カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 新桐生から浅草へ。 いつか観た映画のワンシーンのような。 #桐生ぐらし https://t.co/aTVNdwCRTu
    2019.04.19
  • @miyamototo 桐生カトリック教会の黄色い光に包まれる。Ave verum corpus. https://t.co/iszW3rURuy
    2019.04.18
  • @miyamototo 起きがけに映像を見て、悲鳴を上げてしまった。2003年にシテ島の右岸・ポンマリーのたもとに1年間住んでいたので、毎日眺めていたノートルダム。永遠に続く風景のように思われたのに、、。パリ市民の衝撃はいかばかりか。
    2019.04.16
  • @miyamototo 家族。 小さい人に支えられている。与えられるより与える喜びのほうがずっと大きいとか、そういうこと。 https://t.co/NqV2HtfGKl
    2019.04.15
  • @miyamototo 自宅のある桐生市でも、街づくりのプロジェクトが動き出しました。寺社空間を核にして、地域のつながりと、街の外の人たちとの縁を編み直していくプロジェクト。飯山千里建築設計事務所のお二人の力を頼りに、地元有志で進めていきます。… https://t.co/FIZPj15vsR
    2019.04.15

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

卒業制作として「はまぐり堂」のカレー皿をつくりました。(堆朱あんな)

報告:堆朱あんな(福興会議1期生/美術科工芸コース漆専攻4年)
大学4年生の春、私はぼんやりと「卒業制作はどこかのカフェと一緒にお皿を作れないかな」と考えていました。その頃、偶然立ち寄ったギャラリーで「café はまぐり堂」のショップカードを手にしました。「café はまぐり堂」さんに協力をお願いするきっかけを探っていたところ、福興会議で「ゼンシンラジオ〜心を動かす、復興の声」の放送がはじまりました。ゼンシンラジオは、私たち学生が、被災地で未来に向かって「前進する」人々を紹介するコミュニティラジオ番組です。
第3回の放送で「caféはまぐり堂」のオーナー亀山貴一さんの「蛤浜再生プロジェクト」を紹介することになり、私はすぐに取材担当を申しでて、かつて「スマイルエンジン山形」で何度も通った石巻市牡鹿半島に向かいました。ラジオの取材のあと、卒業制作のお皿のことを亀山さんに相談したところ、快く受け入れてくださったのです。

DSC_0103DSC_0020

福興会議は、ゼンシンラジオをきっかけに、蛤浜再生のお手伝いを継続的におこなっています。そのボランティア活動の合間も、私は個人的にはまぐり堂に通い、人気メニューの「鹿カレー」(※牡鹿半島はその名の通り鹿がたくさん生息しています)のためのお皿のデザイン画や試作品を、亀山さんに見ていただきました。そして、木地挽きからはじめ、試行錯誤を重ねて8カ月、ついに漆塗りのカレー皿が完成ました。
亀山さんに完成したお皿を渡すため、牡鹿半島へ車を運転しながら、私は緊張していました。ですが、亀山さんとスタッフのみなさんは、私のカレー皿をとても喜んでくださり、安堵しました。私自身も、4年間、大学で工芸制作を学んできたなかで、これまでにない喜びを感じた瞬間でした。
お店で日常使いするカレー皿として、ちゃんと機能的にできているのか、不安もありますが、はまぐり堂さんのためのお皿づくりを通して、つくり手として自信もついた気がします。漆器は使いこんでいくと色や手触りが変わっていきます。私の卒業制作も「café はまぐり堂」とともに変化していければいいなぁと思っています。

DSC_0140