カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 明大前で打ち合わせのあと、不意に現れた富士山。カプーアっぽい。 https://t.co/hYR8T0keyc
    2018.10.17
  • @miyamototo 桐生のオープンハウス、友人・知人枠を10/28(日)15:00〜とご案内したのですが、すみません10/27(土)15:00〜もOKでした。倒壊寸前の空家が隣接していたり(無事解体)、重伝建地区のため許可申請に時間がかかったり、紆余… https://t.co/kEOWDMtAq6
    2018.10.16
  • @miyamototo 今日は株式会社山形鉄道で鉄道関係者の聞き書き。旧国鉄が撤退した後、第三セクターとして地元高校生の通学を支え続けてきたフラワー長井線の30周年を記念する企画の仕込み。坂部さんと相馬さんにお手伝いいただきました。 https://t.co/jDm9yduc6z
    2018.10.14
  • @miyamototo 産経新聞(東北版)に月イチで連載しているコラム『みちのおくへ』。10月はお彼岸の夜にとんがりビルで企画・上演した、川村亘平斎さんの影絵芝居について書きました。WEB版にも掲載|陽気な死者たち - 産経ニュース… https://t.co/XSL8GSpiuD
    2018.10.11
  • @miyamototo 桐生新町の家オープンハウス_①|群馬県桐生市の自宅が完成しました。この1年半、並行してつくってきただけに「山形ビエンナーレ2018」と多くの共通点がある家になりました。路地奥の古い建物を活かし、コンパクトでローコスト、遊び心がある… https://t.co/xCFXd6F7mb
    2018.10.10

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Events

8/22未来の祀り ヘビワヘビワ奉納

報告:目黒有貴子(グラフィックデザイン学科4年/福興会議2期生)

前回の山形公演から引き続き、川村亘平斎さんのサポート役として臨んだ今回の福島公演。外での演目は天候との戦いでもありましたが、市街地はずれの信夫山から吹く、夜の風を感じながら演じる影絵は、観客の人との一体感をよりいっそう感じられる心地の良い舞台となりました。

私は南相馬市の出身ではありますが、このプロジェクトのために調べる前まで、大悲山の物語を知らないままでいました。 故郷の人々が、このお話を福島市で演じられた事は「語り継ぐ」ことの大切さを思い出されます。

来年、山形ビエンナーレにて再演されるヘビワヘビワ。 私は卒業し参加はできませんが、昔の人々が遺したこの物語を東北の地で新入生や新たに影絵の演劇に加わる方に引き継ぐかたちで、公演できることをこころ待ちにしています。

 R0001946

報告:遠藤百笑(コミュニティデザイン学科1年生/福興会議5期生)

たたらば連では、南相馬の子どもたちのサポートとして一緒になってご先祖様の人形を作ったり、演じる練習をしました。子どもたちの持つ集中力と好奇心、そしてエネルギーに何度も助けられました。キッズアートキャンプ、山形公演が終わった後も影絵に夢中になって練習していたそうで、福島公演では特に影絵の幕の裏で子どもたちが笑顔で、自分の役を生き生きと演じていました。

福島公演では私も福島県出身でご先祖様が南相馬にいたということもあり、ご先祖様の人形を南相馬の子どもたちに混ざって演じさせていただきました。子どもたちの持つ力や、影絵の世界、自分のご先祖様、これからの福島など、様々なことを考えさせられました。子どもたちにとっても今回作り上げた影絵は大きな経験になったのではないかと思います。

 

報告:梅原もも子(洋画コース4年/福興会議2期生)

昔は地崩れのことを蛇崩れといったように蛇は自然の神様でした。この南相馬の物語でも蛇は決して悪者ではなく、人間と自然とをつなぐ役割でありすぐ近くにいる崇拝すべき対象でした。

今回、大人たちは大蛇を演じました。蛇のお頭とそこにぞろぞろと続く不気味な鱗を一枚一枚持ち、列になって影を作ります。途切れることなく、ゆっくりと、重々しく、威厳を持って、わたしたちの演じた蛇の影を動画で確認するとそういった印象を受けます。この鱗については川村亘平斎さんが実際に大悲山の磨崖仏を見て石の持つ力に魅せられ、着想を得たそうです。石のように重く、そこにじっといる力、石の持つ魔力のようなものを今回は大蛇の鱗としました。また演じている大人たちを見つめる子供の顔も深く印象に残っています。大人たちは真剣な表情で影を見つめ間合いを計り、中腰でゆっくり横に移動していきます。その影を見つめる瞳や顔つきに彼らは父/母ではない存在として親をみていたのかもしれません。

11902254_704660702973178_6781666775506528685_n


またキッズアートキャンプでの山形公演を終えて、福島の物語を福島で上演出来ることを嬉しく思いました。様々な土地に眠る物語や沈黙した歴史を影で伝えていくことはとても意味のあることだと思います。参加された3つの家族と学生、職員は大きな家族のようで旅芸人のようでもありました。また別の地でこの物語が語られ、誰かの記憶に残れば幸いです。ヘビワヘビワ、またいつかどこかでお会いしましょう。