
今日も、音楽を作り続けています。

東北で奏でる、心強い音楽。

今は仙台を中心に活動されている佐藤那美さん。
仙台市八木山動物園のアンドロイドアプリBGMや松島松華堂でのライブ。
震災から3年目の昨日、3月11日には母校の荒浜小学校で演奏を行っていました。

東北で愛される音楽が、これからも生まれていきそうですね。
わたしたちも、那美さんの音楽を聴き、今日もまた一歩、前へゼンシンしています。

++++++++++++++++++++++

『ゼンシンラジオーこころ動かす、復興の声』
放送局:山形コミュニティ放送局(ラジオモンスター)FM76.2
※お聴きになれるのは山形市と周辺の市町村です。
※ネット回線ならどこからでも聴けます→ サイマルラジオ
番組名:「エムキューブ」 放送時刻:水曜日18:40~(12分程度)
今後の放送日:3/26
案内役:大津悠美子+梅原もも子+目黒有貴子