カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo フランス人陶芸家ブルーノ・ピーフルさんが、ここ数年の展示や出版のお礼にと、我が家の姉妹をつくってくださいました。下の宇宙人みたいなのは僕。初見では、どう解釈したらよいか困ったのですが(笑)、子どもの健やかな成長を見守る親の愛を表現… https://t.co/ddOZ7AEUKR
    2018.11.16
  • @miyamototo 「すべての人々よ、団結せよ」:タイのHIPHOPプロジェクト〈RAD〉 https://t.co/acBGhORPBb @i_d_japanさんから
    2018.11.14
  • @miyamototo kanabouで手がけた、荒井良二さんのピクチャーブック『山のヨーナ』。書店販売はしていませんが、webから購入可能。順次開催される台湾や東京での展示で完売が予想されるので、ご希望の方はお早めにどうぞ。… https://t.co/poO18bbHsm
    2018.11.14
  • @miyamototo 続き)地域社会とダイレクトに関わろうとするとき「(動詞として)アートを使いこなす」ディレクションと、それができるクリエイターが必要。東日本大震災もあったし、僕らには自然なアプローチだけど、東京でつくったら別のスタンスになるかもしれ… https://t.co/d5hsVF7Vkw
    2018.11.13
  • @miyamototo 山形ビエンナーレで手がけた企画を少しずつアップ。トラフ建築設計事務所、飛田正浩、WOW、森岡督行など。僕にとって「アート」は動詞なので、マーケット的な意味でプロ・アーティストよりも、その外で自立してるクリエイターのつくるアートに関… https://t.co/vsMAVxRZKG
    2018.11.13

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

こども芸術の家
Home of Art for Kids 2011―2012

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、被災した子どもたちの支援のための連携事業『こども芸術の家』を立ち上げ、福興会議やTRSO、グラフィックデザイン学科など、学内の様々なセクションでおこなわれる被災地への教育支援に対し、活動資金の提供をおこなっています。本著は2011年からの2年間で、『こども芸術の家』からサポートを受けた4プロジェクト『荒井良二とふらっぐしっぷ』『東北未来絵本』『キッズアートキャンプ山形2011.2012』『福しまピクニック+福しま図案室』をとりあげ、被災地のニーズから、支援アイデアや協働の仕組みがつくられていくプロセスを解説しています。本著は『ぼくらのスマイルエンジン』と同じく、震災発生からまる2年となる2013年3月11日に、両大学の学生に配本されました。震災後の東北を担う子どもたちのために「アートやデザインに何ができるのか」を考えるうえで、たくさんの貴重なヒントを含む一冊となっています。

ダウンロード>> http://blog.tuad.ac.jp/trso/house

書籍:こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の〈こども=未来〉を考えるプロジェクト・メイキング・プロセス
著者:荒井良二/澤口俊輔/馬場正尊/原高史/宮島達男/宮本武典/山崎亮
編集:紫牟田伸子
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷・製本:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)