カテゴリー

Book

福興会議

福興会議

  • @miyamototo 町田市立国際版画美術館へ。ながさわたかひろ展に滑り込み。冬に彼の郷里・山形県東根市で開催する個展の打ち合わせとインタビュー。挫折を重ねながらも描き続ける、その不器用でピュアな生き様に引き込まれた。面白くなりそう。 https://t.co/tYzc8hKOlG
    2017.09.22
  • @miyamototo 新幹線車中にて、嬉しい不意打ち。 https://t.co/1DK4WY24h6
    2017.09.22
  • @miyamototo 6次元・ナカムラクニオさんによる、本と街をつなぐプロジェクトも継続中。10/14(土)〜とんがりビル3Fで、移動書店「ブックシェルター」を期間限定で開店&「くらやみ読書会」(要申込)を週末開講。#山形ビエンナーレ… https://t.co/d0SjvI1MI5
    2017.09.21
  • @miyamototo 「山姥(やまんば)」の幟が、再び山形市七日町に立ちます。山の手仕事を集めた「山姥市」と、ケルト芸術文化研究家・鶴岡真弓さんと、パテ屋・林のり子さんをお迎えする「山姥講」の2本立て。要申込。企画:アトツギ編集室。 #山形ビエンナーレ… https://t.co/WMreSct4Ha
    2017.09.21
  • @miyamototo 映画監督の茂木綾子さんが伊勢神宮に参拝されたとき、双子の兄に案内を頼み(この種の連携プレーはしばしばある)、このあいだの湯殿山神社は僕が案内した。「西の伊勢/東の湯殿を、同じ顔した別の男に案内されるというのは、なんか不思議。運命だよね」と茂木さん。名前も「宮本」だし。
    2017.09.21

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で、2年目の「鹿画廊」開催。

2012年より被災した浜の再生事業をお手伝いしている牡鹿半島蛤浜。古民家カフェ「はまぐり堂」にある 六畳ほどの明るいひと隅に、 今年も期間限定の「鹿画廊」をひらきます。 東北芸術工科大学に縁ある若手作家たちが、牡鹿半島の自然や暮らしから着想・取材・制作した、編み細工、陶器、採話集を展示販売します。ぜひご来場ください。(>鹿画廊2016

鹿画廊 [しかがろう]2017・冬
2017年1月16日[月]→3月26日[日](火曜・水曜定休)
石巻市牡鹿半島蛤浜|cafe はまぐり堂・高見

01|渡部萌「山の手、海で編む」(編み細工)
  1月16日[月]→2月5日[日]

15338692_831880490287473_9023147725708877337_n
02|古田和子+山増ちひろ「鹿のうつわ」(絵皿)
  2月9日[木]→3月5日[日]※臨時休業:2/13~2/17
12400660_767271960045385_9138585284057523218_n10314000_399775230160655_1104293266190436859_n
03|是恒さくら「ありふれたくじら|牡鹿半島〜太地浦」(採話集)
  3月9日[木]→3月26日[日]
14666176_918725554900024_6300259669700688534_n

●cafe はまぐり堂・高見
〒986-2354宮城県石巻市桃浦字蛤浜18
0225-90-2909 http://www.hamaguridou.com
15400347_976534035785842_4375765359898427791_n
営業時間=10:30~17:00(火曜・水曜定休)※冬季(12月〜2月)は16:00閉店です。/アクセス=三陸自動車道石巻河南ICより車で30分/石巻駅前2番のりばよりミヤコーバス鮎川行き(鮎川線)で40分。蛤浜バス停下車、徒歩2分。駐車場あり。
*企画協力=東北芸術工科大学大学院宮本武典研究室、福興会議

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で「鹿画廊」はじめます。

24
石巻市牡鹿半島の古民家カフェ「はまぐり堂」のショップ「高見」内に、東北芸術工科大学の学生・卒業生のクラフトを扱う期間限定のギャラリーをオープンさせます。また現在、震災後に石巻で生まれたモノづくりの場・人・コミュニティーを紹介する冊子も「はまぐり堂」のみなさんと作成中。こちらは2016年2月発行予定です。学生ボランンティアバス「スマイルエンジン山形」の瓦礫撤去からはじまった牡鹿半島での活動が、震災から5年が経ち、ようやくものづくりへとシフトしてきました。ぜひご来店ください。


鹿画廊
[しかがろう]2015-2016・冬
はまぐり堂のショップ「高見」奥にある、 六畳ほどの明るいひと隅に、 期間限定の画廊をひらきます。 その名も鹿画廊。 展示販売するのは、 海の潮に洗われた、漂着物のように清々しい、 陶器、絵馬、リトルプレス、装身具など、 牡鹿半島の自然からインスピレーションを得て 生み出される品々。 そのうちのいくつかは、 この浜で働く若者たちと共同でつくりました。

企画協力:東北芸術工科大学宮本武典研究室
宣伝美術:吉田勝信(アトツギ編集室)

[01|やきもの]
IMG_2875
「蛤浜の“ちい器”はこんなふう」高木しず花
2015年12月18日[金]→2016年1月17日[日]
さまざまな地域を訪ね、その土地の営みをユニークな器と料理で表現している高木さん。今回は、はまぐり堂の厨房スタッフとあれこれ相談して、某人気メニューのために漂着物を模った器をつくってみようかと。カフェで実際に使っていただけます。*年末年始のお休みは12/29~1/6です。

[02|板絵]
furuta「わたしの絵鹿」古田和子
2016年1月22日[金]→2月14日[日]
半島の神獣である野生の鹿を、日本画家の古田和子さんが杉材に描いて、オリジナルの絵馬に仕立てます。使用する板は、はまぐり堂の島田暢さんが、地元の間伐材から切り出してくださいます。*スタッフ研修のため会期終了後の2/16~2/24は閉店させていただきます。ご了承ください。

[03|リトルプレス]
11013127_107515426259094_3999715315036559468_n「ありふれたくじら」是恒さくら
2016年2月26日[金]→3月20日[日]
牡鹿半島では、古くから捕鯨がおこなわれてきました。アラスカで先住民芸術を学んだ是恒さくらさんが、浜のお年寄りたちの鯨にまつわる思い出を、美しいリトルプレスにまとめます。あわせて、鯨のヒゲや鹿の冬毛など、天然素材でつくった装身具を制作・販売いたします。

会場:cafe はまぐり堂・高見
石巻市牡鹿半島の小さな集落 蛤浜。震災で大きな被害を受け、残ったのはわずか二世帯。それでも美しい自然は変わらずそこにありました。この大好きな浜に再び笑顔が戻ることを願い、築約100年の古民家を多くの手で改修してカフェにしました。海と山、自然からの恵みを活かし、新たな浜の暮らしの魅力を作っていきます。
25
〒986-2354宮城県石巻市桃浦字蛤浜18
営業時間:10:30~17:00(火曜・水曜定休)※冬季(12月〜2月)は16:00閉店です。
☎ 0225-90-2909 http://hamagurihama.com/cafe/
アクセス……三陸自動車道石巻河南ICより車で30分/石巻駅前2番のりばよりミヤコーバス鮎川行き(鮎川線)で40分。蛤浜バス停下車、徒歩2分。駐車場あり。

Events

8/22未来の祀り ヘビワヘビワ奉納

報告:目黒有貴子(グラフィックデザイン学科4年/福興会議2期生)

前回の山形公演から引き続き、川村亘平斎さんのサポート役として臨んだ今回の福島公演。外での演目は天候との戦いでもありましたが、市街地はずれの信夫山から吹く、夜の風を感じながら演じる影絵は、観客の人との一体感をよりいっそう感じられる心地の良い舞台となりました。

私は南相馬市の出身ではありますが、このプロジェクトのために調べる前まで、大悲山の物語を知らないままでいました。 故郷の人々が、このお話を福島市で演じられた事は「語り継ぐ」ことの大切さを思い出されます。

来年、山形ビエンナーレにて再演されるヘビワヘビワ。 私は卒業し参加はできませんが、昔の人々が遺したこの物語を東北の地で新入生や新たに影絵の演劇に加わる方に引き継ぐかたちで、公演できることをこころ待ちにしています。

 R0001946

報告:遠藤百笑(コミュニティデザイン学科1年生/福興会議5期生)

たたらば連では、南相馬の子どもたちのサポートとして一緒になってご先祖様の人形を作ったり、演じる練習をしました。子どもたちの持つ集中力と好奇心、そしてエネルギーに何度も助けられました。キッズアートキャンプ、山形公演が終わった後も影絵に夢中になって練習していたそうで、福島公演では特に影絵の幕の裏で子どもたちが笑顔で、自分の役を生き生きと演じていました。

福島公演では私も福島県出身でご先祖様が南相馬にいたということもあり、ご先祖様の人形を南相馬の子どもたちに混ざって演じさせていただきました。子どもたちの持つ力や、影絵の世界、自分のご先祖様、これからの福島など、様々なことを考えさせられました。子どもたちにとっても今回作り上げた影絵は大きな経験になったのではないかと思います。

 

報告:梅原もも子(洋画コース4年/福興会議2期生)

昔は地崩れのことを蛇崩れといったように蛇は自然の神様でした。この南相馬の物語でも蛇は決して悪者ではなく、人間と自然とをつなぐ役割でありすぐ近くにいる崇拝すべき対象でした。

今回、大人たちは大蛇を演じました。蛇のお頭とそこにぞろぞろと続く不気味な鱗を一枚一枚持ち、列になって影を作ります。途切れることなく、ゆっくりと、重々しく、威厳を持って、わたしたちの演じた蛇の影を動画で確認するとそういった印象を受けます。この鱗については川村亘平斎さんが実際に大悲山の磨崖仏を見て石の持つ力に魅せられ、着想を得たそうです。石のように重く、そこにじっといる力、石の持つ魔力のようなものを今回は大蛇の鱗としました。また演じている大人たちを見つめる子供の顔も深く印象に残っています。大人たちは真剣な表情で影を見つめ間合いを計り、中腰でゆっくり横に移動していきます。その影を見つめる瞳や顔つきに彼らは父/母ではない存在として親をみていたのかもしれません。

11902254_704660702973178_6781666775506528685_n


またキッズアートキャンプでの山形公演を終えて、福島の物語を福島で上演出来ることを嬉しく思いました。様々な土地に眠る物語や沈黙した歴史を影で伝えていくことはとても意味のあることだと思います。参加された3つの家族と学生、職員は大きな家族のようで旅芸人のようでもありました。また別の地でこの物語が語られ、誰かの記憶に残れば幸いです。ヘビワヘビワ、またいつかどこかでお会いしましょう。

 

Events

8/8~10 キッズアートキャンプ2015

報告:奥山直(福興会議4期生/コミュニティデザイン学科2年)

福島県南相馬市のご家族が、東北芸術工科大学内こども劇場でアーティストと創作を楽しむアート林間学校「キッズアートキャンプ山形」。今夏は影絵師の川村亘平斎さんを講師に迎え、南相馬市小高区に伝わる大蛇伝をもとに影絵芝居をつくりました。

11817079_698732463566002_176359186222797442_n11813533_698990323540216_5774930427616685715_n 8月10日、キャンプの最終日に影絵芝居には「ヘビワヘビワ」が上演されました。劇中の演奏を担当するのはシタール奏者のGO ARAIさんと、和太鼓奏者の五十嵐香乃さん。会場となったこども劇場は、お母さんのお腹の中をイメージしてつくられた、天井の高い円形のホール。劇場のステージの上に高さ3.5メートル幅5.4メートルの巨大な白いスクリーンを張り、その裏からライトを当てて影を映し出す仕組みとなっています。

この物語は南相馬にあった電波塔が登場するシーンからはじまり、旅をする琵琶法師、玉市(たまいち)とカエルが登場、旅の途中に南相馬に立ち寄ります。冒頭、南相馬の村人たちと出会いたくさんの温かい施しを受ける場面があります。この村人たちはキャンプ参加者のご先祖をモチーフにしていおり、それぞれ時代や職種は様々です。例えば米やメロンを作っている農家からは作物を、生地の仕立て屋からは旅のお供に足袋を、刀研ぎ師や地主からもあたたかい施しを受けながら玉市とカエルは大悲山を目指します。川村亘平斎さん演じる玉市と村人の掛け合いはほとんどがアドリブ。緊張感がありながらもユーモラスな会話が観客を惹き付けます。演者の緊張や、高揚感がスクリーン越しに伝わり、観客も一緒になって物語が生まれる様子を見守っていました。来場者されたのは子供を連れた方が多く、主人公のお供であるカエルの影がスクリーンに映し出されると、子どもたちが身を乗り出して食い入るように影絵を見つめるのが印象的でした。

Evernote Camera Roll 20150819 230542

 物語は大悲山でのお籠りから大蛇との戦いに変わっていきます。これまでの演出は家族ごとでしたがここからは大人たちは大蛇を演じ、子供達は大蛇退治の村人になります。家にある鉄製品を蛇退治の釘に変えるシーンから、はじめてスクリーンに実寸大の子供の影が写し出されます。一人ひとりの愛らしい影がぐさりと痛そうな釘を持ち、血気盛んに立ち上がる場面は影を見ているのにも関わらず彼らの表情がわかるかのようでした。

11036704_699787706793811_8893835529483801110_n

11822595_699787766793805_573765010046938692_n

また大人たちも約20人、頭と鱗を持ちぞろぞろとゆっくり地を這う様は圧巻です。巨大スクリーンにギョロリとした大蛇の瞳、大きな鱗、観客の子供からは「怖い!」という声が聞こえます。

蛇の退治により村に平穏が訪れるハッピーエンド。しかし屍となった蛇も最後はスクリーンの前に出てきてぐるぐると影になり、実像になりを繰り返します。ヘビワヘビワ、言い伝えの昔話はその土地の出来事を反復しながら現在へと、物語は巡ります。

 

南相馬市小高区は震災から5年経った現在も居住制限が続き、未だあちこちで除染作業がおこなわれています。この物語を語り継ぐ人も、少なくなっているのが現状です。今回演じられた大悲山の大蛇伝は、影絵づくりを通して子どもたちに伝えられるとともに、「ヘビワヘビワ」という新しい物語を生み出しました。“影”は古くから神様やご先祖さまを意味します。見えないものを影絵で演じることが、忘れられた記憶を呼び起こし、傷ついた自然や人びとへの鎮魂の舞となるのではないでしょうか。ヘビワヘビワ。次回公演は8月22日ふくしま未来の祀りにて→(http://www.mirainomatsuri-fukushima.jp )

11224161_698732540232661_4215056578642395942_n

11846699_700362900069625_2845033768093221618_n

Events

みちのく700kmを、あるいてつないだ大学生の24日間。      あるいて、つないで、みちになる。報告会 in 山形

夏の踏破から2ヶ月半が経ちました。
青森県八戸市から福島県相馬市までの三陸沿岸700kmをつなぐ「みちのく潮風トレイル」。
今夏、福興会議の学生4名と全国から集まった4名の大学生が、
北上・南下の2チームに分かれ、この道のりを24日間で歩きつなぎました。

▼2014年8月20日〜9月12日
北上チーム報告南下チーム報告

三陸沿岸の風景・文化・人・歴史・震災の記憶を記録し、
東北の「今」を公式Facebookより広く発信。

歩行写真

震災から3年と半年の月日が過ぎ、歩くことで伝えられる「みちのく」とは?
日の歩行から感じ得たことを記録写真から振り返り、「山形」で報告会を実施します。

開催場所は、モンベル山形店。
歩行中の装備にご協力いただいたモンベル(アウトドア総合ブランド)の山形店舗で実施します。
みちのく潮風トレイル全線の状況や、仲間とともに東北を歩く楽しさ、
トレイルにおける装備の重要性なども合わせてお伝えします。

(1)

みなさんのお越しを、お待ちしております。

////////////////////

みちのく700kmを、あるいてつないだ大学生の24日間。
あるいて、つないで、みちになる。報告会 in 山形店

▼開催概要
日時|2014年12月6日(土)14:00~16:00
場所|モンベル山形店(山形県山形市幸町7) 2Fサロンスペース
※入場無料

▼開催プログラム
1.企画概要の説明
2.みちのく潮風トレイルを歩いて 
3.印象に残った体験談(風景・食・人・仲間・自分のテーマ) 
4.モンベルからのトレイルのススメ(装備の紹介など)
5.会場からの質疑応答

▼参加学生
東北芸術工科大学
小松大知(プロダクトデザイン学科3年/福興会議2期生)
佐藤亨(建築環境学科3年/福興会議2期生)
大津悠美子(企画構想学科4年/福興会議1期生)