カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo 亀山亮さんに現像をお願いしていたモノクロプリントが届いたので、さっそく額装してリビングに飾る。新潟県村上市山熊田の巻狩り風景なので、もともと掛けてあったミロコマチコさん筆のトウホクノウサギと物語のような組み合わせに。室内窓のむこう… https://t.co/pkfWnS0Dio
    2019.05.20
  • @miyamototo 昨夜は原美術館で川村亘平斎さんの影絵ライブを拝見。猿・影・穴・壁などのモチーフに村上春樹の小説に出てくる地下世界、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』や『東京奇譚集』を想起してみたり。東京出身の川村さんが描く御伽噺だから… https://t.co/lFRJyrg0RC
    2019.05.20
  • @miyamototo 原美術館で待つ夜と猿。#原美術館 https://t.co/64dci5OboT
    2019.05.19
  • @miyamototo Casa BRUTUSの6月号「食を巡るローカルな旅」。山形はどこが載ったのかと手にとってみたらイル・コテキーノが。嬉しいけど、地元のみんなが予約取れにくくならなければいいなぁ。 https://t.co/m5IWvxtgmR
    2019.05.18
  • @miyamototo 昨日の山形。セブンプラザのみならず、隣接していたスーパー跡ビル(1階のコンビニは先日まで営業していたが)も跡形なく、風景が激変している‥。 https://t.co/F0ZfOM3yir
    2019.05.17

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

こども芸術の家
Home of Art for Kids 2011―2012

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、被災した子どもたちの支援のための連携事業『こども芸術の家』を立ち上げ、福興会議やTRSO、グラフィックデザイン学科など、学内の様々なセクションでおこなわれる被災地への教育支援に対し、活動資金の提供をおこなっています。本著は2011年からの2年間で、『こども芸術の家』からサポートを受けた4プロジェクト『荒井良二とふらっぐしっぷ』『東北未来絵本』『キッズアートキャンプ山形2011.2012』『福しまピクニック+福しま図案室』をとりあげ、被災地のニーズから、支援アイデアや協働の仕組みがつくられていくプロセスを解説しています。本著は『ぼくらのスマイルエンジン』と同じく、震災発生からまる2年となる2013年3月11日に、両大学の学生に配本されました。震災後の東北を担う子どもたちのために「アートやデザインに何ができるのか」を考えるうえで、たくさんの貴重なヒントを含む一冊となっています。

ダウンロード>> http://blog.tuad.ac.jp/trso/house

書籍:こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の〈こども=未来〉を考えるプロジェクト・メイキング・プロセス
著者:荒井良二/澤口俊輔/馬場正尊/原高史/宮島達男/宮本武典/山崎亮
編集:紫牟田伸子
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷・製本:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)