カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 続き)この日に撮影した130名の市民が〈こけし化〉する、WOWの映像インスタレーション「YADORU」は、9/1〜文翔館で公開。可愛いけどちょっとオソロシイ風景になるかも。僕らも予想がつきません。どうぞお楽しみに。→… https://t.co/ExhfH3uxWE
    2018.08.14
  • @miyamototo 山形ビエンナーレをつくる日々を写真と文で綴る「みちのおく百景」更新。第56景はお盆らしい内容に。先月、WOWメンバーとの公開対話で盛り上がった「人は死ぬと徐々に記号化して〈先祖〉になる」という話。写真は志鎌康平さんです。→ 「こけ… https://t.co/CihiRjdJkA
    2018.08.14
  • @miyamototo 続き)妻と二人、バンコク→東京→パリ→山形と、夫婦舟のように生きてきましたが、やっと船長(=妻)が仕切るキッチンをつくることができて嬉しい。家族の中心は料理。山形ビエンナーレ2018開幕と同時に完成かな。そこから家具を選んで、庭に… https://t.co/Idop9gim2J
    2018.08.14
  • @miyamototo 桐生でリノベ中の自邸をチェック。アトリエになる離れの外壁塗装が終了し、母屋には照明器具や各種設備もつきはじめた。はじめての家づくりだし、もとが築55年の古い家なので、思い通りにいかないことも多々ありますが、建築家の井上貴詞さんが限… https://t.co/cWck4LfEYt
    2018.08.14
  • @miyamototo 山形ビエンナーレは地域のお祭りなので入場料はかかりません。基本タダで楽しめます。なので僕らの方も無理して平日開けないし、入場収入がないので何百万も制作費がかかるガイドブックはつくりません。案内スタッフも学生。不案内かもしれませんが、ご一緒に楽しめたらと思います。#山形ビエンナーレ
    2018.08.13

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で「鹿画廊」はじめます。

24
石巻市牡鹿半島の古民家カフェ「はまぐり堂」のショップ「高見」内に、東北芸術工科大学の学生・卒業生のクラフトを扱う期間限定のギャラリーをオープンさせます。また現在、震災後に石巻で生まれたモノづくりの場・人・コミュニティーを紹介する冊子も「はまぐり堂」のみなさんと作成中。こちらは2016年2月発行予定です。学生ボランンティアバス「スマイルエンジン山形」の瓦礫撤去からはじまった牡鹿半島での活動が、震災から5年が経ち、ようやくものづくりへとシフトしてきました。ぜひご来店ください。


鹿画廊
[しかがろう]2015-2016・冬
はまぐり堂のショップ「高見」奥にある、 六畳ほどの明るいひと隅に、 期間限定の画廊をひらきます。 その名も鹿画廊。 展示販売するのは、 海の潮に洗われた、漂着物のように清々しい、 陶器、絵馬、リトルプレス、装身具など、 牡鹿半島の自然からインスピレーションを得て 生み出される品々。 そのうちのいくつかは、 この浜で働く若者たちと共同でつくりました。

企画協力:東北芸術工科大学宮本武典研究室
宣伝美術:吉田勝信(アトツギ編集室)

[01|やきもの]
IMG_2875
「蛤浜の“ちい器”はこんなふう」高木しず花
2015年12月18日[金]→2016年1月17日[日]
さまざまな地域を訪ね、その土地の営みをユニークな器と料理で表現している高木さん。今回は、はまぐり堂の厨房スタッフとあれこれ相談して、某人気メニューのために漂着物を模った器をつくってみようかと。カフェで実際に使っていただけます。*年末年始のお休みは12/29~1/6です。

[02|板絵]
furuta「わたしの絵鹿」古田和子
2016年1月22日[金]→2月14日[日]
半島の神獣である野生の鹿を、日本画家の古田和子さんが杉材に描いて、オリジナルの絵馬に仕立てます。使用する板は、はまぐり堂の島田暢さんが、地元の間伐材から切り出してくださいます。*スタッフ研修のため会期終了後の2/16~2/24は閉店させていただきます。ご了承ください。

[03|リトルプレス]
11013127_107515426259094_3999715315036559468_n「ありふれたくじら」是恒さくら
2016年2月26日[金]→3月20日[日]
牡鹿半島では、古くから捕鯨がおこなわれてきました。アラスカで先住民芸術を学んだ是恒さくらさんが、浜のお年寄りたちの鯨にまつわる思い出を、美しいリトルプレスにまとめます。あわせて、鯨のヒゲや鹿の冬毛など、天然素材でつくった装身具を制作・販売いたします。

会場:cafe はまぐり堂・高見
石巻市牡鹿半島の小さな集落 蛤浜。震災で大きな被害を受け、残ったのはわずか二世帯。それでも美しい自然は変わらずそこにありました。この大好きな浜に再び笑顔が戻ることを願い、築約100年の古民家を多くの手で改修してカフェにしました。海と山、自然からの恵みを活かし、新たな浜の暮らしの魅力を作っていきます。
25
〒986-2354宮城県石巻市桃浦字蛤浜18
営業時間:10:30~17:00(火曜・水曜定休)※冬季(12月〜2月)は16:00閉店です。
☎ 0225-90-2909 http://hamagurihama.com/cafe/
アクセス……三陸自動車道石巻河南ICより車で30分/石巻駅前2番のりばよりミヤコーバス鮎川行き(鮎川線)で40分。蛤浜バス停下車、徒歩2分。駐車場あり。