• 福興会議トップ
  • 福興会議とは

ピックアップ

福興会議は、宮城県石巻市や福島県南相馬市のみなさんの、地域づくり活動や教育活動をお手伝いをしながら、地元・山形市で「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」学生スタッフとしてアーティストの現地制作をサポートしています。

カテゴリー

Book

福興会議

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で、2年目の「鹿画廊」開催。

2012年より被災した浜の再生事業をお手伝いしている牡鹿半島蛤浜。古民家カフェ「はまぐり堂」にある 六畳ほどの明るいひと隅に、 今年も期間限定の「鹿画廊」をひらきます。 東北芸術工科大学に縁ある若手作家たちが、牡鹿半島の […] >> STORY

News

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊 2015-2016)

3月11日に、1年間の活動をふりかえる。

本日、東日本大震災の発生から5年目を迎えました。福興会議・宮本研究室では現在、宮城県石巻牡鹿半島蛤浜でギャラリー「鹿画廊」の開廊と、震災後のものづくりを紹介するフリーペーパー『ISHINOmaking』の配布を、地元の方 […] >> STORY

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)  石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に […] >> STORY

トップへ

過去の記事へ >

福興会議

  • @miyamototo 蛤浜に来たら必ず石を拾う。今日は海景。 https://t.co/qqhMuj9Ql3
    2017.01.16
  • @miyamototo 続)石巻牡鹿半島はまぐり堂の鹿画廊で、渡部萌さんの「山の手、海で編む」。写真は鹿皮の蛤ポシェットとトレー、緑茶で魚皮(!)を染めて編んだ魚。 魚たちはモビールに仕立てるつもりだとか。https://t.co/zSVMfCegHAhttps://t.co/zT0fh5AY8W
    2017.01.16
  • @miyamototo 石巻牡鹿半島はまぐり堂で「鹿画廊」、本日よりささやかにスタート。3部構成の初回は弱冠二十歳・渡部萌さんの「山の手、海で編む」。年明けから蛤浜に滞在し、野生の鹿皮など半島で入手・加工した素材を即興的に編んで、大小のカゴをつくりました… https://t.co/jXGLAqsNWD
    2017.01.16
  • @miyamototo 大学を卒業後、山形市内に居住して仕事に就けば、山形市が奨学金の返還を支援してくれる制度。学生の5割が貸与を受け、卒業と同時に借金を抱えていく現状。こういう支援制度が充実し周知されていけば、中央志向のキャリアイメージに大きな影響を与… https://t.co/5jTaolywYi
    2017.01.15
  • @miyamototo SWPが山形ビエンナーレ2016で発表した「砂の女」をイメージしたコレクション。オンラインショップに登場。庄内砂丘で採集されたパターンが服になり、東京を闊歩する。 https://t.co/T5NKFf6YEv
    2017.01.13

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano