カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

こども芸術の家
Home of Art for Kids 2011―2012

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、被災した子どもたちの支援のための連携事業『こども芸術の家』を立ち上げ、福興会議やTRSO、グラフィックデザイン学科など、学内の様々なセクションでおこなわれる被災地への教育支援に対し、活動資金の提供をおこなっています。本著は2011年からの2年間で、『こども芸術の家』からサポートを受けた4プロジェクト『荒井良二とふらっぐしっぷ』『東北未来絵本』『キッズアートキャンプ山形2011.2012』『福しまピクニック+福しま図案室』をとりあげ、被災地のニーズから、支援アイデアや協働の仕組みがつくられていくプロセスを解説しています。本著は『ぼくらのスマイルエンジン』と同じく、震災発生からまる2年となる2013年3月11日に、両大学の学生に配本されました。震災後の東北を担う子どもたちのために「アートやデザインに何ができるのか」を考えるうえで、たくさんの貴重なヒントを含む一冊となっています。

ダウンロード>> http://blog.tuad.ac.jp/trso/house

書籍:こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の〈こども=未来〉を考えるプロジェクト・メイキング・プロセス
著者:荒井良二/澤口俊輔/馬場正尊/原高史/宮島達男/宮本武典/山崎亮
編集:紫牟田伸子
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷・製本:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)