• 福興会議トップ
  • 福興会議とは

ピックアップ

福興会議は、宮城県石巻市や福島県南相馬市のみなさんの、地域づくり活動や教育活動をお手伝いをしながら、地元・山形市で「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」学生スタッフとしてアーティストの現地制作をサポートしています。

カテゴリー

Book

福興会議

News

『ありふれたくじら』是恒さくら(鹿画廊 2015-2016)

3月11日に、1年間の活動をふりかえる。

本日、東日本大震災の発生から5年目を迎えました。福興会議・宮本研究室では現在、宮城県石巻牡鹿半島蛤浜でギャラリー「鹿画廊」の開廊と、震災後のものづくりを紹介するフリーペーパー『ISHINOmaking』の配布を、地元の方 […] >> STORY

News

フリーペーパー「ISHINOmaking」を製作しました。

 報告:梅原もも子 (福興会議2期生/洋画コース4年生)  石巻を初めて訪れたのは大学に入学したばかりの1年生の時、復興支援ボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動がきっかけでした。2012年からボランティア活動に […] >> STORY

Workshop

12/13 ふくしましま「DIY KIT PROGRAM」

報告:半澤青空(福興会議4期生/テキスタイルコース2年) 今年のふくしましまは、夏に開催されたFOR座RESTでも行ったDIYキットで家具作りと、手づくりパンNOUKAさんを講師にりんごジャムづくりをしました。 そして今 […] >> STORY

トップへ

過去の記事へ >

福興会議

  • @miyamototo ブルーノ・ピーフルさんの陶の蜘蛛。これ実は、お尻から糸を出す「糸入れ」の機能があるんですが、窯での焼成に失敗(ヒビ・釉薬片の付着がある)して、工房の壁に永らく掛けてあったもの。他にもたくさんあるこれ系の眷属(ブルーノさんは「友」と… https://t.co/lXIKhBAFid
    2016.12.01
  • @miyamototo 「山形ビエンナーレ2016」が閉幕して2ヶ月ですが、今月末までに(次回の2018年を見越した)次年度の予算計画をまとめなければならず、各所へのオファーをはじめています。もう少しゆっくりやりたいけど、悠長に構えていたら蒔いた種なんて… https://t.co/BeUp8aXQzQ
    2016.12.01
  • @miyamototo 次女の熱が6日間も下がらなくて(わりと元気ではあるんですが)、中学校勤務の妻と時間帯をやりくりして、なるだけそばにいる。こういうとき、頼れる実家がちかくにある方は羨ましいなぁと思う。陽だまりのコタツで風邪っぴきの子供と過ごすような… https://t.co/NgC5sSdLRe
    2016.12.01
  • @miyamototo 「家族」という最小単位を深く掘って「共同体の夢」にもう一度コンタクトする生き直しを、みんながはじめたのだと信じたい。僕の仕事も(山形ビエンナーレも)ますますマイルドヤンキー的になっていきそうです。そういう選択をして、結果を見えやすくしたい。あれも・これもでは停滞するだけなので。
    2016.11.29
  • @miyamototo イギリスのEU離脱も、トランプの保護主義も、歪んだ原理主義も「家族・同胞のため」が根本にあり。共同体の夢か、家族の幸せかの2択の結果、家族の愛に回帰する人の宿業について、クリストファー・ノーランの「インターステラー」は上手く描いていた。愛は凡庸で限界、しかしその可能性は無限。
    2016.11.29

[お問い合わせ]

東北芸術工科大学 宮本武典研究室

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

3-4-5 Kami-Sakurada Yamagata

990-9530 Japan

Miyamoto lab.,Tohoku University of Art & Design

miyamoto@aga.tuad.ac.jp

© Miyamoto Lab. All Rights Reserved

DESIGN:Takuya Hirano