カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo とんがりビル3Fのブックシェルターも、今日が最終日。台風が迫る&安倍政権を問う選挙投票日という状況に、妙にマッチしていなくもない。 昼過ぎからは鶴岡真弓さんをお招きし、ケルトと縄文の共通項を探る勉強会をKUGURUにて開講。… https://t.co/DxuEB08fn9
    2017.10.21
  • @miyamototo 次女をバスケの遠征に送り出してから投票所へ。山形市役所の期日前投票は長蛇の列で諦めたけど、当日朝は5分で投票終了。車中のNHKラジオで読み上げられた市民の投稿「子供たち・若者たちの未来に雨が降らないように、傘をさして投票にいきまし… https://t.co/FCLpa2fhPB
    2017.10.21
  • @miyamototo 今夜のとんがりビルは、田園調布「PATE屋」林のり子さんをお招きして、プナ帯の勉強会。企画はアトツギ編集室。いい雰囲気です。https://t.co/U995W9yemy https://t.co/jaFZgdQL6J
    2017.10.20
  • @miyamototo 山形銀行本店前で真室川物産市。栗の花の蜂蜜を購入する。パッケージはakaoni。夕方からパテ屋・林のり子さんをお招きしてブナ林勉強会。→ https://t.co/U995W9yemy (受付終了) https://t.co/3DZ03j8yVi
    2017.10.20
  • @miyamototo 昨年亡くなられたスガノサカエさんの絶筆をまとめた本を出版します。処方箋の裏などに描かれた251枚のドローイング。11月13日〜19日、銀座の森岡書店で出版記念展も。 https://t.co/9uaiBkkU66
    2017.10.18

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

卒業制作として、ラジオ番組を作りました。(大津悠美子)

報告:大津悠美子(福興会議1期生/企画構想学科4年)

 

1ヶ月遅れた入学式。桜が満開のなか行われた式典。 
4年前の春。複雑な心境で迎えた大学生活のはじまり。 
今でも鮮明に覚えています。 

東日本大震災から、もうすぐ、4年です。 
わたしはこの丸4年の月日を大学で過ごしました。
「復興のために力を注ぎたい」という想いに合わせ、
「将来は番組制作がしたい」という気持ちを持ち、大学に入学しました。
 
4年間の集大成となる卒業制作では、
3.11当日に放送する、震災復興特別番組を制作しました。
「3.11のための、番組を作りたいです。」 
エフエム山形へ番組企画を持ち込み、 
実際に今年の3月11日、お昼の12:00から1時間の放送枠をいただきました。
震災から4年。いま、どんなメッセージを伝えるべきか。模索を繰り返しながら、
提案した企画書をもとに、エフエム山形の方と企画を進行していきました。

わたしが今回、番組のテーマに掲げたのは「いつもの味」でした。
毎日触れるものでありながら、普段の「食」に欠かせない調味料。
毎日の食が変わらず食べ続けられる幸せに、
気付きを加える番組を作りたいと思いました。
見えないけれど、あの日から着実に歩みを重ねている「味」や「企業」。
ラジオという見えないからこそ伝わるメディアの強さを生かし、 
震災の被害を受けた「調味料」づくりに携わる方々に取材へと向かいました。


番組名は、「東北さしすせそ」。
料理のたとえ言葉として使われる「さしすせそ」を軸に、
酒・塩・酢・醤油・味噌を作っている方々、商品のお話をご紹介します。
番組チラシ 2

(調味料)取材企業/取材した方/場所/紹介商品名

(酒)株式会社 鈴木酒造店/鈴木大介さん/山形県長井市/甦る
福島と山形。2つのふるさとから生まれた、食卓に似合う「お酒」。

(塩)合同会社 顔晴れ塩竈/及川文男さん/宮城県塩竈市/塩竈の藻塩
港町・塩竈の歴史がぎゅっと詰まった、どんな料理にも万能な「塩」。 

(酢)株式会社 山形屋商店/山形政大さん/宮城県石巻市/甘い酢
山形生まれ、石巻育ちの老舗。まろやかな風味が人気を誇る甘い「酢」。

(醤油)株式会社 八木澤商店/河野通洋さん/岩手県陸前高田市/奇跡の醤
努力が積み重なり、奇跡となって生まれた。和食の旨味を支える「醤油」。 

(味噌)株式会社 高砂長寿味噌/高砂光延さん/宮城県東松島市/感謝の味噌
これまでの恩返しを伝える、香り豊かなやさしい「味噌」。 


それぞれ、5人の方に震災当時からこれまでのお話。 
5つの商品についてのお話を伺いました。 

工房が、商品が、津波で流されても、
街に長く根付く味を守るために必死だった毎日。

 

IMG_0112IMG_0115
(写真:卒業制作展2014 展示風景/2015.2.10~15)


取材した方々の言葉には、あの日を想う、未来を考える、
そして何より、従業員や家族への思いやりが込められていました。

福興会議の活動を通して、新しい出会いを繰り返した4年間でした。
変わったことや、変わらずにあるものの有り難み。
出会いの中で気付く「いつも」の大切さに、改めて強く考える時間でした。

放送は、今週水曜日、3月11日。午後12:00からです。
ぜひ、お聞きください。


IMG_6730


■番組概要
番組名:東日本大震災 復興特別番組 「東北さしすせそ」
番組日時:2015.3.11  12:00~12:55
放送局:エフエム山形
    山形 80.4MHz/鶴岡 76.9MHz/新庄 78.2MHz/米沢 77.3MHz
企画構成:東北芸術工科大学 企画構想学科4年 大津悠美子
出演協力:企画構想学科学生(4年:佐藤麻衣/2年:遠田俊介)
制作:エフエム山形・東北芸術工科大学