• 福興会議トップ
  • 福興会議とは

ピックアップ

福興会議は、宮城県石巻市や福島県南相馬市のみなさんの、地域づくり活動や教育活動をお手伝いをしながら、地元・山形市で「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」学生スタッフとしてアーティストの現地制作をサポートしています。

カテゴリー

Book

福興会議

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で、2年目の「鹿画廊」開催。

2012年より被災した浜の再生事業をお手伝いしている牡鹿半島蛤浜。古民家カフェ「はまぐり堂」にある 六畳ほどの明るいひと隅に、 今年も期間限定の「鹿画廊」をひらきます。 東北芸術工科大学に縁ある若手作家たちが、牡鹿半島の […] >> STORY

News

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊 2015-2016)

3月11日に、1年間の活動をふりかえる。

本日、東日本大震災の発生から5年目を迎えました。福興会議・宮本研究室では現在、宮城県石巻牡鹿半島蛤浜でギャラリー「鹿画廊」の開廊と、震災後のものづくりを紹介するフリーペーパー『ISHINOmaking』の配布を、地元の方 […] >> STORY

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)  石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に […] >> STORY

トップへ

過去の記事へ >

福興会議

  • @miyamototo 桐生有鄰館から徒歩30秒の路地奥でリノベーション中の棲家。入口は登って、中では掘り下げてと、高床式の縄文式住居みたいですねと、設計の井上貴詞さんと笑ってます。着々と。 https://t.co/bh6rFnkvmn
    2018.06.24
  • @miyamototo 桐生。 ユイコは思春期に突入。大人の世界は堂々めぐりでも、子どもらは待ってくれない。 https://t.co/698HjAeqIq
    2018.06.24
  • @miyamototo 続き)アーティストは旅人だから特定の地域にとどまらない。その方がいい。だからデザイナーや編集者が、地方でもちゃんと仕事ができて、活躍できる街にしていくことが重要って話をします。ちなみに震災前ですが「会津・漆の芸術祭」立ち上げのポス… https://t.co/ZcdlmRCqaU
    2018.06.23
  • @miyamototo 続き)グラフィックとウェブデザイン、建築設計、企画編集、什器制作、写真と映像、シェフ、地場産業とのつなぎ… そこを山形在住のメンバーだけでつくれているところが、山形ビエンナーレの強みであり、小さな地方都市でありながら、文化的な自立を可能にしているポイントだと思っています。
    2018.06.23
  • @miyamototo 福島県会津市からお招きいただきまして、7/13(金)に山形ビエンナーレの実践についてお話しします。テーマは、アートについてではなくて、芸術祭をつくるデザインのマネジメントについて→ 特別講演会「街を変えるクリエイティブ・クラス~山… https://t.co/Nm6b834RnA
    2018.06.23

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano