カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 新桐生から浅草へ。 いつか観た映画のワンシーンのような。 #桐生ぐらし https://t.co/aTVNdwCRTu
    2019.04.19
  • @miyamototo 桐生カトリック教会の黄色い光に包まれる。Ave verum corpus. https://t.co/iszW3rURuy
    2019.04.18
  • @miyamototo 起きがけに映像を見て、悲鳴を上げてしまった。2003年にシテ島の右岸・ポンマリーのたもとに1年間住んでいたので、毎日眺めていたノートルダム。永遠に続く風景のように思われたのに、、。パリ市民の衝撃はいかばかりか。
    2019.04.16
  • @miyamototo 家族。 小さい人に支えられている。与えられるより与える喜びのほうがずっと大きいとか、そういうこと。 https://t.co/NqV2HtfGKl
    2019.04.15
  • @miyamototo 自宅のある桐生市でも、街づくりのプロジェクトが動き出しました。寺社空間を核にして、地域のつながりと、街の外の人たちとの縁を編み直していくプロジェクト。飯山千里建築設計事務所のお二人の力を頼りに、地元有志で進めていきます。… https://t.co/FIZPj15vsR
    2019.04.15

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Events

みちのく700kmを、あるいてつないだ大学生の24日間。      あるいて、つないで、みちになる。報告会 in 山形

夏の踏破から2ヶ月半が経ちました。
青森県八戸市から福島県相馬市までの三陸沿岸700kmをつなぐ「みちのく潮風トレイル」。
今夏、福興会議の学生4名と全国から集まった4名の大学生が、
北上・南下の2チームに分かれ、この道のりを24日間で歩きつなぎました。

▼2014年8月20日〜9月12日
北上チーム報告南下チーム報告

三陸沿岸の風景・文化・人・歴史・震災の記憶を記録し、
東北の「今」を公式Facebookより広く発信。

歩行写真

震災から3年と半年の月日が過ぎ、歩くことで伝えられる「みちのく」とは?
日の歩行から感じ得たことを記録写真から振り返り、「山形」で報告会を実施します。

開催場所は、モンベル山形店。
歩行中の装備にご協力いただいたモンベル(アウトドア総合ブランド)の山形店舗で実施します。
みちのく潮風トレイル全線の状況や、仲間とともに東北を歩く楽しさ、
トレイルにおける装備の重要性なども合わせてお伝えします。

(1)

みなさんのお越しを、お待ちしております。

////////////////////

みちのく700kmを、あるいてつないだ大学生の24日間。
あるいて、つないで、みちになる。報告会 in 山形店

▼開催概要
日時|2014年12月6日(土)14:00~16:00
場所|モンベル山形店(山形県山形市幸町7) 2Fサロンスペース
※入場無料

▼開催プログラム
1.企画概要の説明
2.みちのく潮風トレイルを歩いて 
3.印象に残った体験談(風景・食・人・仲間・自分のテーマ) 
4.モンベルからのトレイルのススメ(装備の紹介など)
5.会場からの質疑応答

▼参加学生
東北芸術工科大学
小松大知(プロダクトデザイン学科3年/福興会議2期生)
佐藤亨(建築環境学科3年/福興会議2期生)
大津悠美子(企画構想学科4年/福興会議1期生)