カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

卒業制作として、ラジオ番組を作りました。(大津悠美子)

報告:大津悠美子(福興会議1期生/企画構想学科4年)

 

1ヶ月遅れた入学式。桜が満開のなか行われた式典。 
4年前の春。複雑な心境で迎えた大学生活のはじまり。 
今でも鮮明に覚えています。 

東日本大震災から、もうすぐ、4年です。 
わたしはこの丸4年の月日を大学で過ごしました。
「復興のために力を注ぎたい」という想いに合わせ、
「将来は番組制作がしたい」という気持ちを持ち、大学に入学しました。
 
4年間の集大成となる卒業制作では、
3.11当日に放送する、震災復興特別番組を制作しました。
「3.11のための、番組を作りたいです。」 
エフエム山形へ番組企画を持ち込み、 
実際に今年の3月11日、お昼の12:00から1時間の放送枠をいただきました。
震災から4年。いま、どんなメッセージを伝えるべきか。模索を繰り返しながら、
提案した企画書をもとに、エフエム山形の方と企画を進行していきました。

わたしが今回、番組のテーマに掲げたのは「いつもの味」でした。
毎日触れるものでありながら、普段の「食」に欠かせない調味料。
毎日の食が変わらず食べ続けられる幸せに、
気付きを加える番組を作りたいと思いました。
見えないけれど、あの日から着実に歩みを重ねている「味」や「企業」。
ラジオという見えないからこそ伝わるメディアの強さを生かし、 
震災の被害を受けた「調味料」づくりに携わる方々に取材へと向かいました。


番組名は、「東北さしすせそ」。
料理のたとえ言葉として使われる「さしすせそ」を軸に、
酒・塩・酢・醤油・味噌を作っている方々、商品のお話をご紹介します。
番組チラシ 2

(調味料)取材企業/取材した方/場所/紹介商品名

(酒)株式会社 鈴木酒造店/鈴木大介さん/山形県長井市/甦る
福島と山形。2つのふるさとから生まれた、食卓に似合う「お酒」。

(塩)合同会社 顔晴れ塩竈/及川文男さん/宮城県塩竈市/塩竈の藻塩
港町・塩竈の歴史がぎゅっと詰まった、どんな料理にも万能な「塩」。 

(酢)株式会社 山形屋商店/山形政大さん/宮城県石巻市/甘い酢
山形生まれ、石巻育ちの老舗。まろやかな風味が人気を誇る甘い「酢」。

(醤油)株式会社 八木澤商店/河野通洋さん/岩手県陸前高田市/奇跡の醤
努力が積み重なり、奇跡となって生まれた。和食の旨味を支える「醤油」。 

(味噌)株式会社 高砂長寿味噌/高砂光延さん/宮城県東松島市/感謝の味噌
これまでの恩返しを伝える、香り豊かなやさしい「味噌」。 


それぞれ、5人の方に震災当時からこれまでのお話。 
5つの商品についてのお話を伺いました。 

工房が、商品が、津波で流されても、
街に長く根付く味を守るために必死だった毎日。

 

IMG_0112IMG_0115
(写真:卒業制作展2014 展示風景/2015.2.10~15)


取材した方々の言葉には、あの日を想う、未来を考える、
そして何より、従業員や家族への思いやりが込められていました。

福興会議の活動を通して、新しい出会いを繰り返した4年間でした。
変わったことや、変わらずにあるものの有り難み。
出会いの中で気付く「いつも」の大切さに、改めて強く考える時間でした。

放送は、今週水曜日、3月11日。午後12:00からです。
ぜひ、お聞きください。


IMG_6730


■番組概要
番組名:東日本大震災 復興特別番組 「東北さしすせそ」
番組日時:2015.3.11  12:00~12:55
放送局:エフエム山形
    山形 80.4MHz/鶴岡 76.9MHz/新庄 78.2MHz/米沢 77.3MHz
企画構成:東北芸術工科大学 企画構想学科4年 大津悠美子
出演協力:企画構想学科学生(4年:佐藤麻衣/2年:遠田俊介)
制作:エフエム山形・東北芸術工科大学