• 福興会議トップ
  • 福興会議とは

ピックアップ

福興会議は、宮城県石巻市や福島県南相馬市のみなさんの、地域づくり活動や教育活動をお手伝いをしながら、地元・山形市で「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」学生スタッフとしてアーティストの現地制作をサポートしています。

カテゴリー

Book

福興会議

Events

牡鹿半島蛤浜はまぐり堂で、2年目の「鹿画廊」開催。

2012年より被災した浜の再生事業をお手伝いしている牡鹿半島蛤浜。古民家カフェ「はまぐり堂」にある 六畳ほどの明るいひと隅に、 今年も期間限定の「鹿画廊」をひらきます。 東北芸術工科大学に縁ある若手作家たちが、牡鹿半島の […] >> STORY

News

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊 2015-2016)

3月11日に、1年間の活動をふりかえる。

本日、東日本大震災の発生から5年目を迎えました。福興会議・宮本研究室では現在、宮城県石巻牡鹿半島蛤浜でギャラリー「鹿画廊」の開廊と、震災後のものづくりを紹介するフリーペーパー『ISHINOmaking』の配布を、地元の方 […] >> STORY

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)  石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に […] >> STORY

トップへ

過去の記事へ >

福興会議

  • @miyamototo 僕の仕事がひと段落するのを待ってか、娘ふたりが順番にインフルに。中学校の司書教諭をしている妻と交代でこまめに帰宅し、様子を見る日々が続く。横文字稼業だろうが、いきものとしては雛に餌を運ぶ親鳥とかわらない。いきものとして全力で愛しい。 https://t.co/lmEbyMK352
    2018.02.23
  • @miyamototo 2年前のインタビューですが。ここに出てくる「山」の本棚、好評につき「山形ビエンナーレ2018」のお土産物として、文庫サイズ版の商品化をTIMBER COURTと進めています。|本のある生活/山形ビエンナーレ宮本武典さん→… https://t.co/lpIjn9lk1P
    2018.02.22
  • @miyamototo 続き)「山形ビエンナーレ2018」(9/1〜24)は、月曜祝日が2回あるので、3連休が2回。合計4回の週末に緩急つけたイベントプログラムを実施していきます。コンパクトでDIY、そしてフェスで働く人のワークシフトも表現する、地方芸術… https://t.co/CQj9LjPjr3
    2018.02.22
  • @miyamototo 続き)週末開催にした理由は2つ。まずは来場者数が平日と週末で10倍の開きがあること。週末に集中した方が運営コスパがよい。そして、ずっと会場を開けてるとスタッフが休めない=祭を楽しめない(笑)。僕も毎回この芸術祭で7キロちかく体重が… https://t.co/tHev98WBV8
    2018.02.22
  • @miyamototo あまり伝わってないと思うので、強調しておきたいのが、今回の「山形ビエンナーレ2018」は、会期は1ヶ月弱だけど【金・土・日・祝日】開催だってこと。平日は(金曜以外)閉めます。実は前回もそうしたかったんだけど、うまく調整できなかった… https://t.co/YM3CTbr59m
    2018.02.22

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano