カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

News

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」をサポートしました。

半年ぶりの報告、失礼しました。2016年度の上半期は、2年ぶり2回目の開催となった芸術祭「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」の各プロジェクトをサポートしました。→ http://biennale.tuad.ac.jp
山形ビエンナーレは、東日本大震災以降、私たち東北芸術工科大学とともに、被災三県での教育支援プロジェクトに取り組んだクリエイターとのつながりのなかから、はじまった芸術祭です。今回も、絵本作家の荒井良二さんとミロコマチコさん、sporken words projectの飛田正浩さん、書家の華雪さん、DIYメーカー石巻工房、詩人の和合亮一さん、影絵師の川村亘平斎さんなど、お世話になったみなさんが招待作家として参加され、半年から1年の期間を費やして、山形の人々と協働で作品を制作・発表しました。

「ヘビワヘビワ ー福島県南相馬市小高区大悲山の大蛇伝より」山形ビエンナーレ2016での再演

「ヘビワヘビワ ー福島県南相馬市小高区大悲山の大蛇伝より」山形ビエンナーレ2016での再演


現在、福興会議に在籍する、玉手りか、半澤青空、嶋崎史帆、遠藤百笑、菅原葵、木村優香と、大学院宮本研の院生4名の計10名は、それぞれにアーティストのすぐそばでプロジェクトをサポートする、(実に頼もしい)学生スタッフとして活躍しました。福興会議での経験が、足元の文化振興の若い推進力となり、その経験知・実践知がまた、東北・被災地に限らず、さまざまな地域づくりや、新しいライフスタイルの醸成に活かされていくことを願っています。
2016年度の下半期は、石巻「まちの本棚」にて、石巻工房のDIYキット「DIY picnic」を活用したワークショップと、昨年に引き続き、牡鹿半島蛤浜で期間限定のギャラリー「鹿画廊」の開廊を準備しています。これらの活動にあたっては、国際ソロプチミスト山形からのご支援をいただきました。ここに厚く御礼を申しあげます。

宮本武典(東北芸術工科大学准教授)

News

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊 2015-2016)

3月11日に、1年間の活動をふりかえる。

本日、東日本大震災の発生から5年目を迎えました。福興会議・宮本研究室では現在、宮城県石巻牡鹿半島蛤浜でギャラリー「鹿画廊」の開廊と、震災後のものづくりを紹介するフリーペーパー『ISHINOmaking』の配布を、地元の方々とともにおこなっています。石巻ではその他に、「シビックプライド会議石巻」にも継続的に参加してきました。
福島では、南相馬市小高区に伝わる民話を地元のご家族と影絵で演じた『ヘビワヘビワ〜福島県南相馬市小高区の大蛇伝より』(東北芸術工科大学こども劇場/福島稲荷神社境内)や、震災後はじめて開催された音楽フェス『FOR座LEST』(福島市民家園)でDIYのワークショップを、石巻工房と連携しておこなうなど、教育支援をおこなってきました。
石巻でも福島でも、4年目は「支援する」から「ともにつくる」へ、「記録する」だけでなく「表現する」へ、変化しています。活動の頻度は震災直後に比べれば少なくはなっているものの、学生の本分であるそれぞれの制作・研究と両立させながらの活動となりました。5年目も、復興に向けた大きなうねりに合流していくのではなく、私たちの専門性を活かしながら等身大のボランティアを、地域再建に奮闘する各地の方々とともに続けて参ります。

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)

『わたしの絵鹿』古田和子(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)

『わたしの絵鹿』古田和子(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)

『〈鹿画廊〉の暖簾』吉田勝信(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)
『〈鹿画廊〉の暖簾』吉田勝信(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)
『石の器』高木しず花(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)
『石の器』高木しず花(鹿画廊2015-2016/石巻市牡鹿半島蛤浜)

フリーペーパー『ISHINOmaking』

フリーペーパー『ISHINOmaking』

12325418_781869081919006_469892292_n

『ヘビワヘビワ〜福島県南相馬市小高区の大蛇伝より』(キッズアートキャンプ山形2015)

『ヘビワヘビワ〜福島県南相馬市小高区の大蛇伝より』(キッズアートキャンプ山形2015)

『ヘビワヘビワ〜福島県南相馬市小高区の大蛇伝より』公演風景(ふくしま未来の祀/福島稲荷神社境内)『ヘビワヘビワ』公演風景(ふくしま未来の祀り/福島稲荷神社境内)

『DIY Kit Program_bento』ワークショップブース(FOR座LEST2015/福島市民家園)
『DIY KitProgram_bento』ワークショップブース(FOR座LEST2015/福島市民家園)

『DIY Kit Program_bento』

『DIY Kit Program_bento』

 

 

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)

 石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に携わり、翌2013年にゼンシンラジオ取材の際にはじめて牡鹿半島にある蛤浜と一軒のカフェを知ります。海風を直に受ける立地にあるカフェはまぐり堂。ラジオ取材をした3月の終わりは春のにおいと強いつよい風が吹いていたことを思い出します。カフェのオーナー亀山貴一さんが想い描く蛤浜の未来、石巻の未来の話から取材後もボランティア活動を通して交流が続きました。石巻は人の顔がよく見える街です。次々に出会う大人たちのこの街で生きていく”覚悟”や”熱量”にいつも心が動かされました。石巻は震災後から関わった人々にとってとても居心地の良い、そして常に挑戦し続けることのできる風通しの良さ、そういったものがあるとその頃はまだふんわりと思っていました。

  復興の形はボランティアから観光へ。被災地と呼ばれた土地との関わり方に変化が出てきたのはゼンシンラジオの放送が終了した頃でした。傷跡のみでなく元からその土地の持つ魅力や、まちづくりの新たな動きに惹かれていました。その頃から、直接的なボランティアではなく亀山さんに会いに、風景を見たくて、石巻へ向かっていました。

12032928_486902481470240_2513695728268351801_n

 フリーペーパーのお話を頂いたのは2015年の初夏でした。街の今現在を紹介し、観光に来た人を導ける地図をつくり始めました。石巻をつくる人たちのものづくり、そこから街が出来ていくものがたり。はまぐり堂では移住した方たちから「この街に来てしたかった暮らし方ができている。」「石巻は新たな挑戦をする人を応援する空気がある。」という声を聞くことが出来ました。震災後の石巻へ抱いていた”風通しの良さ”のようなものが確信に変わったのはこの時です。

  実際に取材を行ったのはまだ秋になりきらない9月。学生ふたりで一週間、渡波の民宿に泊まりながら分担して9つのお店を取材しました。この9つのセレクトははまぐり堂のメンバー、取材したのは震災を機に移住や新しい挑戦をした人々です。取材を通して震災からの4年半の歩みを聞くことが出来ました。おなじ街に住む者同士、意見交換をしながら支え合いお店やものづくりは日々たくましさを増しています。石巻だからこそ出来た試み、この街の愛おしいところ。自転車で街を走り、おすすめされたお店を訪ねる、ひとつひとつ丁寧に向き合うことができました。

 —————————————————-

●About ISHINO making
これは東日本大震災をきっかけに、宮城県石巻市に移住した人、帰ってきた人、あたらしい生き方をはじめた人による、ものづくり・場づくりを紹介する冊子です。牡鹿半島の浜のカフェで働く若者たちと、二人の美大生が、あの日のあと、この街に生まれている素敵なお店や商品のことを、遠くまで伝えたくて、つくった冊子です。仲間とともに築く、震災後のあたらしい石巻。あなたにも歩いてほしい、出会ってほしい、海風の街の9つのものがたり。

This booklet introduces manufacturing and community development performed by individuals who moved to or returned to and started to live new lives in Ishinomaki City, Miyagi Prefecture because of the Great East Japan Earthquake and Tsunami of March 2011. A group of youth who work at a seaside cafe on the Oshika Peninsula collaborated with 2 art students to make this booklet. The team hoped to tell, far and wide, about the shops and products that were created in the city after the earthquake and tsunami. People are now getting together and making a new Ishinomaki after the disaster. We wish that these 9 stories will encourage you to get to know and walk around the city of the blowing sea-breeze, Ishinomaki.

(01) 結日丸~funade~

(02) 日和キッチン

(03) 四季彩食いまむら

(04) BLUE RESISTANCE

(05) ロングビーチハウス

(06) 石巻工房

(07) フィッシャーマン・ジャパン

(08) cafe はまぐり堂

(09) ハイブリッジ

01 Tree Tree Ishinomaki/02 大成苑 /03 カフェトレ /04 四釡商店 /05 ニュー魯曼停 /06 観慶丸本店 /07 まちの本棚 /08 橋通りCOMMON /09 FUTABA INN/10 川の上、百俵館/11 三輪田窯 /12 くさかんむりcafe/13 追分温泉 /14 かき小屋渡波 /15 割烹民宿めぐろ/16 石巻市おしか御番所公園

—————————————————-

IMG_68633rd のコピー2

 「ISHINOmaking」石巻が作られていくその様子、石巻で作られているものづくり。この冊子を手に石巻をふかく、味わって頂けばと思います。個人的に4年間の集大成として関わりを持った土地に恩返しが出来たと思います。自分を成長させてくれた土地を”ふるさと”と言うのならこの土地は紛れもなくわたしの”ふるさと”です。


春はもうすぐそこ、みなさんもぜひ石巻へ行ってみてください。

12003143_715986695173912_3140927963094961205_n

 
<ISHINO MAKING 編集後記>

亀山貴一
震災から5年が経過しても復興はまだまだ道半ば。課題先進地と呼ばれる沿岸部。しかしながら、その中で生き方を変え、新たな魅力をつくっている人々がいます。もう被災地だからではなく、楽しい、熱い、そんな想いで石巻へ訪れて欲しいと思います。お陰様で石巻の躍動感が伝わるフリーペーパーができました。取材にご協力下さった皆様に心から感謝申し上げます。多くの方に石巻の魅力が届きますように。

是恒さくら
2014年に初めて訪れ、幾度となく通ってきた石巻。その度に出会いの輪が広がる大切な場所です。ものづくりや食、音楽、自然と触れ合う活動などを通して石巻の魅力を発信している方々にお会いし、新しいものをつくることへの情熱とこれからつくる石巻への期待を受け取りました。

梅原もも子
石巻はとても心地のよい街です。取材で一週間滞在した際、市内の移動には自転車を使いました。海に反射する光は美しく知っている道が増えていく喜びと、知らない風景を教えてくれる人々に出会えました。震災後のボランティア活動がきっかけとなりこの冊子制作に携わることができたことを嬉しく思います。街がつくられていくその熱量が伝われば幸いです。

 ======================================

仕様:全16ページ/フルカラー
発行:2016年2月6日
発行部数:20000部
企画編集:一般社団法人はまのね(亀山貴一、島田暢、芳野恭子、亀山知枝、宮城了大、鈴木貴美子、前田理子)
取材:是恒さくら、梅原もも子
翻訳:是恒さくら
デザイン:小板橋基希+小谷拓矢(アカオニデザイン)
写真:志鎌康平(アカオニデザイン)
アドバイザリー:宮本武典(東北芸術工科大学准教授)

Events

8/22未来の祀り ヘビワヘビワ奉納

報告:目黒有貴子(グラフィックデザイン学科4年/福興会議2期生)

前回の山形公演から引き続き、川村亘平斎さんのサポート役として臨んだ今回の福島公演。外での演目は天候との戦いでもありましたが、市街地はずれの信夫山から吹く、夜の風を感じながら演じる影絵は、観客の人との一体感をよりいっそう感じられる心地の良い舞台となりました。

私は南相馬市の出身ではありますが、このプロジェクトのために調べる前まで、大悲山の物語を知らないままでいました。 故郷の人々が、このお話を福島市で演じられた事は「語り継ぐ」ことの大切さを思い出されます。

来年、山形ビエンナーレにて再演されるヘビワヘビワ。 私は卒業し参加はできませんが、昔の人々が遺したこの物語を東北の地で新入生や新たに影絵の演劇に加わる方に引き継ぐかたちで、公演できることをこころ待ちにしています。

 R0001946

報告:遠藤百笑(コミュニティデザイン学科1年生/福興会議5期生)

たたらば連では、南相馬の子どもたちのサポートとして一緒になってご先祖様の人形を作ったり、演じる練習をしました。子どもたちの持つ集中力と好奇心、そしてエネルギーに何度も助けられました。キッズアートキャンプ、山形公演が終わった後も影絵に夢中になって練習していたそうで、福島公演では特に影絵の幕の裏で子どもたちが笑顔で、自分の役を生き生きと演じていました。

福島公演では私も福島県出身でご先祖様が南相馬にいたということもあり、ご先祖様の人形を南相馬の子どもたちに混ざって演じさせていただきました。子どもたちの持つ力や、影絵の世界、自分のご先祖様、これからの福島など、様々なことを考えさせられました。子どもたちにとっても今回作り上げた影絵は大きな経験になったのではないかと思います。

 

報告:梅原もも子(洋画コース4年/福興会議2期生)

昔は地崩れのことを蛇崩れといったように蛇は自然の神様でした。この南相馬の物語でも蛇は決して悪者ではなく、人間と自然とをつなぐ役割でありすぐ近くにいる崇拝すべき対象でした。

今回、大人たちは大蛇を演じました。蛇のお頭とそこにぞろぞろと続く不気味な鱗を一枚一枚持ち、列になって影を作ります。途切れることなく、ゆっくりと、重々しく、威厳を持って、わたしたちの演じた蛇の影を動画で確認するとそういった印象を受けます。この鱗については川村亘平斎さんが実際に大悲山の磨崖仏を見て石の持つ力に魅せられ、着想を得たそうです。石のように重く、そこにじっといる力、石の持つ魔力のようなものを今回は大蛇の鱗としました。また演じている大人たちを見つめる子供の顔も深く印象に残っています。大人たちは真剣な表情で影を見つめ間合いを計り、中腰でゆっくり横に移動していきます。その影を見つめる瞳や顔つきに彼らは父/母ではない存在として親をみていたのかもしれません。

11902254_704660702973178_6781666775506528685_n


またキッズアートキャンプでの山形公演を終えて、福島の物語を福島で上演出来ることを嬉しく思いました。様々な土地に眠る物語や沈黙した歴史を影で伝えていくことはとても意味のあることだと思います。参加された3つの家族と学生、職員は大きな家族のようで旅芸人のようでもありました。また別の地でこの物語が語られ、誰かの記憶に残れば幸いです。ヘビワヘビワ、またいつかどこかでお会いしましょう。

 

Events

8/8~10 キッズアートキャンプ2015

報告:奥山直(福興会議4期生/コミュニティデザイン学科2年)

福島県南相馬市のご家族が、東北芸術工科大学内こども劇場でアーティストと創作を楽しむアート林間学校「キッズアートキャンプ山形」。今夏は影絵師の川村亘平斎さんを講師に迎え、南相馬市小高区に伝わる大蛇伝をもとに影絵芝居をつくりました。

11817079_698732463566002_176359186222797442_n11813533_698990323540216_5774930427616685715_n 8月10日、キャンプの最終日に影絵芝居には「ヘビワヘビワ」が上演されました。劇中の演奏を担当するのはシタール奏者のGO ARAIさんと、和太鼓奏者の五十嵐香乃さん。会場となったこども劇場は、お母さんのお腹の中をイメージしてつくられた、天井の高い円形のホール。劇場のステージの上に高さ3.5メートル幅5.4メートルの巨大な白いスクリーンを張り、その裏からライトを当てて影を映し出す仕組みとなっています。

この物語は南相馬にあった電波塔が登場するシーンからはじまり、旅をする琵琶法師、玉市(たまいち)とカエルが登場、旅の途中に南相馬に立ち寄ります。冒頭、南相馬の村人たちと出会いたくさんの温かい施しを受ける場面があります。この村人たちはキャンプ参加者のご先祖をモチーフにしていおり、それぞれ時代や職種は様々です。例えば米やメロンを作っている農家からは作物を、生地の仕立て屋からは旅のお供に足袋を、刀研ぎ師や地主からもあたたかい施しを受けながら玉市とカエルは大悲山を目指します。川村亘平斎さん演じる玉市と村人の掛け合いはほとんどがアドリブ。緊張感がありながらもユーモラスな会話が観客を惹き付けます。演者の緊張や、高揚感がスクリーン越しに伝わり、観客も一緒になって物語が生まれる様子を見守っていました。来場者されたのは子供を連れた方が多く、主人公のお供であるカエルの影がスクリーンに映し出されると、子どもたちが身を乗り出して食い入るように影絵を見つめるのが印象的でした。

Evernote Camera Roll 20150819 230542

 物語は大悲山でのお籠りから大蛇との戦いに変わっていきます。これまでの演出は家族ごとでしたがここからは大人たちは大蛇を演じ、子供達は大蛇退治の村人になります。家にある鉄製品を蛇退治の釘に変えるシーンから、はじめてスクリーンに実寸大の子供の影が写し出されます。一人ひとりの愛らしい影がぐさりと痛そうな釘を持ち、血気盛んに立ち上がる場面は影を見ているのにも関わらず彼らの表情がわかるかのようでした。

11036704_699787706793811_8893835529483801110_n

11822595_699787766793805_573765010046938692_n

また大人たちも約20人、頭と鱗を持ちぞろぞろとゆっくり地を這う様は圧巻です。巨大スクリーンにギョロリとした大蛇の瞳、大きな鱗、観客の子供からは「怖い!」という声が聞こえます。

蛇の退治により村に平穏が訪れるハッピーエンド。しかし屍となった蛇も最後はスクリーンの前に出てきてぐるぐると影になり、実像になりを繰り返します。ヘビワヘビワ、言い伝えの昔話はその土地の出来事を反復しながら現在へと、物語は巡ります。

 

南相馬市小高区は震災から5年経った現在も居住制限が続き、未だあちこちで除染作業がおこなわれています。この物語を語り継ぐ人も、少なくなっているのが現状です。今回演じられた大悲山の大蛇伝は、影絵づくりを通して子どもたちに伝えられるとともに、「ヘビワヘビワ」という新しい物語を生み出しました。“影”は古くから神様やご先祖さまを意味します。見えないものを影絵で演じることが、忘れられた記憶を呼び起こし、傷ついた自然や人びとへの鎮魂の舞となるのではないでしょうか。ヘビワヘビワ。次回公演は8月22日ふくしま未来の祀りにて→(http://www.mirainomatsuri-fukushima.jp )

11224161_698732540232661_4215056578642395942_n

11846699_700362900069625_2845033768093221618_n