カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo まなびあテラスで開催中、spoken words projectによるローカル&オーダーメード「本の服のスタディ」。会期はあと2週間ですがブックカバーとブックトートは売約終了。残るはエプロン数着となりました。売れてくれると嬉しいし… https://t.co/opVJOOwDmO
    2017.06.26
  • @miyamototo 今日はタイ・チェンマイにあるエイズ孤児たちの生活施設「バーンロムサイ」のみなさんと打ち合わせ。葉山・山形・チェンマイ・銀座をむすぶプロジェクトの方向性が決定。大学卒業後の4年間を首都バンコクで暮らしましたが、めぐりめぐってまたタイ… https://t.co/7Mu0RYI75E
    2017.06.26
  • @miyamototo 人工の森の宝石。 https://t.co/blm0vwLmWl
    2017.06.25
  • @miyamototo お湯を沸かすのもてんやわんやの小5。このあと無事、キュウリの浅漬けをお茶うけに、おいしい緑茶をいただきました。授業参観です。 https://t.co/TZeWcqF3gt
    2017.06.24
  • @miyamototo {メンバー募集}森岡督行さんと山形で月1定例の夜間研究会。テーマは「畏敬と工芸」。発足にあたり、7/8[土]に「畏敬と工芸」とはなんぞやという話を、森岡さんにしていただきます。僕も前座で少し。要予約→森岡督行の「畏敬と工芸」のはな… https://t.co/EbGr3J1eHR
    2017.06.23

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)

 石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に携わり、翌2013年にゼンシンラジオ取材の際にはじめて牡鹿半島にある蛤浜と一軒のカフェを知ります。海風を直に受ける立地にあるカフェはまぐり堂。ラジオ取材をした3月の終わりは春のにおいと強いつよい風が吹いていたことを思い出します。カフェのオーナー亀山貴一さんが想い描く蛤浜の未来、石巻の未来の話から取材後もボランティア活動を通して交流が続きました。石巻は人の顔がよく見える街です。次々に出会う大人たちのこの街で生きていく”覚悟”や”熱量”にいつも心が動かされました。石巻は震災後から関わった人々にとってとても居心地の良い、そして常に挑戦し続けることのできる風通しの良さ、そういったものがあるとその頃はまだふんわりと思っていました。

  復興の形はボランティアから観光へ。被災地と呼ばれた土地との関わり方に変化が出てきたのはゼンシンラジオの放送が終了した頃でした。傷跡のみでなく元からその土地の持つ魅力や、まちづくりの新たな動きに惹かれていました。その頃から、直接的なボランティアではなく亀山さんに会いに、風景を見たくて、石巻へ向かっていました。

12032928_486902481470240_2513695728268351801_n

 フリーペーパーのお話を頂いたのは2015年の初夏でした。街の今現在を紹介し、観光に来た人を導ける地図をつくり始めました。石巻をつくる人たちのものづくり、そこから街が出来ていくものがたり。はまぐり堂では移住した方たちから「この街に来てしたかった暮らし方ができている。」「石巻は新たな挑戦をする人を応援する空気がある。」という声を聞くことが出来ました。震災後の石巻へ抱いていた”風通しの良さ”のようなものが確信に変わったのはこの時です。

  実際に取材を行ったのはまだ秋になりきらない9月。学生ふたりで一週間、渡波の民宿に泊まりながら分担して9つのお店を取材しました。この9つのセレクトははまぐり堂のメンバー、取材したのは震災を機に移住や新しい挑戦をした人々です。取材を通して震災からの4年半の歩みを聞くことが出来ました。おなじ街に住む者同士、意見交換をしながら支え合いお店やものづくりは日々たくましさを増しています。石巻だからこそ出来た試み、この街の愛おしいところ。自転車で街を走り、おすすめされたお店を訪ねる、ひとつひとつ丁寧に向き合うことができました。

