カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo そして僕は昨日からタイ北部の古都チェンマイにいます。川村亘平斎さんと、さまざまな事情で親から離れてくらす子供たちのためのホーム「バーンロムサイ」で影絵の上演。写真家の志鎌康平さんも取材旅行中のスリランカから合流。今夜、この幕で演じ… https://t.co/Y7MkUfzuzl
    2017.12.17
  • @miyamototo とんがりビルで開催中「畏敬と工芸」。初日の解説トークリレーは展示空間の四方をぐるりと聴客が囲むスタイルで実施。森岡督行さんのナビゲートで引き出された、それぞれの「畏敬と工芸」めぐる自分語り、聞きごたえがありました解説トークに参加で… https://t.co/a8XmVk3eUx
    2017.12.17
  • @miyamototo 始発の新幹線に乗り、東京とんぼ返りでミロコマチコさんと打ち合わせ。明日が展覧会オープンだというのに、1.5時間の打ち合わせのために往復6時間。だけど、同じように山形まで会いに来てくれる人もいる。その1.5時間で、数年先までが、いや… https://t.co/iRv0ygeCB3
    2017.12.14
  • @miyamototo とんがりビルで「畏敬と工芸」設営スタート。真室川から山神人形が到着。展示台は白ではなく、あえて蛇の目と籠目の文様を刷りました。明日の夜、研究会メンバーみんなで展示を完成させます。 https://t.co/L75Xmlag2j https://t.co/cOICsQp2c3
    2017.12.13
  • @miyamototo 新年の宮本企画1本目は山形県東根市出身の版画家ながさわたかひろ氏の個展。展示会場にながさわさんが常駐し、1日1枚「オレ新聞」を発行・掲示します。お楽しみに!|ながさわたかひろ滞在制作展「オレ新聞」1/13〜2/12 東根市公益文化… https://t.co/TKR3BvpP6m
    2017.12.12

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

2014年度 福興会議卒業生|卒業制作インタビュー

今回、今年の3月に大学をご卒業される福興会議の先輩方3名に、福興会議の1年生、2年生の学生がそれぞれの卒業制作の事をお聞きし、先輩方が考える震災や復興という質問にも丁寧に答えて頂きました。

++++++++++++

 ①取材:高橋悠眞さん(福興会議1期生/美術科 工芸コース4年)

 Q.まず、今回高橋先輩が制作した、卒制のテーマを教えてください。

A.今回の卒制は、「漆という文化をどうやったら残していけるのか」というコンセプトです。自己表現といえば自己表現ですが、あまり自分は関係のない、漆という文化を自分がどう媒介して、どう残せるかという部分が強いです。古くから日本人の食器や家具として使われてきた漆は、とても文脈の長い素材です。そんな文化も未だ若者に手に取ってもらうにはどうしても受け入れ難い作品が多く、その解決の糸口となるような、次世代が手に取りやすい作品を制作しました。

名称未設定 1
Q.制作は震災での事と何か繋がっているのでしょうか?

A.それはまた違ってくるんじゃないでしょうか。制作に関しては等身大であり、狙ってやらないことは意識しています。 でも、作品で一番大きく影響したとしたら、初めて被災地で瓦礫の山を見たとき、自分の作品がそこにあったとしたならば、誰かの大切な物であってほしいと思ったことです。何を作っていても地球規模で考えていくと全てゴミになります。それであったら、ゴミならゴミらしく、誰かに愛される物を作りたいと考えています。

qk-AEFsz
Q.福興会議の後輩に伝えたい事などありますか?

A.伝えたい事はたくさんあります。でもそれは今の3年生が伝えてくれる事だと思っているので。みんなの時間をこの福興会議にいわば投資しているわけだから、その中で自分が良いなと思っているものをしっかりと次に繋いでほしいです。 その次に繋いでいくアクションこそ、私が出来た事だと思っています。福興会議という場所は自分にとっても必要な場所でもありましたが、様々な先輩方がその場所や時間を作ってくれたのだったら、その先輩の考えを後輩に繋いでいくのは自分の責務だと思い、福興会議のスペースを作ってきました。その結果として、後輩たちが考えて出した答えが最善なのかと思います。私が繋いだ物を、後輩たちにまた受け継いでいってもらいたいと思っています。

【インタビュイーからの報告】嶋崎史帆(福興会議4期生/文化財保存修復学科 1年)
漆を使った工芸品の伝統的技術を周知させ後世に伝えるため、作品は等身大の自分で制作しています。といった高橋さんの言葉は文化財修復学科の私と共通する事でした。「美術品の素晴らしさを後世に伝えるにはどのようにしたらいいのだろう。」 その事を高橋さんはクリエイターとして、私はコンサバターと言うだけで、目指すものは一緒でした。それをまた、復興支援に参加していたある経験から「自分が作るモノは愛された過去を持ち自然に朽ちてほしい。」このような考えを持つ高橋さんと話していると、地球、又は宇宙規模で今の自分と向き合っているのだなと感じます。自分の物差しだけではなく広く物事を見ているから出てくる言葉でした。私も高橋さんのように自分が属している学科に「何が必要とされていて、自分はどうすべきなのか。」というぶれない自分の考えを今後の学生生活でより確立していきたいと思います。

 ++++++++++++

 ②取材:大津悠美子 さん(福興会議1期生/企画構想学科4年)

Q.まずはじめに、大津先輩の卒業制作の内容について教えてください。

A.今回の卒制で、現在東北で作られている5つの調味料とその作り手の方々を紹介する、震災復興のためのラジオ番組を作りました。私は、入学前から震災復興に携わりたいという思いが明確にあり、大学の四年間、震災というキーワードと共に過ごしてきました。社会人となっても、将来ラジオの仕事に携わりたいという思いがあり、それと合わせた企画を何かできないかということで今回の制作に至っています。

yKU9Jf1A
大学生活で復興に携わるうちに3.11の日は「何かに感謝する日」であると数年を通して思いました。そこで私が人々に感謝を促せるようなことは一体何かと考えたとき、毎日のありふれた食事の風景、その中でも味の決めてとなる調味料で震災の今の状況を伝えることができたらなと思い、企画の趣旨を「東北さしすせそ」という番組名とし、東北の調味料を通し震災復興の今を伝える、一言でいえば「いつもの味に感謝する」ラジオ番組を作成しました。

Q.このラジオは来月3/11にFM山形さんで実際に放送予定という事ですが、このラジオを聞いてくださる方に、一番何を伝えたいですか?

A.このラジオを作る際に、震災復興のことを改めて考えました。このラジオをやって一体誰を幸せにできるのか、つまずくことも多々ありましたが、まずはこの紹介する商品を知って頂きたいです。このラジオを聞いて、商品を買ってみたりする事がこのラジオ番組のベストな形だと思っています。

HnBe4VqX

A.福興会議の後輩に伝えたいことはありますか。

A.復興とは、とても大きな枠の中にあると思っています。その中で着目するところは自分で探すことが大切です。与えられたテーマで復興支援に関わるのではなく、どんな支援をすれば人が幸せになるのか、誰のための企画なのかをきちんと考えて行動してほしいという事をこの場をお借りして伝えます。

【インタビュイーからの報告】木村梨穂(福興会議4期生/企画構想学科 1年)
仙台出身で、同じ企画構想学科の先輩である大津さんの言葉の中には、誰かの幸せを考えるワードがいくつも感じられ、企画の基盤となる人の心を幸せにしたい想いが伝わってきます。取材をして、復興という大きなくくりの中でも、学生一人の力が何かのために繋ぐ事が出来るのではないかと言う事を学び、私も先輩のように、自分の力が被災地に届き目に見えるような形で支援に携わることができれば、それが企画者という視点から考えた1番の支援なのではないかと感じました。大津悠美子さん制作のラジオ番組「東北さしすせそ」は3.11(水)12:00~12:55FM山形にて放送予定です。皆さん、是非お聞きください。

 ++++++++++++

③取材:今井雪愛さん(福興会議3期生/美術科 工芸コース4年)

Q.卒業制作のテーマを教えてください。

A.テーマは「空間体験と人格形成の関係性」です。小さいときの経験というものがその後の人生に与える影響を証明するというもので、建築家の経験に絞って、建築家がどうして建築に興味を持ったかを調べました。興味を持ったきっかけを集めていけばだれもが建築に興味を持てる入口を作れるのでは、と思い制作を始めました。

tU5Mzmhd
Q.制作で悩んだことはありますか。

A.本当は設計やデザインがやりたかったのですが、ここ3年くらい課題をこなすうちに「自分は設計はできないな」と悟ってしまいました。ものを形にすることができないなら、私ができるデザインとは何だろうと考えたときに「こういうことが大事」とか、「これがあったら便利じゃないか」という人を豊かにする事を考えるのが好きだということに気づきました。

Q.卒業制作のテーマが「教育」というジャンルに分類されていますが、教育に興味をもったきっかけはなんですか。

A.高校の頃、勉強にも部活にやる気のない生徒だったんです。そんな時、母に言われて渋々入った塾にすごく面白い英語の先生がいて。その先生は英語だけでなく、政治経済など色んな話を聞かせてくれました。その先生に教わるうちに、知らないことを知るということの喜びを知ったんです。それがきっかけ自分も誰かに知ってもらう、興味を持ってもらうということがしたいなと思うようになりました

3hFZxfXP

Q.福興会議から受けた影響は何かありますか

A.はじめは、復興という視点から子供達と関わるということに惹かれてキッズアートキャンプに参加しました。被災地の子供たちと話していて、子供たちに「〇〇やろうよ」って言っても乗り気になってくれないのですが、「どうだったの?」と聞くと自分のことを話してくれるんです。表情だけで子供の気持ちを読み取るのではなくて、子供から話を引き出して話させるということが子供の心の支えになったりするのではないかと思います。

【インタビュイーからの報告】伊藤ゆり (福興会議3期生/建築環境デザイン学科 1年)
やりたかったことが自分には向いていないかもしれないという、誰もが一度は抱える不安。そんな時、幼い頃の経験や思い出が、自分の将来を考えるヒントになるということを今井さんは教えてくださいました。偉大な建築家たちがそうであったように、私たちの経験や思い出の中にも将来を決めるきっかけというものが存在しているのかもしれません。被災地の子供たちが震災の記憶を言葉にすることで、記憶はより一層強いものになります。その経験は、彼らの将来に関わる一つのきっかけと成りうるのだと今回の取材を通し感じました。

 

取材コーディネート:目黒有貴子(福興会議2期生/グラフィックデザイン学科3年)