カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo そして僕は昨日からタイ北部の古都チェンマイにいます。川村亘平斎さんと、さまざまな事情で親から離れてくらす子供たちのためのホーム「バーンロムサイ」で影絵の上演。写真家の志鎌康平さんも取材旅行中のスリランカから合流。今夜、この幕で演じ… https://t.co/Y7MkUfzuzl
    2017.12.17
  • @miyamototo とんがりビルで開催中「畏敬と工芸」。初日の解説トークリレーは展示空間の四方をぐるりと聴客が囲むスタイルで実施。森岡督行さんのナビゲートで引き出された、それぞれの「畏敬と工芸」めぐる自分語り、聞きごたえがありました解説トークに参加で… https://t.co/a8XmVk3eUx
    2017.12.17
  • @miyamototo 始発の新幹線に乗り、東京とんぼ返りでミロコマチコさんと打ち合わせ。明日が展覧会オープンだというのに、1.5時間の打ち合わせのために往復6時間。だけど、同じように山形まで会いに来てくれる人もいる。その1.5時間で、数年先までが、いや… https://t.co/iRv0ygeCB3
    2017.12.14
  • @miyamototo とんがりビルで「畏敬と工芸」設営スタート。真室川から山神人形が到着。展示台は白ではなく、あえて蛇の目と籠目の文様を刷りました。明日の夜、研究会メンバーみんなで展示を完成させます。 https://t.co/L75Xmlag2j https://t.co/cOICsQp2c3
    2017.12.13
  • @miyamototo 新年の宮本企画1本目は山形県東根市出身の版画家ながさわたかひろ氏の個展。展示会場にながさわさんが常駐し、1日1枚「オレ新聞」を発行・掲示します。お楽しみに!|ながさわたかひろ滞在制作展「オレ新聞」1/13〜2/12 東根市公益文化… https://t.co/TKR3BvpP6m
    2017.12.12

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

みちのく潮風トレイル 700kmを歩いて(南下チーム)



続いて、南下チームの報告です。
南下チームは、青森県八戸市〜岩手県大船渡市のコースを歩きました。


_______________________________



【東北に残る和の心】高橋麻里子
(企画構想学科2年/福興会議3期生)

和の心とは、

「全員で輪になるように手をつなぎ助け合う」
という、精神のことをいいます。
わたしがこの旅を通して知りたかったことは、
その昔、蝦夷の時代から残る痕跡。そして、そこに住む、人の心です。

23日間あるいて出会った、和の心。
大きな敷地を、仮設住宅や仮設商店街として提供している。

採れた魚を全員で分け合っている。
震災のとき、家にある食べ物をすべて避難所にもって来てくれた人がいる。

ボランティアで来てくれていた人に、ずっと感謝し続けている。
いま、他の地で起こっている災害を、自分のことのように心配している。
どこから来たのかも分からない私たちを、あたたかく迎えて、話をきき、話をしてくれる。

ほかにも、たくさん。たくさん。
東北に、和の心は残っていました。

じぶんも東北に生まれ、東北で育った身として、
「和の心」を大切に生きてゆきたいと思いました。
残していかないと。と、思いました。

これから先、人の多い中での生活に息苦しさを感じたら。
あたたかい心に会いにいこう。この旅を、思い出そう。

mariko(2)
 
_______________________________

【いままでの東北・いまの東北・これからの東北】佐藤亨
(建築・環境デザイン学科3年/福興会議2期生)


旅から帰ってくると、ポストから郵便物があふれ、
自家用車のバッテリーが上がり、ベランダにあるプランターの植物は枯れていた。
アパートのある山形はもう一つの時間軸で動いたかのように感じた。 

歩くテーマを「いままでの東北・いまの東北・これからの東北」という時間軸で東北をみてみようとした。 
過去に東北の地では、津波の被害を何度もあっている。
この教訓を今に伝えているものがある、
「高き住居は、児孫の和楽 想へ悲禍.の大津浪 此処より下に家を建てるな」という碑。

また数万年前からできた三陸海岸部の風景となっている海食崖やリアス海岸の大自然。
数百年前から脈々と受け継がれている各地域の祭事。 
現在の観光資源、生活環境、復興状況、人々の心情。
未来へのまちづくりに対する希望、展望、それに対する不安…。 
この期間、歩く中でテーマにそう東北の一部を感じることできた気がする。

沿岸部を歩くと、3年半たった今でも震災当時の姿を残している場所がいくつもある。
地域の人と会話をする中で、すべての人が前を向いて歩いていないことも
現実として受け止めなければならなかった。

しかし前を向いて歩き始めている人たちに出会って自分自身も勇気をもらったこともあった。 
印象的だった観光業をしているご主人の言葉。
「君たちは未来の希望だ、頑張って歩き続けろ、
周りから何か起こることを期待しないで、自ら動いてつかみ取れ」と、
この旅を含め人生の長い旅の芯をついたエールをいただいた。 

この旅で一番大切なことは、現地に行かないと分からないことがあるということ。
歩くスピードで見て、感じる。そして伝えることの大切さ。
過去に学び、現在を見て聴いて感じて、そして未来を創造する。
東北は、大きな課題として人口減少という問題を抱えながら進んでいる。
これから先にその問題がどのように影響してくるか分からない、
でも希望を胸に今できる事を一つずつやっていきたいと旅を終えて思った。 

toru1