 —————————————————-

●About ISHINO making
これは東日本大震災をきっかけに、宮城県石巻市に移住した人、帰ってきた人、あたらしい生き方をはじめた人による、ものづくり・場づくりを紹介する冊子です。牡鹿半島の浜のカフェで働く若者たちと、二人の美大生が、あの日のあと、この街に生まれている素敵なお店や商品のことを、遠くまで伝えたくて、つくった冊子です。仲間とともに築く、震災後のあたらしい石巻。あなたにも歩いてほしい、出会ってほしい、海風の街の9つのものがたり。

This booklet introduces manufacturing and community development performed by individuals who moved to or returned to and started to live new lives in Ishinomaki City, Miyagi Prefecture because of the Great East Japan Earthquake and Tsunami of March 2011. A group of youth who work at a seaside cafe on the Oshika Peninsula collaborated with 2 art students to make this booklet. The team hoped to tell, far and wide, about the shops and products that were created in the city after the earthquake and tsunami. People are now getting together and making a new Ishinomaki after the disaster. We wish that these 9 stories will encourage you to get to know and walk around the city of the blowing sea-breeze, Ishinomaki.

(01) 結日丸~funade~

(02) 日和キッチン

(03) 四季彩食いまむら

(04) BLUE RESISTANCE

(05) ロングビーチハウス

(06) 石巻工房

(07) フィッシャーマン・ジャパン

(08) cafe はまぐり堂

(09) ハイブリッジ

01 Tree Tree Ishinomaki/02 大成苑 /03 カフェトレ /04 四釡商店 /05 ニュー魯曼停 /06 観慶丸本店 /07 まちの本棚 /08 橋通りCOMMON /09 FUTABA INN/10 川の上、百俵館/11 三輪田窯 /12 くさかんむりcafe/13 追分温泉 /14 かき小屋渡波 /15 割烹民宿めぐろ/16 石巻市おしか御番所公園

—————————————————-

IMG_68633rd のコピー2

 「ISHINOmaking」石巻が作られていくその様子、石巻で作られているものづくり。この冊子を手に石巻をふかく、味わって頂けばと思います。個人的に4年間の集大成として関わりを持った土地に恩返しが出来たと思います。自分を成長させてくれた土地を”ふるさと”と言うのならこの土地は紛れもなくわたしの”ふるさと”です。


春はもうすぐそこ、みなさんもぜひ石巻へ行ってみてください。

12003143_715986695173912_3140927963094961205_n

 
<ISHINO MAKING 編集後記>

亀山貴一
震災から5年が経過しても復興はまだまだ道半ば。課題先進地と呼ばれる沿岸部。しかしながら、その中で生き方を変え、新たな魅力をつくっている人々がいます。もう被災地だからではなく、楽しい、熱い、そんな想いで石巻へ訪れて欲しいと思います。お陰様で石巻の躍動感が伝わるフリーペーパーができました。取材にご協力下さった皆様に心から感謝申し上げます。多くの方に石巻の魅力が届きますように。

是恒さくら
2014年に初めて訪れ、幾度となく通ってきた石巻。その度に出会いの輪が広がる大切な場所です。ものづくりや食、音楽、自然と触れ合う活動などを通して石巻の魅力を発信している方々にお会いし、新しいものをつくることへの情熱とこれからつくる石巻への期待を受け取りました。

梅原もも子
石巻はとても心地のよい街です。取材で一週間滞在した際、市内の移動には自転車を使いました。海に反射する光は美しく知っている道が増えていく喜びと、知らない風景を教えてくれる人々に出会えました。震災後のボランティア活動がきっかけとなりこの冊子制作に携わることができたことを嬉しく思います。街がつくられていくその熱量が伝われば幸いです。

 ======================================

仕様:全16ページ/フルカラー
発行:2016年2月6日
発行部数:20000部
企画編集:一般社団法人はまのね(亀山貴一、島田暢、芳野恭子、亀山知枝、宮城了大、鈴木貴美子、前田理子)
取材:是恒さくら、梅原もも子
翻訳:是恒さくら
デザイン:小板橋基希+小谷拓矢(アカオニデザイン)
写真:志鎌康平(アカオニデザイン)
アドバイザリー:宮本武典(東北芸術工科大学准教授)