• 福興会議トップ
  • 福興会議とは

ピックアップ

福興会議は、宮城県石巻市や福島県南相馬市のみなさんの、地域づくり活動や教育活動をお手伝いをしながら、地元・山形市で「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」学生スタッフとしてアーティストの現地制作をサポートしています。

カテゴリー

Book

福興会議

News

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊 2015-2016)

3月11日に、1年間の活動をふりかえる。

本日、東日本大震災の発生から5年目を迎えました。福興会議・宮本研究室では現在、宮城県石巻牡鹿半島蛤浜でギャラリー「鹿画廊」の開廊と、震災後のものづくりを紹介するフリーペーパー『ISHINOmaking』の配布を、地元の方 […] >> STORY

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)  石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に […] >> STORY

Workshop

12/13 ふくしましま「DIY KIT PROGRAM」

報告:半澤青空(福興会議4期生/テキスタイルコース2年) 今年のふくしましまは、夏に開催されたFOR座RESTでも行ったDIYキットで家具作りと、手づくりパンNOUKAさんを講師にりんごジャムづくりをしました。 そして今 […] >> STORY

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で「鹿画廊」はじめます。

石巻市牡鹿半島の古民家カフェ「はまぐり堂」のショップ「高見」内に、東北芸術工科大学の学生・卒業生のクラフトを扱う期間限定のギャラリーをオープンさせます。また現在、震災後に石巻で生まれたモノづくりの場・人・コミュニティーを […] >> STORY

Events

8/22未来の祀り ヘビワヘビワ奉納

報告:目黒有貴子(グラフィックデザイン学科4年/福興会議2期生) 前回の山形公演から引き続き、川村亘平斎さんのサポート役として臨んだ今回の福島公演。外での演目は天候との戦いでもありましたが、市街地はずれの信夫山から吹く、 […] >> STORY

トップへ

過去の記事へ >

福興会議

  • @miyamototo 拡張を止めない巨人、三瀬夏之介さんのディティール。梱包前の作品群を拝見。ユートピアともディストピアともつかない、現代絵画における三瀬版図の全容は、山形ビエンナーレ(9/3〜)で三瀬さんの会場になる「洗心庵」で読み解いてください。 https://t.co/aKzAMMsgx3
    2016.08.27
  • @miyamototo 山形ビエンナーレをつくっていく100の風景を、志鎌康平さんの写真と綴っているWEB連載「みちのおく百景」更新。第38景は荒井さんの後輩→ https://t.co/H291omyYzp 「スーパーカーと自転車」 #山形ビエンナーレ https://t.co/70LNgATJlV
    2016.08.26
  • @miyamototo へびたいじのれんしゅう #山形ビエンナーレ https://t.co/t5JOFh5jJO
    2016.08.26
  • @miyamototo 服づくりの現場を支える老若男女8名に、ご自身が工程に携わったspoken words projectの服を着てもらってポートレートを撮影。いい時間でした。山形ビエンナーレ2016でコレクションとともに展示します。#山形ビエンナーレ https://t.co/buubk7h7Vc
    2016.08.25
  • @miyamototo spoken words projectのコレクション「砂の女」にご協力をいただいている世界的ニットメーカー佐藤繊維(寒河江市)と米富繊維(中山町)で終日取材。#山形ビエンナーレ https://t.co/3YjURGk3Wy
    2016.08.25

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano