カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo そして僕は昨日からタイ北部の古都チェンマイにいます。川村亘平斎さんと、さまざまな事情で親から離れてくらす子供たちのためのホーム「バーンロムサイ」で影絵の上演。写真家の志鎌康平さんも取材旅行中のスリランカから合流。今夜、この幕で演じ… https://t.co/Y7MkUfzuzl
    2017.12.17
  • @miyamototo とんがりビルで開催中「畏敬と工芸」。初日の解説トークリレーは展示空間の四方をぐるりと聴客が囲むスタイルで実施。森岡督行さんのナビゲートで引き出された、それぞれの「畏敬と工芸」めぐる自分語り、聞きごたえがありました解説トークに参加で… https://t.co/a8XmVk3eUx
    2017.12.17
  • @miyamototo 始発の新幹線に乗り、東京とんぼ返りでミロコマチコさんと打ち合わせ。明日が展覧会オープンだというのに、1.5時間の打ち合わせのために往復6時間。だけど、同じように山形まで会いに来てくれる人もいる。その1.5時間で、数年先までが、いや… https://t.co/iRv0ygeCB3
    2017.12.14
  • @miyamototo とんがりビルで「畏敬と工芸」設営スタート。真室川から山神人形が到着。展示台は白ではなく、あえて蛇の目と籠目の文様を刷りました。明日の夜、研究会メンバーみんなで展示を完成させます。 https://t.co/L75Xmlag2j https://t.co/cOICsQp2c3
    2017.12.13
  • @miyamototo 新年の宮本企画1本目は山形県東根市出身の版画家ながさわたかひろ氏の個展。展示会場にながさわさんが常駐し、1日1枚「オレ新聞」を発行・掲示します。お楽しみに!|ながさわたかひろ滞在制作展「オレ新聞」1/13〜2/12 東根市公益文化… https://t.co/TKR3BvpP6m
    2017.12.12

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Radio

ゼンシンラジオ21|鈴木大介さん((株)鈴木酒造店/山形県長井市)

報告:小松大知(福興会議2期生/プロダクトデザイン学科2年)
福島県浪江町で江戸末期から地元を中心に長く愛され続けていた、酒蔵「鈴木酒造」。津波によって酒蔵も家も流され、避難を余儀なくされてしまい、酒造りを断念せざるを得ませんでした。その後、杜氏である鈴木大介さんのもとには地元浪江町の方々から「もう一度お酒を作って欲しい」という声が多く寄せられます。全てが流されたと思っていましたが、なんと試験用に酒蔵を離れていた「酵母菌」が見つかり、さらには酒造りが再会できる酒蔵を譲り受け、奇跡のような再起を遂げたのです。
「酒があり、それを飲む場がある。それだけでどれだけ頑張ろうと思えたか。お酒を通じて、浪江町の人に恩返しをしたい。」という鈴木さん。文化の発信や場づくりをしていきたいという情熱を全身に受け、インタビューの時に鳥肌が立ってしまいました。これからは浪江町だけでなく、新たな酒蔵のある長井市にも愛され続けるお酒でありたいと、長井市の米農家さん達との商品開発も進んでいるそうです。「酒造りが場づくりになる」という考え方を、私はこのとき初めて感じました。思えば、酒づくりというのは多くの人(酒蔵、米農家、販売店、買い手…)と豊な自然との良好な関係がなくては成立しません。これはどんなモノづくりにおいても言える事ではないでしょうか。地縁を大切にし、誰かのために精一杯自分にできることをする。モノづくりを学ぶ身として、とても貴重な事を学んだ気がしました。
DSC01399(4)

『ゼンシンラジオ―こころ動かす、復興の声―第21回』

放送テーマ:地縁から生まれる、集いの場。
放送日:2014年2月12日
取材:株式会社 鈴木酒造店 鈴木大介さん
案内役:小松大知、大津悠美子
放送曲:「ビューテフル・ネーム」 ゴダイゴ
挿入曲:佐藤那美「ARAHAMA Callings」から「風切る道」と「see sea」

ゼンシンラジオ。
あなたのこころを動かす、復興の声。
ゼンシン ラジオ。
耳をすませば、こころは つながる。

地震直後、
とても大切な情報源だったラジオ。

ロウソクの明かりを頼りに、
抱くようにして聴いていた、
あの夜の ラジオ。

東日本大震災から2年と11ヶ月。
被災地の声は、
だんだん 聴こえにくくなっていませんか?

ゼンシンラジオは、
東北芸術工科大学の福興会議が、
未来に向かって“前進”する人の 「声」を
お伝えする10分間です。

今夜は山形県長井市で酒造会社を営む、鈴木大介さんをご紹介します。
鈴木さんは、東日本大震災を転機に福島県浪江町から山形へ避難しました。

福島県浪江町は福島第一原子力発電所から20キロ圏内に位置しています。
鈴木さんの酒蔵は、原発から約6キロ地点。
日本で最も海に近い酒蔵で造られていたお酒「磐城壽」は、
地元のひとから長く愛されるお酒として知られていました。
そんな生産の地を襲った東日本大震災。
その場所で暮らす人、造られるものを一瞬で奪った自然の力は、その後の生活を大きく変えました。

震災当日、鈴木大介さんはその日も福島県浪江町の酒造でお酒造りの最中でした。
最終工程を終え、お祝いの直前。大きな揺れと津波を呼びかける声。
自らも被災しながら、消防団として避難誘導に力を注ぎました。
当時の浪江町の様子からお話頂きました。
DSC01376(3)

>>クリックして再生【2:33】

大地震・大津波・原発問題の三重苦を抱え、福島県浪江町から、避難せざるを得ない状態。
酒づくりの場が絶たれたそんなとき、地元浪江町の人たちから、
「もう一度お酒を造ってほしい」という声がよせられます。
鈴木大介さんは、地元を離れる不安を感じながらも、
避難先の山形県長井市で、酒造りを続けていく覚悟を固めました。

>>クリックして再生【3:09】

いかがでしたか?
江戸時代末から続くお酒「磐城壽」を、
新たな場所で再開させた福島県浪江町の杜氏・鈴木大介さんのゼンシン。
「磐城壽」は、山形県長井市でも知られるようになり、地域で親しまれるお酒になってきています。
福島の技と癖によって生み出される味。その味を、山形から伝え続けています。

地縁から生まれる、集いの場。

鈴木さんが作るお酒「磐城壽」は、お米のふくよかな味がします。
DSC01392
ふるさと浪江の文化を発信しながら集いの場を生むお酒は、
季節をたどる味として、これからもみなさんに愛され続けるでしょう。

「磐城壽」は山形市平清水の正酒屋 六根浄でもお買い求めできます。
みなさんもぜひ、集いの場にて鈴木大介さんが造るお酒の味を味わってみてください。

++++++++++++++++++++++

『ゼンシンラジオーこころ動かす、復興の声』
放送局:山形コミュニティ放送局(ラジオモンスター)FM76.2
※お聴きになれるのは山形市と周辺の市町村です。
※ネット回線ならどこからでも聴けます→ サイマルラジオ
番組名:「エムキューブ」 放送時刻:水曜日18:40~(12分程度)
今後の放送日:2/26、3/12、3/26
案内役:大津悠美子+梅原もも子+目黒有貴子