カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Radio

ゼンシンラジオ22|川村智美さん(宮城県石巻市)

報告:大津悠美子(福興会議1期生/企画構想学科3年)
「日々の記録を振り返ると、過去の自分に励まされるときがある。」
1月末、大学にて川村智美さんにインタビューさせていただきました。
川村さんは東北芸術工科大学(現:映像学科)の卒業生。宮城県石巻市ご出身の川村さんは震災後、わたしたち福興会議の旧ホームページにて自身のブログ「このあしもとにつづく」を連載いただきました。どこもかしこも混乱が続く震災直後。日本、東北では「復興」の言葉が多く飛び交っていました。心に溜まる悲しさやもどかしさ。誰もが抱えて日々を過ごしていた気がします。混沌とした日々の中、つづられる川村さんのブログ。まっすぐで深く伝わる言葉の数々に、わたしはそっと心が救われる心境でした。心の中にしまってあった感情が溢れだし、ふと、自分の今の気持ちに気付かされ、素直になれる瞬間が多々ありました。大切なご家族、大切なふるさとを想い綴られる川村さんの言葉。何度も何度もたいせつに読ませていただきました。
時間の経過とともに変わりゆく街の景色や震災への考え方。「どこに何があったか、あそこの場所はどうなったか。人は景色が変わると、忘れてしまう。」震災から月日が経ち、それぞれが歩み続けている今。その今を少しでも記録することがどれほど大切なことか、そのときの感情を綴ることで残されていくパーソナルな記憶がいかに大切なことか。川村さんはわたしたちに教えてくださいました。未来を想うからこそ、日々の感情を大切にしていきたいです。(写真)左:川村智美さん/右:大津悠美子

『ゼンシンラジオ―こころ動かす、復興の声―第22回』

放送テーマ:日々の記録を、未来をつくる記憶に。
放送日:2014年2月26日
取材:川村智美さん
案内役:大津悠美子、目黒有貴子
放送曲:「元気ですさよなら」 空気公団
挿入曲:佐藤那美「ARAHAMA Callings」から「風切る道」と「see sea」

ゼンシンラジオ。
あなたのこころを動かす、復興の声。
ゼンシン ラジオ。
耳をすませば、こころは つながる。

地震直後、
とても大切な情報源だったラジオ。

ロウソクの明かりを頼りに、
抱くようにして聴いていた、
あの夜の ラジオ。

東日本大震災から2年と11ヶ月。
被災地の声は、
だんだん 聴こえにくくなっていませんか?

ゼンシンラジオは、
東北芸術工科大学の福興会議が、
未来に向かって“前進”する人の 「声」を
お伝えする10分間です。

ゼンシンラジオ22回目の今夜は、宮城県石巻市ご出身で、
東北芸術工科大学映像学科の卒業生、川村智美さんをご紹介します。
川村さんはわたしたちの先輩です。

2011年3月11日震災当日。かつてない自然災害が川村さんの故郷、
宮城県石巻市を襲い、街の景色を一変させました。

演劇関係のNPOで働いていた川村さんは、仙台市若林区にある劇場のスタッフルームで
立っていられないほどの、激しい揺れを体感。
すぐさまメールで、まわりの仲間の安否を確認しました。
そして不安で暗い夜が明け、故郷石巻に向かいました。

川村智美さんは、石巻を襲った大津波で大切なご家族たちを、亡くされました。
東日本大震災から、もうすぐ3年。石巻の景色は、どんどん変っていきます。
そして、忘れられていく記憶。
震災直後の様子から、今日までの日々を、川村さんにお話いただきました。

>>クリックして再生【2:35】

けっして埋めることができない、深く、大きな喪失を抱えながら、
川村智美さんは、揺れ動く心を、日記のように、つれづれとブログに綴りはじめます。
“家と家族にまつわる記憶の記録”を、率直な言葉と写真で記録していく、
川村智美さんのブログ「このあしもとにつづく」は、多く人々に読まれ、静かな反響を呼びます。
春の日、マキアート
(写真)ブログ「このあしもとにつづく」
2012年03月25日-「春の日、マキアート」より

引き続き、川村さんのお話をお聞きください。

>>クリックして再生【3:13】

いかがでしたか?
震災・家族・そして故郷石巻と向き合いながら、
「その後」の日々を、精一杯、歩んでいく、川村智美さんのゼンシン。
震災の風化とともに、変わっていく家族と自分。
でも、その時々に感じた言葉を残すことは、
きっと、未来の自分を動かすきっかけとなると、川村さんはいいます。

日々の記録を、未来をつくる記憶に。

震災から3年を迎える前に、私たちも、もう一度、川村智美さんのブログ、
「このあしもとにつづく」を、読み返してみませんか?
川村さんの私的な、「家族の記録」は、私たちに沢山の大切なことを、教えてくれるはずです。

そして、川村智美さんの個展が、
仙台市青葉区のギャラリー「ターンアラウンド」にて開催されます。
期間は2014年の4月1日から、4月20日まで。個展のタイトルは「春の日、マキアート」です。
みなさん、ぜひ、ギャラリーに足を運んで、川村さんの「これまでとこれから」の物語を、
ご覧いただければと思います。

川村先輩、私たちも必ず見にいきます。

++++++++++++++++++++++

『ゼンシンラジオーこころ動かす、復興の声』
放送局:山形コミュニティ放送局(ラジオモンスター)FM76.2
※お聴きになれるのは山形市と周辺の市町村です。
※ネット回線ならどこからでも聴けます→ サイマルラジオ
番組名:「エムキューブ」 放送時刻:水曜日18:40~(12分程度)
今後の放送日:3/12、3/26
案内役:大津悠美子+梅原もも子+目黒有貴子