カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo 「わたしたちの現在(リアル)」をテーマに、1冊の本(画集・写真集… https://t.co/H71qNRVY1g
    2019.01.18
  • @miyamototo 今週末もオープンします、とんがりビル「熊と本とカレー」。土曜日の夜は、縄文ワインを飲みながら本の交換会。お題は〈冬の読書におすすめの本〉。司会は僕とakaoniの面々です。どんな本をもっていこうかな。 ++++ 1/19[sat]… https://t.co/2QtCjHm3Ha
    2019.01.17
  • @miyamototo 眠る前に『椿の海の記』をゆっくり再読している。4才の少女の目線と、天草の言葉で綴られる、土地と一族の記憶/記憶。まるで神話語りのようで、濃密すぎて、1編ずつがやっと。
    2019.01.17
  • @miyamototo 終わりなき住処づくり。食器から家具、展示用の大型什器まで、金属を自在に操る金属作家・下山普行さんに、桐生の自宅用鉄製ゲートを組み立てていただいてます。仕上がりがたのしみ。 https://t.co/nUtRMy5l83
    2019.01.16
  • @miyamototo 銀座森岡書店。葛西と佐々木の山と川、開催中。巨匠の軽やかな仕事。かくありたい。 #森岡書店 https://t.co/bzxVqN5ZG1
    2019.01.15

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

東北芸術工科大学美術館大学構想年報
TUAD AS MUSEUM: Annual Report

福興会議主宰の宮本武典が主任学芸員を務める東北芸術工科大学美術館大学センターが、毎年刊行している活動記録集。美術館大学センターは〈芸術によるあらたな地域文化の掘り起こしとその継承〉をテーマに、学内の多様な専門領域と連携しながら、東北の風土に根ざした現代アート展や、中山間地域でのアーティスト・イン・レジデンス事業を推進しています。本誌では、福興会議やTRSOによる支援活動と同時期に、同センターで宮本がキュレーションしてきたアーティストのプロジェクトを記録しています。オランダ在住のピアニストで美術家・向井山朋子が、津波によって壊滅的な被害を受けた石巻市湊町の2つの小学校から、被災したグランドピアノを譲り受けて展示した『夜想曲』、世界を旅する写真家・石川直樹が日本の南北をまわりながら「スネカ」(岩手県)や「トシドン」(鹿児島県)といった、各地の〈異人〉を迎える儀礼を撮影し、東日本大震災以後の日本列島を生きる私たちに、自然と人との根源的な関係性を問い直した『異人 the stranger』など。
ダウンロード>> http://www.tuad.ac.jp/museum/annualreport/index.html

TUAD AS MUSEUM: Annual Report 2012
2012年度 東北芸術工科大学美術館大学構想年報
執筆・採録=石川直樹/荒井良二/原高史/西澤高男/五十嵐太郎/山川健一/竹内昌義/根岸吉太郎/宮島達男/酒井忠康/和田菜穂子/宮本武典(掲載順)
判型=B5判/88ページ/モノクロ版(カラーグラビア6ページ)
発行部数=1,000部
編集=宮本武典
編集補=立花泰香
デザイン=鈴木敏志(フロット)
印刷=田宮印刷株式会社
発行日=2013年4月1日
発行=東北芸術工科大学

TUAD AS MUSEUM: Annual Report 2011
2011年度 東北芸術工科大学美術館大学構想年報
執筆・採録=向井山朋子/宮島達男/川村智美/根岸吉太郎/竹内昌義/三瀬夏之介/酒井忠康/和田菜穂子/青山ひろゆき/前田哲/藤原徹/原高史/馬場正尊/田口洋美/辻けい/Rコモンズ/宮本武典(掲載順)
判型=B5判/88ページ/モノクロ版(カラーグラビア6ページ)
発行部数=1,000部
編集=宮本武典
編集補=立花泰香
デザイン=鈴木敏志(フロット)
印刷=田宮印刷株式会社
発行日=2012年4月1日
発行=東北芸術工科大学