カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo 大原大次郎さんの新作「もじばけ」(東根編)、本日より東根市公益文化施設まなびあテラス特別展示室で公開。大原さんによる解説レクチャーは30分後からスタート(12:30〜14:00)。「しまった今日だったか!」という人が多そうな。… https://t.co/89s5hd85Ev
    2018.07.14
  • @miyamototo 会津若松市にて講演終了。馬刺しも喜多方ラーメンも食べずに山形へとんぼ返る。なのに、こういうの見つけるといちいち車とめてしまう癖をどうにかしたい。大わらじ。 https://t.co/YbImGhTuPu
    2018.07.13
  • @miyamototo 7/21(土)と7/22(日)の2日間、とんがりビルに「こけしになる人、集合。」願います。WOW inc.の技術でこけしに変身して、山形ビエンナーレ2018に参加しませんか?100人くらい撮影できると、かなり面白い作品になるんです… https://t.co/WCOOWhi9t8
    2018.07.12
  • @miyamototo 今夜から大原大次郎さんの新作「もじばけ」の展示作業がスタート。文字のようで絵のような、音楽のようで詩のような、形容しがたい音と形の交響は、設営段階からもうすでに居心地よい。カルダー、ティンゲリー、ムナーリなんかを想起させる、クラシ… https://t.co/CvqpluI15K
    2018.07.10
  • @miyamototo 野生動物にまつわる聞き書きをもとにしたミロコマチコさんの動物山車『あっちの耳、こっちの目』(2015-2016年)書籍化プロジェクト。デザインをkanabouで担当します。今日は終日撮影。絵本をバラして組み立てたようなこの大型作品… https://t.co/WKCHWWimRD
    2018.07.10

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

こども芸術の家
Home of Art for Kids 2011―2012

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、被災した子どもたちの支援のための連携事業『こども芸術の家』を立ち上げ、福興会議やTRSO、グラフィックデザイン学科など、学内の様々なセクションでおこなわれる被災地への教育支援に対し、活動資金の提供をおこなっています。本著は2011年からの2年間で、『こども芸術の家』からサポートを受けた4プロジェクト『荒井良二とふらっぐしっぷ』『東北未来絵本』『キッズアートキャンプ山形2011.2012』『福しまピクニック+福しま図案室』をとりあげ、被災地のニーズから、支援アイデアや協働の仕組みがつくられていくプロセスを解説しています。本著は『ぼくらのスマイルエンジン』と同じく、震災発生からまる2年となる2013年3月11日に、両大学の学生に配本されました。震災後の東北を担う子どもたちのために「アートやデザインに何ができるのか」を考えるうえで、たくさんの貴重なヒントを含む一冊となっています。

ダウンロード>> http://blog.tuad.ac.jp/trso/house

書籍:こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の〈こども=未来〉を考えるプロジェクト・メイキング・プロセス
著者:荒井良二/澤口俊輔/馬場正尊/原高史/宮島達男/宮本武典/山崎亮
編集:紫牟田伸子
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷・製本:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)