カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo フランス人陶芸家ブルーノ・ピーフルさんが、ここ数年の展示や出版のお礼にと、我が家の姉妹をつくってくださいました。下の宇宙人みたいなのは僕。初見では、どう解釈したらよいか困ったのですが(笑)、子どもの健やかな成長を見守る親の愛を表現… https://t.co/ddOZ7AEUKR
    2018.11.16
  • @miyamototo 「すべての人々よ、団結せよ」:タイのHIPHOPプロジェクト〈RAD〉 https://t.co/acBGhORPBb @i_d_japanさんから
    2018.11.14
  • @miyamototo kanabouで手がけた、荒井良二さんのピクチャーブック『山のヨーナ』。書店販売はしていませんが、webから購入可能。順次開催される台湾や東京での展示で完売が予想されるので、ご希望の方はお早めにどうぞ。… https://t.co/poO18bbHsm
    2018.11.14
  • @miyamototo 続き)地域社会とダイレクトに関わろうとするとき「(動詞として)アートを使いこなす」ディレクションと、それができるクリエイターが必要。東日本大震災もあったし、僕らには自然なアプローチだけど、東京でつくったら別のスタンスになるかもしれ… https://t.co/d5hsVF7Vkw
    2018.11.13
  • @miyamototo 山形ビエンナーレで手がけた企画を少しずつアップ。トラフ建築設計事務所、飛田正浩、WOW、森岡督行など。僕にとって「アート」は動詞なので、マーケット的な意味でプロ・アーティストよりも、その外で自立してるクリエイターのつくるアートに関… https://t.co/vsMAVxRZKG
    2018.11.13

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」をサポートしました。

半年ぶりの報告、失礼しました。2016年度の上半期は、2年ぶり2回目の開催となった芸術祭「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」の各プロジェクトをサポートしました。→ http://biennale.tuad.ac.jp
山形ビエンナーレは、東日本大震災以降、私たち東北芸術工科大学とともに、被災三県での教育支援プロジェクトに取り組んだクリエイターとのつながりのなかから、はじまった芸術祭です。今回も、絵本作家の荒井良二さんとミロコマチコさん、sporken words projectの飛田正浩さん、書家の華雪さん、DIYメーカー石巻工房、詩人の和合亮一さん、影絵師の川村亘平斎さんなど、お世話になったみなさんが招待作家として参加され、半年から1年の期間を費やして、山形の人々と協働で作品を制作・発表しました。

「ヘビワヘビワ ー福島県南相馬市小高区大悲山の大蛇伝より」山形ビエンナーレ2016での再演

「ヘビワヘビワ ー福島県南相馬市小高区大悲山の大蛇伝より」山形ビエンナーレ2016での再演


現在、福興会議に在籍する、玉手りか、半澤青空、嶋崎史帆、遠藤百笑、菅原葵、木村優香と、大学院宮本研の院生4名の計10名は、それぞれにアーティストのすぐそばでプロジェクトをサポートする、(実に頼もしい)学生スタッフとして活躍しました。福興会議での経験が、足元の文化振興の若い推進力となり、その経験知・実践知がまた、東北・被災地に限らず、さまざまな地域づくりや、新しいライフスタイルの醸成に活かされていくことを願っています。
2016年度の下半期は、石巻「まちの本棚」にて、石巻工房のDIYキット「DIY picnic」を活用したワークショップと、昨年に引き続き、牡鹿半島蛤浜で期間限定のギャラリー「鹿画廊」の開廊を準備しています。これらの活動にあたっては、国際ソロプチミスト山形からのご支援をいただきました。ここに厚く御礼を申しあげます。

宮本武典(東北芸術工科大学准教授)