カテゴリー

福興会議

  • @miyamototo 次女(小3)の自由研究は富神山のキノコ。登山道には色とりどりのキノコがたくさん。でも、娘たちが一番盛り上がったのは小さな蝮でした。毒がなければ触りたい‥。富神山は綺麗なピラミッド型で、周辺に縄文遺跡が複数あります。 https://t.co/BFyvzIDDd8
    2017.08.14
  • @miyamototo とんがりビルの8月は、企画展が続きます。ジュエリー、木彫、陶器と、南東北の森や港に工房を構え、自立したものづくりに取り組む若手を紹介します。彼らのライフスタイルが伝わる場になればいいなと。… https://t.co/CcFDb9g5n0
    2017.08.14
  • @miyamototo 武蔵野美術大学を卒業してすぐの4年間、バンコクで美術教師をしていました。長期休暇のときはいつも、北タイの手仕事や史跡、市場をひとりでめぐる旅をしていました。妻と出会ったのもタイでした。これから多感になっていく娘たちに、あの風景を見せたい。小さくとも息の長いプロジェクトしたいなと。
    2017.08.12
  • @miyamototo 続)チェンマイの「hoshihana village」でアーティストインレジデンスをプロデュースします。ホームで暮らす子供らの自立支援が目的。今回の、とんがりビル展示会を皮切りに、12月チェンマイ滞在、2月銀座で報告展を開催。→… https://t.co/RPtLkMt0M3
    2017.08.12
  • @miyamototo タイ北部チェンマイにある孤児のためのホーム「バーンロムサイ」を支援するブランドbanromsaiのポップアップショップが、とんがりビルにやってきます。収益はホームの運営に充てられる展示会です。→「生きるをつくる、ものづくり」… https://t.co/JS4QjP27wT
    2017.08.11

福興会議

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano

福興会議

Book

週末ボランティアバス『スマイルエンジン山形』を運営してきた福興会議メンバーが、1年8ヶ月に及んだバスの運行記録と、瓦礫撤去やヘドロ掻きなど、被災地でのボランティア労働の詳細を1冊の本にまとめました。スマイルエンジン山形は、山形市の東北芸術工科大学から津波の被害にあった宮城県石巻市や南三陸町に、2011年5月から走り続け、運行停止まで48往復でのべ1880名の学生と市民を被災地に運びました。また、山形大学、立命館大学、APU、日本大学、京都造形芸術大学、青山学院大学、東北大学など、他地域の大学も組織的に参加し、復興に向けた大学間交流の起点にもなりました。震災発生から2年の2012年3月11日に、山形大学出版会から刊行した本著は、編集・執筆・デザインのすべてを学生たちが手がけ、水害ボランティアで必要な装備や心構えなどを記した他、支援活動の積み重ねを時系列で綴っており、悲惨な現場での葛藤や苦悩、活動の継続のなかで得た出会いや成長を読み取る事ができます。

書籍名:ぼくらのスマイルエンジン 東日本大震災 学生ボランティアの記録
編集:福興会議
著書:スマイルエンジン山形
デザイン:茅原ゆきの、小泉遥果、五十嵐かんな
イラスト:早坂歩、高山晴香、斎藤綾子、堤夏輝、梅原もも子
サポート:TRSO[東北芸術工科大学 東北復興支援機構]
発行人:国立大学法人山形大学 結城章夫
発行:山形大学出版会
〒990-8560 山形市小白川町1-4-12
TEL:023-628-4016(編集)023-677-1182(販売)
印刷・製本:藤庄印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
サイズ:A5
頁数:128ページ
定価:本体476円+税

Book

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学は、被災した子どもたちの支援のための連携事業『こども芸術の家』を立ち上げ、福興会議やTRSO、グラフィックデザイン学科など、学内の様々なセクションでおこなわれる被災地への教育支援に対し、活動資金の提供をおこなっています。本著は2011年からの2年間で、『こども芸術の家』からサポートを受けた4プロジェクト『荒井良二とふらっぐしっぷ』『東北未来絵本』『キッズアートキャンプ山形2011.2012』『福しまピクニック+福しま図案室』をとりあげ、被災地のニーズから、支援アイデアや協働の仕組みがつくられていくプロセスを解説しています。本著は『ぼくらのスマイルエンジン』と同じく、震災発生からまる2年となる2013年3月11日に、両大学の学生に配本されました。震災後の東北を担う子どもたちのために「アートやデザインに何ができるのか」を考えるうえで、たくさんの貴重なヒントを含む一冊となっています。

ダウンロード>> http://blog.tuad.ac.jp/trso/house

書籍:こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の〈こども=未来〉を考えるプロジェクト・メイキング・プロセス
著者:荒井良二/澤口俊輔/馬場正尊/原高史/宮島達男/宮本武典/山崎亮
編集:紫牟田伸子
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷・製本:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)

Book

福興会議主宰の宮本武典が主任学芸員を務める東北芸術工科大学美術館大学センターが、毎年刊行している活動記録集。美術館大学センターは〈芸術によるあらたな地域文化の掘り起こしとその継承〉をテーマに、学内の多様な専門領域と連携しながら、東北の風土に根ざした現代アート展や、中山間地域でのアーティスト・イン・レジデンス事業を推進しています。本誌では、福興会議やTRSOによる支援活動と同時期に、同センターで宮本がキュレーションしてきたアーティストのプロジェクトを記録しています。オランダ在住のピアニストで美術家・向井山朋子が、津波によって壊滅的な被害を受けた石巻市湊町の2つの小学校から、被災したグランドピアノを譲り受けて展示した『夜想曲』、世界を旅する写真家・石川直樹が日本の南北をまわりながら「スネカ」(岩手県)や「トシドン」(鹿児島県)といった、各地の〈異人〉を迎える儀礼を撮影し、東日本大震災以後の日本列島を生きる私たちに、自然と人との根源的な関係性を問い直した『異人 the stranger』など。
ダウンロード>> http://www.tuad.ac.jp/museum/annualreport/index.html

TUAD AS MUSEUM: Annual Report 2012
2012年度 東北芸術工科大学美術館大学構想年報
執筆・採録=石川直樹/荒井良二/原高史/西澤高男/五十嵐太郎/山川健一/竹内昌義/根岸吉太郎/宮島達男/酒井忠康/和田菜穂子/宮本武典(掲載順)
判型=B5判/88ページ/モノクロ版(カラーグラビア6ページ)
発行部数=1,000部
編集=宮本武典
編集補=立花泰香
デザイン=鈴木敏志(フロット)
印刷=田宮印刷株式会社
発行日=2013年4月1日
発行=東北芸術工科大学

TUAD AS MUSEUM: Annual Report 2011
2011年度 東北芸術工科大学美術館大学構想年報
執筆・採録=向井山朋子/宮島達男/川村智美/根岸吉太郎/竹内昌義/三瀬夏之介/酒井忠康/和田菜穂子/青山ひろゆき/前田哲/藤原徹/原高史/馬場正尊/田口洋美/辻けい/Rコモンズ/宮本武典(掲載順)
判型=B5判/88ページ/モノクロ版(カラーグラビア6ページ)
発行部数=1,000部
編集=宮本武典
編集補=立花泰香
デザイン=鈴木敏志(フロット)
印刷=田宮印刷株式会社
発行日=2012年4月1日
発行=東北芸術工科大学