カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo 町田市立国際版画美術館へ。ながさわたかひろ展に滑り込み。冬に彼の郷里・山形県東根市で開催する個展の打ち合わせとインタビュー。挫折を重ねながらも描き続ける、その不器用でピュアな生き様に引き込まれた。面白くなりそう。 https://t.co/tYzc8hKOlG
    2017.09.22
  • @miyamototo 新幹線車中にて、嬉しい不意打ち。 https://t.co/1DK4WY24h6
    2017.09.22
  • @miyamototo 6次元・ナカムラクニオさんによる、本と街をつなぐプロジェクトも継続中。10/14(土)〜とんがりビル3Fで、移動書店「ブックシェルター」を期間限定で開店&「くらやみ読書会」(要申込)を週末開講。#山形ビエンナーレ… https://t.co/d0SjvI1MI5
    2017.09.21
  • @miyamototo 「山姥(やまんば)」の幟が、再び山形市七日町に立ちます。山の手仕事を集めた「山姥市」と、ケルト芸術文化研究家・鶴岡真弓さんと、パテ屋・林のり子さんをお迎えする「山姥講」の2本立て。要申込。企画:アトツギ編集室。 #山形ビエンナーレ… https://t.co/WMreSct4Ha
    2017.09.21
  • @miyamototo 映画監督の茂木綾子さんが伊勢神宮に参拝されたとき、双子の兄に案内を頼み(この種の連携プレーはしばしばある)、このあいだの湯殿山神社は僕が案内した。「西の伊勢/東の湯殿を、同じ顔した別の男に案内されるというのは、なんか不思議。運命だよね」と茂木さん。名前も「宮本」だし。
    2017.09.21

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

こども芸術の家
Home of Art for Kids 2011―2012

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、被災した子どもたちの支援のための連携事業『こども芸術の家』を立ち上げ、福興会議やTRSO、グラフィックデザイン学科など、学内の様々なセクションでおこなわれる被災地への教育支援に対し、活動資金の提供をおこなっています。本著は2011年からの2年間で、『こども芸術の家』からサポートを受けた4プロジェクト『荒井良二とふらっぐしっぷ』『東北未来絵本』『キッズアートキャンプ山形2011.2012』『福しまピクニック+福しま図案室』をとりあげ、被災地のニーズから、支援アイデアや協働の仕組みがつくられていくプロセスを解説しています。本著は『ぼくらのスマイルエンジン』と同じく、震災発生からまる2年となる2013年3月11日に、両大学の学生に配本されました。震災後の東北を担う子どもたちのために「アートやデザインに何ができるのか」を考えるうえで、たくさんの貴重なヒントを含む一冊となっています。

ダウンロード>> http://blog.tuad.ac.jp/trso/house

書籍:こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の〈こども=未来〉を考えるプロジェクト・メイキング・プロセス
著者:荒井良二/澤口俊輔/馬場正尊/原高史/宮島達男/宮本武典/山崎亮
編集:紫牟田伸子
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷・製本:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)